ホーム マイアカウント お問い合わせ

楽天ペイ
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 44歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

ル・クロ・デ・フォリー マドモワゼル・ソヴァージュ2017年 750ML

2,401円(税178円)

定価 2,800円(税207円)
販売価格 2,401円(税178円)
在庫数 在庫 0 本 品切れ中
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


ル・クロ・デ・フォリー
マドモワゼル・ソヴァージュ2017年

大好きなル・クロ・デ・フォリー
元々はフランソワ・サン・ロから始まり
認める造り手
まだまだ粗削りだが・・・的な存在だったのが
今ではもう大好き
もしかするとフランソワ・サン・ロと同じくらい好きな造り手の一人ですね
しかも良心的な価格がなんともうれしいワインです。

今回ル・クロ・デ・フォリーの新着ワインは一つだけ!
でも
グロローの赤です!
ル・クロ・デ・フォリーのグロローといえば大人気のあのワイン
ブイヤヴァン!思い出す方も多いのではと思いますが
ふんわりほかほかな果実味で
でもミネラル感あり気持ちの良い抜け感
でもちゃんと滋味深い旨味はあるワインで
大好きですし大人気なワインですが
そんなル・クロ・デ・フォリーからの新しいワイン
しかもグロロー!となれば大注目です。
まず価格
2400円程度とナチュラルワインとしてはかなりお買い求めやすい価格帯のワインですね
そして
なんか
名前はマドモワゼル・ソヴァージュと
エチケットもなんか品あり
今までの葡萄ぎゅ~っと潰すようなどこか何か訴えかけるようなエチケットや
ミシュトみたいな根っこ君のもの
フォリールージュはなんだか自転車に乗る感じで
個性的だったのが今回はちょっといい感じに・・・
それもそのはず
今回はロミュの奥様スタファニーがつけたようです。
ちなみにソヴァージュはロミュの苗字とのこと
ソヴァージュというと野性的な印象ありますが
そのへんもかけているようですね

そしてワインのほうですが
やっぱりル・クロ・デ・フォリーのグロローはいいですね
ブイヤヴァンよりも落ち着き完成度もあるワインで
ほのかに立ち上がるまず野性味
これが綺麗なグロローらしい果実といいバランスで上がってくる
ホワ~ッとワイルドでエレガント
樹脂タンク熟成ということでグロローのピュアな果実味で勝負するワイン
若々しさもあり薄旨系の感じもある
薄めでもワイルドなベリー系がクリアーに伝わるワイン
まだ2017年ものでリリースしてすぐの段階ですので
奥にまだ隠れる部分ありますね
やや閉じた感じもありますがこのへん数か月でどんどん良くなっていくと思われます。
まず素性の良さ
果実味のピュアさなどル・クロ・デ・フォリーらしく
グロローの赤系のフレッシュな表現ながら少しダークさもありその奥に紅茶系のニュアンスなど
もう少し落ち着き成長すると出てくると思われます。

この価格です!バンバン飲んでいただきたいそんなグロローです!


以下ボヤウ・ルージュ2016年ご紹介文
ル・クロ・デ・フォリー
ボヤウ・ルージュ2016年です!!!

再入荷です!
いや〜このワインまさか再入荷するとは思っておりませんでした。
厳密に言うと再入荷したワインもあるかと思いますが
再入荷のものと
二番通り酒店様で温めていたものなどもですね
でもこのロゼは
ちょっと在庫リストみてびっくり・・・残り僅かでしたが
たまに在庫リスト見るとビックリワインがあったりします。
それを見つけて一人でPCの前で興奮していたりして・・・
ル・クロ・デ・フォリーのロゼは最近抜群なんですね
他のワインも初めて飲んだ時の
こもった感じでも何か凄いパワーは秘めていながら
でもまだ・・・まだ一皮むけする
そう思っていたワインが
なんかあっという間に進化しちゃったような感じあり
2016年のワインなどはどれも素晴らしいものですね
今回そんなル・クロ・デ・フォリー
再入荷です!!!

瓶詰めのタイミングが以前と違うものもあるかと思いますが
再入荷ワイン

●フォリー・ルージュ2016年
自転車のっているおっさんのエチケット
カベルネフランの赤ですが
ボヤウ・ルージュとは違い
粘土質石灰土壌から来るミネラル感透明感素朴感
そこにカベルネフランのなんとも言えない味わい
大好きなワインですね
実は何度も少しずつ再入荷しては完売を繰り返しているワイン
今回また入荷です!

●ミシュト2014年
こちらもカベルネフランの赤ですが
2014年ル・クロ・デ・フォリーの記念すべき初ビンテージのワイン
まだ少し粗削りというか初めてのリリースのワインですので
そんな2014年を数年経過後に二番通り酒店様で引っ張ってきたワイン
このワインも何度も当店入荷しておりますが
早めに完売してしまうワイン
揮発酸もけっこうありながらも透明感とやや危うい中に
滋味深さとかなんか癖になってしまうワイン
しかもこのワインの価格が良心的です。
さらに年数経て良くなっているのではと思います。

●ボヤウ・ルージュ2016年
2016年のボヤウ・ルージュは飲んでいなかったのですが
今回再入荷に伴い飲みました。
やはりリリースから少々経過すると素晴らしくいいです
何がってやはり焦点の合い方
2016年だとするとまだまだそんなに経過していないように思えますが
やはり違うと思います。
2016年のル・クロ・デ・フォリーどれもいいのですが
このボヤウ・ルージュ
カベルネフランでもフォリールージュなどよりもワイルドさとはカベルネフランの
果実味の充実感とかそっちがより出てきますが
赤紫少々ダークさも入り濃度も中程度
細かなオリもあり
香り一嗅ぎで
来た来た〜!と唸る
若々しさもありフレッシュな青み
この青みがなんとも心地よい大人の苦味というかほろ苦さが
心地よい
ネガティヴにとらえがちが青みですが全然そんなことは無く
もちろん中身スカスカで青みだけではなんじゃろな〜となると思いますが
味わいドライでもトロリとするような感覚でコク深さ
厚み感じ重心低め
じんわりとダークで長めの余韻がずっと続き旨味がじんわりと広がっていく
ミネラル感透明感あるカベルネフランも大好きですが
この少し悪そうなちょい悪ワイルドなカベルネフラン芯があって
いいんです。
2016年の初リリースからはどのくらいたったか
一年以上かなその間にまとまり余計な部分が収まることで
よりストレートにこのワインの良さが伝わります。

最後に
●グラップ・アン・フォリー2015年ロゼです。
リストに見つけたときは
ドキッとしてもう早く頼まなきゃとか興奮とかなんとかで
二番通り酒店様は新着ワインリリースでも
たぶん全部を販売せずに
人気ワインなんかは割り当てである程度出して
その後ワインによっては小出しにしたり
あとは熟成を見ながら出したりそのへんあるようですね
だからたまに在庫リストいただくと
予想していなかったワインが載っていたりと驚きがあることあります。
今回は完全にこのワイン!グラップ・アン・フォリー2015年ロゼです。
確かリリースした時は
二番通り酒店様の奥様が大プッシュのロゼということで
そしていただいて飲んだら
こんな旨いロゼ!と思ったワイン
たくさんのお客様とこのワインの美味しさを共有することでき
嬉しい気持ちになったそんな想いであるワインだけに
数年経過してどう成長しているのか
楽しみでした。
やっぱりバッチリと成長しております!!!
こんなに大人になっちゃって〜と
親戚のおじちゃんの気分ですが
まだまだホワホワ〜っと柔らかくかわいらしいロゼで
柔らかい甘みやチャーミングさそして揮発酸にオレンジ系メロンなんかも
あったりその将来楽しみなロゼでしたが
あっという間に大人になって
色調が商品画像のほうにグラスに入った画像二枚ありますが
先のものがリリースしたてのころの画像
少しモヤがかっているようなそんな感じですが
二枚目は今回
透き通るようなクリアーさありつつも少し暗さというか
橙系でも美しい大人っぽいロゼ色へと進んでおります。
香りチェリーブランデーのような黒糖も少々でたり
澄んだ表現の中に焦点定まり
リリース直後のような変化の激しい感じではなく
落ち着くところに落ち着いた
そしてこんなに大人っぽくなるかねと思うほど
エキス感も柔らかいものやや残糖感じるものから
スカッとして微妙な表情の変化はありつつも品が出てきて
ドライでもエキスの凝縮感も感じる
ちょっとタイトな場面でもいける風格出てきたそんな感じのロゼと成長しております。

たぶん最後の最後最後の2015年グラップ・アン・フォリー2015年ロゼです!!!



以下前回販売時ご紹介文

二番通り酒店様よりご紹介のル・クロ・デ・フォリーですが
今個人的に大注目している造り手です。
フランソワ・サン・ロの陽気な親友とのことで
2011年よりワイン造りとまだまだ歴史も浅く
フランソワ・サン・ロの陰に隠れているそのくらいの印象だったのが
2014年のワインとかですが・・・

それが2015年そして2016年と
この進化のスピード止まりません!
前回のグラップ・アン・フォリー2015年ロゼ
飲みましたか!?!?
とろけるような果実感に繊細でいて集中力あり深みあるロゼワインに
もうビックリでした。
2015年ということでたまたまうまくいった!?
いやいやこの2016年飲んで
確信です
確実に腕を上げているそう、一年一年着実に
ナチュラルワインとしての集中力増して表現にも
中心の部分へと近づきつつありながら透明感ある魅力や
素朴でも自然の荒々しさ生命力あるワインへと繋がってきていると思います。

今回飲んだのは
フォリー・ルージュ2016年
カベルネフランの赤ですが
以前お取扱いのボヤウ・ルージュこちらもカベルネフランですが
ボヤウ・ルージュのほうは
粘土質土壌のカベルネフランに対して
こちらフォリー・ルージュのカベルネフランは
粘土質石灰土壌となります。
石灰質となることでよりミネラル感が出やすいと思います。
またマセラシオン期間を短くすることでより軽やかな仕上がりにするワインとなります。
今回このフォリー・ルージュ2016年飲みましたが
その葡萄の個性土壌の個性をうまくワインへと繋げ同じカベルネフランでも
違った表情を持つワインとしております。
赤色のクリアーな色調
かなり透け感もあり
まず感じるのはミネラル感の多さというかよりクリアーな仕上がりになっているからこそ
ミネラル感が浮き上がるそんな印象
硬質感ありカリッカリドライそしてカベルネフランらしいスパイシーさと青み
この青みは普通マイナスにとらえがちですが
これが気品すら感じるものでその後バラ系の表現と繋がるんですね
ドライな甘みも磨きこまれたもので素晴らしいのです。
クリアーな液体その中にある素朴な旨味
野趣感もル・クロ・デ・フォリーらしく存在するので
軽いだけじゃない要素が綺麗にちりばめられている
体に染みわたり透き通るような
そして浄化し抜けていくような感覚のあるワイン!
なんだか最近のル・クロ・デ・フォリーは凄いんです。

ぜひ試していただきたいワインです!

もう一つご紹介のワインは
ボヤウ・ルージュ2016年
今回飲んでいないのですが
もともとはこのボヤウ・ルージュはル・クロ・デ・フォリーの中心的な存在のワイン
この葡萄を握りつぶしているかのようなエチケットに
なんか心魅かれて
飲んでまた抜けられなくなるような感覚
2014年などはカベルネフランの野生が引きだされパッションあふれるワインで
なんだこれ!みたいな
でもまだその当時は
フランソワ・サン・ロのようなある種突き抜けた感までいっていなくて
でもその後2015年そして今回2016年と
より鮮明に目指すべき方向が見えてきてそれに着実に近づき
表現するワインになっていると感じる昨今のワイン
このボヤウ・ルージュ2016年
フォリー・ルージュよりもより葡萄の真の部分
野性味引出奥深い味わいあるワインとなっているのではと思います。

ぜひ感じていただきたいワインです。

最後にですが
今までベテランのロミュそして若いスタンと二人三脚でワイン造り
進んできましたが
スタンは南仏へ畑を探しに2017年よりル・クロ・デ・フォリーを離れていったようです。
今後はロミュと奥様のステファニーとで進んでいくようです。
ですので
ロミュ&スタンで造る最後のビンテージがこの2016年となったようです。

以下インポーター様情報

Boyau Rouge 2016
ボヤウ・ルージュ

品種:カベルネ・フラン
砂地に石の混じった粘土質土壌。徐硬して3週間ほどマセラシオン。樽熟成。
グッと力強い凝縮感があり、飲むほどに味わい深いジューシーさと旨味のあるワインです。

Folie Rouge 2016
フォリー・ルージュ

品種:カベルネ・フラン
ボヤウ・ルージュとは区画違いの粘土質石灰土壌。樽熟成。マセラシオン期間はボヤウ・ルージュより少し短め。カベルネ・フランのイメージが変わるようなエレガンスさと艶やかさを持ったワイン。

ソーミュール地方でひしひしと芽吹き始めた、新たなナチュールの波

フランソワ・サン・ロの陽気な親友、畑仕事の経験豊富なロミュとまだ30歳前の若きスタンのコンビが2011年から始めたドメーヌ、ル・クロ・デ・フォリー。若き造り手が次から次へと現れるアンジュ地方からそれほど離れていないにもかかわらず、彼らがワイン造りをするソーミュールは、畑を買いたくてもなかなか見つからず、価格も高いので、新しいナチュールの造り手が増えないのが現状です。そんな中で必死に、そして楽しく、切磋琢磨しながらこの地域のナチュールを盛り上げるのが彼ら。フランソワを中心にして陽気で不思議なコミュニティができています。ロミュとスタンは、2011年に1haの畑を購入して、ル・クロ・デ・フォリーを始めました。2013年までは仲間内でワインを消費していましたが、2014年には初めて彼らのワインを販売。2015年には0.5haを増やし、2016年にはさらに1ha、現在トータルで2.5haを所有しています。ロミュはソーミュール地方周辺のドメーヌで20年以上畑仕事に携わってきた経験豊富な畑仕事のベテラン。周囲の若い仲間達からの熱い信頼を得ています。スタンはまだ若い青年でロミュに畑仕事を教わりながらワイン造りに情熱を燃やしていましたが、今年2017年から南仏に畑を探すため、ル・クロ・デ・フォリーを離れることになりました。コンビは解消されますが、ル・クロ・デ・フォリーの名前は残り、ロミュと奥さんのステファニーが継続していきます。フランスではまだまったく無名の彼らの造るワイン。2016年はロミュとスタンの二人が造る最後のミレジムですが、集大成にふさわしい素晴らしい出来栄えです。



以下2015年ご紹介文
ル・クロ・デ・フォリー
ボヤウ・ルージュ2015年です!!!

2014年に初めて販売を開始した
もう出来立てほやほやの新世代ヴァンナチュール!
ル・クロ・デ・フォリー
そんな販売開始から二年目の彼らのワイン
ロミュ&スタンのワイン
二作目から・・・素晴らしいことになっております。
2014年のボヤウ・ルージュ
まだまだ粗削りなところあると思っておりましたが
でも中に秘めたるピュアな果実味
無駄にてを加えない中に
ソーミュールのミネラル感が生きるワインで
今後期待できそうと思っていたら
良年2015年に素晴らしいワイン造り上げてしまったようです。

今回飲んだのは
二番通り酒店様でも一押しの
ロゼ!
カベルネフランのロゼであります。
名前は
グラップ・アン・フォリー2015年ロゼ
初めて挑戦したロゼとのことですが
な・ん・と
初めて!?!?!?
んでこれ?
とんでもない末恐ろしさ感じますが
早速抜栓してグラスに注ぐと
茶、オレンジ系明るさもあり綺麗な色合い
揮発酸が少々ありますがそれもちゃんとコントロールされている範囲で
栗も甘栗
とろけるように存在し
ベリーが顔を出しすんごくいい香りであり
香りに生命力感じます。
メロンもありスイカのような瑞々しいフレッシュなものが広がります。
味わいは
やんわり旨味ふっくら!
この時点でもう心とろけそうですが
めっちゃ旨いロゼ
なめらかな質感エキスの伸びの素晴らしいレベル
ほんのり危ういニュアンスあるのが
逆にうれしいほどにちゃんとバランスとれていて
熟練の造り手が醸したかのようです。
というかすでに
そんな微生物と遊んでいる?と思うほどそれだけ楽しいワインなんです!
飲んでいて楽しくワクワクするワイン
繊細な表現もあり細やかな表現もある
それでいて飽きさせない変化があり生き生きとしているロゼ
アルザスチックな表現も出ていて
かと思うと
ブランデーのような奥深さや大人っぽさも
なんなんだこのロゼワインは?と思う
嫁もこのロゼには驚いております。

初めてのロゼワイン挑戦ですでにこんな銘酒を造り上げる
ロミュ&スタンの
ル・クロ・デ・フォリー
今回その他のご紹介ですが
まずは
定番のボヤウ・ルージュ2015年
前回2014年は
なかなかにワイルドなワインで
カベルネフランの素の原始的な魅力を引きだしたかのような赤
噛みごたえあり
噛んでいるうちに旨味がにじみ出てくるそんな表現したくなるワイン
今回2015年さらにステップアップしたボヤウ・ルージュ
飲むほどに味わい深いカベルネフラン
今回はグロローも少々アクセントに使っているようで
そのへんもどう楽しくしているか気になるワインです。

次に
ボヤウ・ルージュ レジェー2015年
レジェーとは軽めという意味だそうで
ボヤウ・ルージュと同じカベルネフランですが
区画が違い
後味の軽快さありボヤウ・ルージュらしいバランスの良い旨味など
そのへんも楽しめる新しいキュヴェ!

そして
ブイヤヴァン2016年
こちらだけ2016年となりますが
さらにはこのワインだけ
エチケットの感じも
どんだけ陽気なの?といいたくなるような印象
フランソワ・サン・ロ譲りのグロローのがぶ飲み系ワイン!とのことで
でもそんな軽いだけのワインではなく
ピュアな果実味はもちろんのこと
安定感もあるようで数日かけて
伸びやかな味わい楽しめるとのことです。
今回のル・クロ・デ・フォリー
二番通り酒店様の新着ワインでも
特に大好評となっているようです。

どのワインも見逃せない素晴らしい仕上がりとのことで
ぜひよろしくお願いいたします。

以下インポーター様情報
Grappes en Folies 2015 [ NEW ]
グラップ・アン・フォリー
品種:カベルネ・フラン
カベルネ・フランで造られるロゼ。プレスディレクト。2015年初めて挑戦したロゼ。
美しいサーモンピンクの色調。フランス菓子のようなほわっと包み込む甘みとチャーミングかつエレガンスさ。

Boyau Rouge 2015 [ NEW ]
ボヤウ・ルージュ
品種:カベルネ・フラン
砂地に石の混じった粘土質土壌。徐硬して3週間ほどマセラシオン。樽熟成。
グッと力強い凝縮感があり、素晴らしくまとまりのあるカベルネと少しだけグロロー。飲むほどに味わい深いです。

Boyau Rouge Leger 2015 [ NEW ]
ボヤウ・ルージュ・レジェー
品種:カベルネ・フラン
ボヤウ・ルージュとは区画違い。粘土質石灰土壌。樽熟成。土壌の違いからくる後味の軽快な余韻でレジェー(軽め)タイプとしてリリー
スされました。バランスとまとまりが良さはそのままにボヤウルージュよりやや軽めの仕上がりです。

Bouillavin 2016 [ NEW ]
ブイヤヴァン
品種:グロロー
樹脂タンク熟成。ピュアな果実味に溢れ、どこまでも優しくチャーミングなグロロー。
ピュアなだけでない、奥に秘めたエレガンスで妖艶な余韻にしびれます。抜栓後も数日かけて伸びやかな味わいを楽しめます。

ソーミュール地方でひしひしと芽吹き始めた新たなナチュールの波
フランソワ・サン・ロの陽気な親友、畑仕事の経験豊富なロミュとまだ30歳前の若きスタンのコンビが2011年から始めたドメーヌ、ル・クロ・デ・フォリー。若き造
り手が次から次へと現れるアンジュ地方からそれほど離れていないにもかかわらず、彼らがワイン造りをするソーミュールは、畑を買いたくてもなかなか見つからず、
価格も高いので、新しいナチュールの造り手が増えないのが現状です。そんな中で必死に、そして楽しく、切磋琢磨しながらナチュールを造るのが彼ら。フランソワを
中心にして不思議で陽気なコミュニティができています。ロミュとスタンは、2011年に1haの畑を購入して、ル・クロ・デ・フォリーを始めました。2013年までは仲
間内でワインを消費していましたが、2014年には初めて彼らのワインを販売。2015年には0.5haを増やし、2016年にはさらに1ha、現在トータルで2.5haを所有して
います。ロミュはソーミュール地方周辺のドメーヌで20年以上畑仕事に携わってきた経験豊富な畑仕事のベテラン。周囲の若い仲間達からの熱い信頼を得ています。ス
タンはまだ若い青年でロミュに畑仕事を教わりながらワイン造りに情熱を燃やしていましたが、今年2017年から南仏に畑を探すため、ル・クロ・デ・フォリーを離れ
ることになりました。コンビは解消されますが、ル・クロ・デ・フォリーの名前は残り、ロミュと奥さんのステファニーが継続していきます。まだまったくフランスで
は無名の彼らの造るワイン。フランソワが素晴らしいと絶賛する理由が飲めば分かります!

以下2014年ご紹介文
ル・クロ・デ・フォリー
ボヤウ・ルージュ2014年です!!!

フランソワ・サン・ロ
新世代と思いきや
さらにそのフランソワ・サン・ロが一押しの若手生産者いるんですね
本当にまだまだ駆け出しとのことですが
粗削りながらそのナチュラル感骨太感今後期待できそう
正直エチケットみた時
スプラッター!な感じしましたが良く見ると
葡萄潰しているだけですね
なんか生きた感じ色彩感あり血のようで
早速抜栓しグラスに注ぐと意外に端正に綺麗な色
少しクスミありながらもナチュラルな雰囲気でております。
濃度も中程度
やや鉄分感じる様な土地のほうか葡萄のほうか
まろやか鉄!カベルネフランの茎感と樽感が合わさって個性あり面白い
ややワイルド野趣感ありでもそれがいい!
飲んでいくうちにどんどん馴染んでいくそして
より柔らかくなっていく今後注目していきたいですね

以下インポーター様情報
Boyau Rouge 2014 [ NEW ]
ボヤウ・ルージュ
品種:カベルネ・フラン、グロロー
フランソワ・サン・ロに一押しされたロワールの新しい作り手。ロムとスタンの二人で立ち上げたドメーヌ。
グッと力強い凝縮感があり、素晴らしくまとまりのあるカベルネ。まだまだ貧しい駆け出しの二人ですが応援してください!