ホーム マイアカウント お問い合わせ

楽天ペイ
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 42歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

ラ・ビアンカーラ ロッソ・マシェリ2015年 750ML

2,500円(税185円)

定価 2,916円(税216円)
販売価格 2,500円(税185円)
在庫数 在庫 0 本 品切れ中
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


ラ・ビアンカーラ
ロッソ・マシェリ2015年です!!!

言わずと知れたイタリアはヴェネト、ガンベッラーラの造り手
この地で若い志高く持つ造り手へ先生として
ワイン造りを伝え
弟子ともいえる造り手がどんどん羽ばたいている
そんな存在でもあり
自身もヴィナイオッティマーナで感じた
あの知的なそしてスタイリッシュなオーラを持つアンジョリーノ・マウレさん
完全にワインと人物が合致するような感覚です。

そんなラ・ビアンカーラのワイン
どうしても白が注目となりますが
今回正直な気持ちですが
ロッソ・マシェリ2015年驚きました。
素晴らしいです。
今までもロッソ・マシェリを飲む機会はありましたが
メルローのわかりやすい果実味それが前に出ている
果実味もソフトでボリューム感も楽しめる赤
そんな感じに思っていたのかもしれません。
でもこのロッソ・マシェリ
葡萄品種は
メルローだけじゃないんですね
メルロー50%
タイロッソ40%
カベルネソーヴィニヨン10%
と実はメルローは半分なんです。
ただ早めに熟すというかワインに甘みやジューシーさなど
メルローが先に出やすいのではと
それが今まで飲むタイミングなどもあり
またこれが一番大きかったのか思い込みのようなものでしょうか
イメージでこんな感じのワインかなと・・・
今回2015年
なんというか引くところは引いてその分冷涼さやミネラル感そしてドライな黒さなども
今の時点で感じられるそれゆえのワインの要素の幅の広がり奥行も出てきた
隠れてきたものがより浮き彫りになったそんな印象です。
細やかなオリがあり赤紫よりも赤黒い感じ
でも濃厚さは無くシュールな紫
どこかもっとジャミーさもあったようなとこれも思い込み・・・
ドライなココア調の細やかなうまみ成分
それも重心低めで本格化して若干のピリリとしたガスあるようで
それと相反してじんわりと大人な果実味そしてコク
これはいくらでも飲みたくなる要素ありバランスあり
いい!
なんだロッソ・マシェリ2015年すごい美味しいんじゃないの!
いや今までも美味しいワインだったが
ちゃんと感じていなかったのか?
そんな気持ちする
でもこの段階でこの美味しさよりアンジョリーノ・マウレの表現に大人っぽさ
そして腕が上がったのか?と感じるほど
自身も

”価格に見合わないくらいの味”

と太鼓判
本当にそれがわかる素晴らしいワインです!



以下2014年ご紹介文
ラ・ビアンカーラ
ロッソ・マシェリ2014年です!!!

イタリアはヴェネト注目の生産者
すでに日本中で人気のワインとなっているかと思います。
2014年は酷い雹害の影響あったビアンカーラ
白はマシェリだけの生産となった2014年ですが
その分ミネラリィ軽やかな仕上がりでもある2014年

さて赤定番のロッソ・マシェリ2014年
ご紹介です。
ラ・ビアンカーラはどうしても白に注目行ってしまうところですが
以前飲んだソ・サンなど
メルローで造られる赤濃密でとろける様なそれでいて素朴な表現あるワイン
ロッソ・マシェリはより軽快さ親しみやすさもある赤となるかと思います。

メルロー50%、トカイ ロッソ40%、
カベルネ ソーヴィニョン10%で造られる赤
今回未テイスティングですが
以前のテイスティングの様子です。


赤もいい!
白で驚愕ブルブルでしたので
赤も驚きかと思いきや
意外にも
端正なワインでビックリ!

開けてすぐにこの整った美しさにほえ〜です。
ツルツルな質感のワイン
ほんのりガスが残る若々しさもあり
香りに甘〜い感じ
洗練されている感がありありです。

色は意外にも濃い目で濃厚です。
味わいも目の詰まったまろやかさがありますが
でもネットリした感じよりも
するっと入ってしまう感があります。
コクのある飲みごたえでもそのあとサラリと消えゆく
でもリヴザルト的なリキュール感もあり
品があります。

この辺の感性が受けているのかなと思います。

いいワインであります!

とご紹介しておりますが
けっこう前のビンテージのロッソ・マシェリ
07とか09のご紹介だったようです。
今回久しぶりにお取扱いで一番驚いたこと
・・・
・・・

それはかなりの年数進んだビンテージであっても価格がほとんど変わっていないことです。
物価の上昇は今の時代避けられない時代にも関わらず
7年とか経過してもたったの100円しか値上げになっていないというのは・・・驚きです!


以下インポーター様情報
ソアーヴェの隣のDOC地区である、ガンベッラーラで、アンジョリーノ・マウレが1989年より、7ヘクタールの畑とともに始めたワイナリー。年生産量は約4万本。畑の土壌は火山岩質
で、ミネラル分に富んでいる。斜面も日照条件のいい南東‐南西向き。畑では無施肥による有機農法を実践、ブドウの収量制限、すべてのワインを野生酵母で醗酵、瓶詰めまで二酸
化硫黄未添加、バリックから大樽への回帰など醸造理論に関しては、エドアルド・ヴァレンティーニ、ジャンフランコ・ソルデーラ、ヨスコ・グラヴナーらと考えを共する。