ホーム マイアカウント お問い合わせ

楽天ペイ
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 44歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

ティベリ イル・トリブラート フリッツァンテ2017年 750ML白・微発泡

2,685円(税199円)

定価 3,132円(税232円)
販売価格 2,685円(税199円)
在庫数 在庫 0 本 品切れ中
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


ティベリ
イル・トリブラート フリッツァンテ2017年 白・微発泡です!!!

相模屋本店様の
自然派ワイン
以前のイメージでは良心的な価格
ある程度飲みごろになったワインをリリースすることで
どのワインも安定感あるもの多い
などなどでしたが
少しずつお取扱いのワイン広がっていくと
実はどこかで
たまにはがっつり踏み込んだワインなんかもあると楽しみ〜という気持ち
ありましたが
それに見事に応えてくれるワインも
たっくさんある!ということに気が付き
これはなかなかに凄いワイン群なのではと気づき始めている今日この頃です。

ということで
お取扱い広がるごとに
楽しくなっていく感ある相模屋本店様のワイン
当店初めてのお取扱いの新しいワインです。

ティベリ!
本拠地は
ウンブリア州・・・・ウンブリア
当店のお取扱いではけっこう薄いところ・・・と思います。
でも相模屋本店様はイタリア全土をカバーするくらいの勢いなので
ウンブリアのワインもいくつもあるようですね
以前お取扱いのコッレカプレッタもウンブリアのワイン
今回ティベリ
実は今回なぜティベリお取扱いになったかというと
やはりお客様との出会いです。
福島は二本松で新しく飲食店様オープンされたかたおりまして
もともとはご夫婦ともに東京のほうでレストランで長く仕事されていたかたが
福島は二本松にて開業となったようで
東京にいたころから様々なワインショップ様などで少しずつ自然派ワインへ興味を持つようになり
その中で
出会ったワインがティベリのワインだったとのことで
その話聞いたときはティベリ私自身知りませんでしたが
これも何かの縁ということで
しかも探すとそのワイン
相模屋本店様のワイン!
ということで入荷となりました。

まずティベリですが
ウンブリア州都ペルージアより南西に 15 km 、
モンテペトロイオという人口 200 人程の小さな 農村にある農家ティベリとのことで
けっこう田舎?でしょうね
6代にわたり農業しているようですが
ワインのボトリングはなんと2013年が初ボトリングとのことでまだまだ浅いようです。
ただ葡萄栽培自体は60年よりそして協同組合へと売っていたようです。
家族用に醸造はしていたようですが
とにかく歴史と伝統そのままに
無農薬、無飼料農業
自然酵母での醗酵
ただ葡萄を醗酵させる、落ち着かせるそれだけのシンプル醸造
もちろん添加物は一切無し、亜硫酸無添加、ノンフィルター
とのこと
凄いですね

今回はまず二種類
白・微発泡ワインの
イル・トリブラート フリッツァンテ2017年!
トレッビアーノの白微発泡ですが
エチケットにはかわいらしいバッタちゃんが描かれたワイン
トレッビアーノの白微発泡
瓶内二次発酵のフリッツァンテ
まずこちら王冠ですが
王冠とると
中にプラスティックの中栓ありです。
グラスに注ぐと
うわおう!
オレンジ濃いめやや茶系も入り色調
シュワシュワな泡は一瞬でひいいていきます。
香り・・・・サイダー!
甘トロサイダー!
ネクター完熟感あります黄桃などもあり
グラス内に香気たまるとそのぶん熟な果実がぎっしりと詰まります。
ただ少し細身のグラスまた
飲み進めていくとそのへんの完熟感よりも爽快な果実へと進んでいきます。
味わいじゅわ〜っとドライ
香りはけっこう完熟感色もオレンジ系なので
これは味わいも・・・と思いきや
予想以上のさっぱり感!
でも旨味が細やかなジューシーでしっかりとあります。
飲んでいるうちになんかホワイトサワー的な感じもあり
じょじょに何杯も飲んでいると待ったり感も出てきて
でもシュワシュワ
べっ甲色なのにこの爽快感なんでしょうか
かといって酸化系な感じでもないし
これはこの梅雨時期から夏にかけて
最高のフリッツァンテ発見です!!!

次に
○イル・ビアンコ・ディ・チェーザレ グレケット2015年白

白・・・・ですが
グラスに注ぐと
イル・トリブラートよりも濃厚茶系オレンジ系です。
クリアーなのにダンディな深みあるオレンジ色
他のキュヴェみると白は基本マセラシオン施すワインが多いようですね
上位になるとよりマセラシオンの期間も長くなるということで
ティベリの中でも今のところトップキュヴェの白なのかなと思います。
それでこの色調です。
グレケットというとウンブリアやラツィオの地場品種の白葡萄
トップキュヴェらしく
150年以上使い古した木樽でマセラシオン
木樽醗酵、木樽熟成のワイン
正直先に飲んだ
イル・トリブラートのイメージで
マセラシオンでも親しみやすいワインなのかな〜なんて思っていたら
全然違う!
驚きのワインdす。
めっちゃ飴色茶系でもクリアー
醤油系、しょうがジンジャー香る
そしてごつごつ鉱物に
甘パインも少々加わりつつも非常にしたたかな強さを強靭なボディポテンシャルを予感させる
立ち姿です。
アルコール度数も14%と高めでアルコリックなところもまだまだありますが
骨太
果実味とかエキスの厚みとかじゃなく
かなり昇華した状態で美しいのだけど骨太感ある
醸しの苦味タンニンがしっかりとあり
2015年ですがまだまだ早いとも感じるワイン
甘み単なる甘みとかじゃなくジョージアワインのような紹興酒的なエキゾチックな表現
その中にあるワイルドな果実がある
入りはス~っとくるので飲みやすい・・・・・のかなと思わせといて
攻め攻めです。
少し寝かせてまた飲んでみたいポテンシャルの高さあるマセラシオンワインです!!!

以下インポーター様情報
Tiberi
ティ ベリ Umb ria Monte Petriol o , P erugi a
ウンブリアの州都ペルージアよ
り南西に 15 km 、モンテペトロイオという人口 200 人程の小さな 農村にある農家ティベリは、 150 年、 6 代に渡り 農
業を続けている 。しかし ワイン醸造 の歴史 は浅く 、 2013 年が初ボト リングである。 現在は 6 代目にあた るフ ェデリコがブドウ畑を管理。本格的にブド
ウ栽培を行い始めた 60 年前より、出来た果実はそのまま組合へ販売。自家消 費用のみをダミジャーナと小さな樽一つで醸造。 3.5ha ある畑には、
古い樹で 60 歳 のグ レケッ トが残って おり、ティベリ家が当初より行ってきた無 農 薬・無 飼料という 農業はこの家の歴史であり土地の歴史でも ある。
醸造は至っ てシンプル。それぞれのブドウは収穫時に混ぜられ 、自然酵母での発酵を行う。 ただブドウを発酵させ ・ 落ち着かせる。 そのシンプルすぎ
る工程を シンプ ルに行うだけのワイン は、ある意味と ても貴重で素晴らし い飲 み物、添加物は一切無し、亜硫酸無添加、ノンフィルター、現代のワイン技術・生産とはかけ
離れたワイン造りを行う貴 重な生産者である。