ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 41歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

ドメーヌ・ジャック・マイエ オートルモン・ルージュ2012年 750ML

2,777円(税206円)

定価 3,240円(税240円)
販売価格 2,777円(税206円)
在庫数 在庫 0 本 品切れ中
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


ドメーヌ・ジャック・マイエ
オートルモン・ルージュ2012年です。

サヴォワ注目のワイン
サヴォワのワイン自体まだまだ日本で思えにかかれるものは少ないと
感じますが
現在ジュラワインは本当に日本でのお取扱い増えました。
各インポーター様次々にジュラのワイン引っ張ってくるので
販売するほうとしては追いつかないほどですが
数が増えれば増えるほどに
すべてが良いというわけにはいかないですよね
そのへんを見極めながらご紹介したいところですが

ジュラの次はサヴォワ注目になるのではと思います。
ジュラのワインは酸化熟成するワインなど品種も独特ですし
個性のあるワインそして地域的にもスイスに近いなど高地だったりと
エレガントなワインともなる要素も持ち合わせております
それゆえに日本の市場にも相性良いのではと
特にナチュール好きなかたにはドストライクとなるワイン多いですよね
でも価格が最近は高くなってきているとも感じます。

そして次に来るかものサヴォワですが
ここのワインは生産量ももともと少ないのではと思います。
こちらもスイス近くすごく寒いイメージありますし
レマン湖にいった時サヴォワ近くでワインも飲みましたが
特殊な瓶形のワインそしてクレピーとかいうやや微発泡のするような軽やかなワイン
飲んだ記憶ございます。
厳しい地形そして気候も冷涼となるようですので
品種もいわゆるメジャーな品種こういった品種は育てるのも大変なのかと
思います。定着しないのでしょうね
それゆえに
やはり土着品種がメインとなるサヴォワのワイン
あまりなじみのない品種が多くなりますそして個性的なワイン多いのではと思います。
数少ない中ですがこの地のワイン
飲んだ印象ではジュラのワインよりも出汁系エレガントで薄旨
素晴らしいナチュラル感あるワインですね
造り手も良いものとなれば格別であります。
ヴァンナチュール好きな方でしたら確実にはまる要素あるワインではと思います。

そんな中今回ご紹介のワインは
ドメーヌ・ジャック・マイエ
もともとは身体障害者の児童養育施設で働いていたようです。
その後ワインの試飲会で出会ったナチュラルワイン
今までのワインとまったく違ったものを感じ自身で造りたくなった
それからワイン造り始まったようで
もともとがワイン造りの家系でもないようですね
1989年に丘陵地を購入し創立
シュタイナーの本を読みながら独学でビオディナミ農法を勉強し2003年からビオディナミ栽培を開始とのこと
05年にエコセール認証取得
ワイン自体もその流れでワイン造り始まったように
まさにナチュラルな飲み口そして軽やかでも旨味がたっぷりのワインとなるようです。
ジャック・マイエ本人が

”私はブドウジュースのようなワインが好きだ”と語るようで

その言葉からも無駄に手を加えないサヴォワの土地を表現するワインとなっているようですね
楽しみです・・・

し・か・し!
もともとの生産量も少ないのでしょうが世界的にひっぱりだことのことで
数が無いです・・・
飲めません。
でも様子みてたぶん飲みます。
とりあえずはインポーター様からのご紹介だけで勘弁してください。

以下インポーター様情報
ドメーヌ・ジャック・マイエ
オートルモン・ルージュ2012年

葡萄品種 ガメイ・ピノノワール・モンドゥーズ 1/3ずつ
栽培 ビオディナミ 認証 エコセール
土壌 粘度石灰(モラッセ)

標高300m・南西向きの粘土石灰(モラッセ)土壌で健康に育った3
種のブドウから造られました。グラスファイバータンクで発酵・長期
熟成後、各キュヴェをアッサンブラージュしてバランスを整えます。
美しいガーネット色からカシスやバラが香り、黒こしょうや腐葉土の
ニュアンスも感じ、フレッシュでチェリーの酸味をスパイスに旨みと
複雑味が交錯するパワフルなナチュラルワインです。



私達が初めてジャック・マイエに 出会ったのは2013年2月。
ロワール、ソミュールで開催される自然派ワインの見本市「ディーヴ・ブテイユ」。

今でも忘れられないのは、その中で人だかりに取り巻かれるジャックのブースで
まだ瓶詰め前の状態の白を初めて口にしたときの衝撃。
その場にいた私達3人ともが顔を見合わせるほどのポテンシャル。
サヴォワのワインを探していた私達のハートのど真ん中に刺さりました。

これらの白ワインの分けていただける数が少ないとのことでしたが、
どうしても日本の皆様に紹介したい!
という強い思いを伝えまして、なんとか数ケースですが分けていただけました。

代々続くぶどう園に生まれ、というわけではなく
小さい頃からワイン屋を夢見たわけでもなく、
メラメラとしたビオワイン生産者のオーラがでているわけでもなく、
どちらかというと、気さくでよく笑う、いうなれば「気のええおっちゃん」。

「別にたくさん売って売りまくって、とかそんなんじゃなくてもええねん」というある意味
気風のいい彼の心意気が詰まったワインは、
やっぱり彼の思いのとおり、「ガツガツしてないワイン」。

彼の言葉を借りると「ジュースみたいなワイン」。

我々の頭の中では「いいワイン」=「ジュースみたい」では決してない。
これまでのイメージの逆説を飄々と語る意図は、
ぶどうジュースはぶどうの汁でしかなく、つまり果実味が大きく味わいの要素を占める、
口いっぱいにぶどうを感じることができてナンボ、ということ。
そこに私たちの大好きな「旨み」が加わり、心地よい余韻に包まれ、
フィネスを感じることができたとしたら・・・。

これからの季節にはちょうどいい、「旨みたっぷり系爽やか 白」を
強く、強くおすすめします。

凝縮感がありフルーティながらに山の中で造るサヴォワのワインらしい
綺麗な酸が残るのは、さすがジャックマイエと言えるでしょう。
あと2〜3年での引退を公言しており、後進に道を譲るそうなので、
彼が造るワインはそれ以降生産されません。。。
今飲んでも爽やかできれいな造りを感じていただけますが、
長熟にも耐えうるポテンシャルを備えていますので
ぜひコレクションの中に入れていただければと存じます。