ホーム マイアカウント お問い合わせ

楽天ペイ
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 43歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

ラルコ(ルーカ・フェドリーゴ) レチョート・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ2009年 500ML(甘口)

9,720円(税720円)

定価 11,340円(税840円)
販売価格 9,720円(税720円)
在庫数 在庫 0 本 品切れ中
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


ラルコ(ルーカ・フェドリーゴ)
レチョート・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ2009年
500MLです!

注目のヴェネトの造り手といえば
ラルコのルーカ・フェドリーゴであります。
常に定番となったロッソ・デル・ヴェロネーゼ
より深みを増したヴァルポリチェッラ
上質な時を楽しみたいときはパリオそしてルーベオがございます。
最上のそして幻にも近い
アマローネ
そして今回初めてのレチョート
2009年の良年ゆえに造られたのかそのへんは定かではありませんが
アマローネと同じ製法で甘口に仕上げられたワインということで
収穫した葡萄を陰干しし糖度が高くなったものから造られるワイン
辛口のアマローネに対して
甘口となるレチョート
アルコール度数12%以上や熟成2年以上などの規定をクリアーして
名乗ることできるようですが
辛口甘口の違いは自然なものなのか
大手などでは作為的に造り分けることもできそうですが
以前リリースとなったワインでも
ピエトルスというワイン2008年でしたが
アマローネになりえなかった理由として残糖がありすぎてアマローネの辛口の範疇に収まらなかった
ワインですね
これも最上の官能的な表現兼ね備えたワインでありました。

そして今回のレチョート・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ2009年
暑い年となった2009年
自ずと葡萄の熟しかたも厚く糖度が上がるわけですので
アマローネではなく初めからレチョートにする予定だったのか
ラルコの造る甘口ワイン試したく今回テイスティングとなりました。
この価格です。
そして貴重なワインさらにはアマローネと同じ仕込みで甘口となるレチョートゆえに
リリースはされたとしても飲みごろはまだまだまだまだ先にあると思いながらも
試してしまいました。

500MLの瓶で細めの瓶
紺碧のエチケット
経年とともに色褪せその分ワインは深みを増していくであろうレチョート
早速です。
抜栓しトロリと流れ落ちるその雫
まさにリキュール!
赤黒く
でも意外だったのが透け感があるのです
そしてテリがあり美しい液体
香り
当たり前のように焦がした雨細工やロースト香
杏、マンダリン、コーヒー、キャラメル、杉、ミンティなニュアンス
そして全体にほんのりかかるオリエンタルな雰囲気甘草などの漢方系はそれほど強くなくでも奥にはあり
オレンジピールにふかしイモ、蜜芋、安納芋!
とんでもなく複雑にでも濃密で上品に香る
香りだけでも
飽きることなく数日楽しめます。
味わい
リキュール様のエキスの濃度
でも全然早い段階の今でも
上品さは特筆すべきもの
妖艶とか官能的とかそれらを束ねて超越する世界感
甘みのレベルはかなりのもの
多量い含まれる要素素晴らしいレベルにあるもののそれを超えてくる単純な糖度の高さもあるかと
思います。
でもこの世界
甘、コク、なめらかにそして深い液体
しびれますね
体も心もとろけるワイン、飲み物
2009年でこの段階でこのバランスと余韻
極上のデザートウィ案
こんなに濃密でエキスたっぷりアルコールも14%もありながら
次々とどんな表現してくれるのかグラスを飲み干してしまうんですね

不思議

このワインが本領発揮するのは
あと何年後なのだろうか

楽しみであり必ずその時を待って
もう一度楽しんでみたいと思います。

葡萄品種コルディーナ55%ロンディネッラ35%モリナーラ10%