ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 41歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

ボスカレッリ ロッソ・ディ・モンテプルチアーノ2014年 750ML

2,191円(税162円)

定価 2,700円(税200円)
販売価格 2,191円(税162円)
在庫数 9本
購入数
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


ボスカレッリ
ロッソ・ディ・モンテプルチアーノ2014年です。

定期的にお取扱いしているワインでは無いのですが
ラシーヌさんにあるなんというか
使いやすいワイン
飲食店様などでも受けの良いワイン
程よくコクのあるワイン
そんなイメージでお手頃価格
ここ大事ですが
そのへんのコストパフォーマンスあるワイン
それがこのボスカレッリであります。

実はトスカーナの素晴らしい評価のあるワインばかりなのですが
そのスタンダードキュヴェの一つ
ロッソ・ディ・モンテプルチアーノ2014年です。
まとまりの良さ
果実味の流麗で伸びのある旨味
程よいカッチリ感に品もある優等生なワインですね

ロット条件で少しだけお安い価格でご紹介です!

以下2013年ご紹介文
ボスカレッリ
ロッソ・ディ・モンテプルチアーノ2013年
入荷です!!!

注目のトスカーナとしてラシーヌさんよりお取扱いのワインですが
ここのワインは中身の充実した果実味
そしてカッチリとした程よい硬質感
上位にいくとさらに奥深さを増していくワインとなります。
今回スタンダードのロッソ・ディ・モンテプルチアーノ2013年です。


以下前回お取扱いの
トスカーナ ロッソ・デ・フェッラーリ2011年
テイスティングの様子であります。

デ・デ・デ・フェッラーリ!2011年
早速抜栓
昨年のようにコルクの固い印象はございません。
グラスに注ぐと
赤黒さしっかりでた濃度ある液体
香りは
ベリー系のまだまだ若さあふれるものでありますが
色気あるやはりボスカレッリらしい品あるもの
クリーミーでややバニラっぽいニュアンス綺麗に乗ってきます。
果実香は密度ありスミレの花の印象
まだ赤果実ではありますが完熟で力強さもあります。
味わいは
果実味豊富でジューシーで力いっぱい
2010年よりもさらに
引きしまった印象ありますが
明るく広がっていく高いトーンのあるワインとも違い
中域あたりで落ち着き伸びていく印象
このへんでも
仕上がりに品もあり
まとまりバランスも素晴らしいワインであります。
この価格でこの高級感あるワイン
やはりボスカレッリ!

でも2010年よりももう少し待っていただいたほうが
美味しさ出てくる印象
そうですね
適当なことも言えませんが
来年春ころそれ以降でさらに柔らかさも出てきて
よりボスカレッリの上品な美味しさ感じていただけるのではと
思います。
スタンダードキュヴェでも
この仕上がりさすがと言えるワインではと
思います。

ぜひ!!!!!

以下インポーター様情報
Poderi Boscarelli ポデーリ・ボスカレッリ
地域:Toscana
地区、村: チェルヴォニャーノ Cervognano
テロワール:
 ポデーリ・ボスカレッリは、チェルヴォニャーノCervognanoという、DOCG Vino Nobile di Montepulcianoの歴史的な地区にあり、モンテプルチアーノの南東斜面、標高300mあたりに位置します。ちょうど、ヴァルディキアーナValdichianaに向かう方角です。品質の高いワイン造りにとりわけ適したミクロクリマをもたらす、温かく乾燥した風の恩恵を受けています。沖積土に由来する土壌は、砂礫岩と砂に富んでいて、このような土壌は水はけがよく、ブドウに注目に値する気品を備えさせます。この土壌があったからこそ、デ・フェッラーリ家は、品質の追求にむけて真剣に献身しようと決心するまでに至ったのです。
 栽培に関する経験を的確につみ、ブドウ畑の管理になみなみならない注意を払った結果、80年代後半に始まった段階的な植え替えを経て、現在は1ヘクタールあたり平均6〜7,000本という植樹密度に到達しました。ブドウ樹1株あたりの収穫量は、ブドウの重さにして1.3kgです。
 ワイナリーが栽培品種の中ではサンジョヴェーゼが最も多く、80%を占めます。残りの20%は、マンモーロやカナイオーロ、コロリーノなどの様々な土着品種と、メルロ、カベルネ・ソーヴィニョン、シラーズなどのいくつかの国際品種です。
ワイン造り:
 1967年のこと、私たちは、えりすぐった2000本のVino Nobileからワイン造りをはじめました。
 今日のボスカレッリは、土着品種のブレンドである約5万本のVino Nobile di Montepulciano、サンジョヴェーゼとメルロからなる9000本のリゼルヴァ、そして最高のポジションにある3ヘクタールの畑から選別された、サンジョヴェーゼ100%の”Nocio dei Boscarelli” (年産6000本)をつくっています。毎年ではありませんが、サンジョヴェーゼ、カベルネ・ソーヴィニョン、メルロからなる2000本の ボスカレッリ・デイ・ボスカレッリがつくられることもあります。
 ワイナリー全体としては、ヴィーノ・ノービレと同じ品種を用いながら木樽での熟成を経ていない、ロッソ・ディ・モンテプルチアーノとI.G.T.ロッソ・デ・フェッラーリという2つの若いワインも合計3万本つくっています。
 ヴィーノ・ノービレの搾りかすを蒸留したグラッパ、エキストラヴァージン・オリーブオイル、ヴィンサントも、家庭用の規模で生産しています。
カンティーナ
 カンティーナはブドウ畑の中央にあります。古い牛舎の一部を修復してつくられました。今日でもなお、ワインづくりに関する新たな要望を受け入れられるように、継続的に改築と最新化が進められています。このカンティーナは地面と同じ高さにあって、ブドウ畑の中によくなじんでいます。
 カンティーナの中央には、収穫期間中、ブドウが到着したときのためのスペースを設けていて、小さな籠で収穫したのち、テーブルでの選果と除梗が行なわれます。
 醗酵は土着酵母によって始まり、もっぱら小さな木製のタンクで温度コントロールをしながら行なわれます。
ワイナリーの哲学
 1962年、熱心なワイン愛好家かつ土地鑑定家だったエジディオ・コッラーディEgidio Corradiによってポデーリ・ボスカレッリは誕生しました。エジディオの娘であるパオラ・コッラーディPaola Corradiと、その夫イッポリート・デ・フェッラーリIppolito De Ferrariによって、さらなる発展を遂げました。
私たちについて
 ルカLucaとニコロNicolò、エジディオ・コッラーディから数えて3つめの世代にあたるふたりは、初期の頃からの精神を受け継ぎ、日々、その身を捧げています。すでに祖父エジディオが愛してやまず、求め続けていた香りと味わいがすべてのボトルの中に閉じ込められているようなワイン造りに、情熱を持って取り組んでいます。


IGT Rosso de Ferrari ロッソ・デ・フェッラーリ
(サンジョヴェーゼ90%、カナイオーロ/メルロ計10%)



 サンジョヴェーゼの持つ、フレッシュかつ花のような香りを際立たせようとしたワイン。
 ブドウの房を傷つけないでカンティーナまで運び込むために、収穫は小さな箱をつかって手作業で行われます。除梗と軽い圧搾ののち、醗酵のためにステンレスタンクに移しかえられます。醗酵の間、ルモンタージュとピジャージュを行ないます。その後、セメントタンクで数ヶ月熟成されます。軽い濾過を施し、ボトリングをします。落ち着かせた、収穫から約1年後に販売されます。