ホーム マイアカウント お問い合わせ

楽天ペイ
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 42歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

ジュリアン・ペイラス ロ・タラル2015年 750ML

2,829円(税210円)

定価 3,300円(税244円)
販売価格 2,829円(税210円)
在庫数 2本
購入数
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


ジュリアン・ペイラス
ロ・タラル2015年です!!!

ラングドックの若手生産者
今非常に勢いある造り手の一人ですね
なんででしょうか
若いその先の希望に満ち溢れた造り手のワイン
やっぱりエネルギッシュな表現に満ち溢れるワインとなるんですよね
その中で
どんな表現を引きだしてくるかですが
ジュリアン・ペイラスのワインは
どのキュヴェもメッセージ性の強いもので
白はエキスの深み柔らかくジューシーさもあり
ロゼだったらロゼのこの微妙なラインをどうですか?と訴えかけてくるような
力があります。
その奥にはジュリアン・ペイラスのワインらしいミネラル感が支える
骨太で勢い感じるワインですね

そんなジュリアン・ペイラスより
ロ・タラル2015年です!
ラングドックも2015年は良い年となったようですね
今回こちらテイスティングいたしましたが
今回二番通り酒店様の新着ワインの中でも
もっとも濃い色調
まったく透けない紫というか黒に近い液体
その濃密な液体からは
熱を帯びた果実が立ち上がります。
黒系果実はもちろんゴム系など押しの強さをもっております。
いざ味わいですが
この色、香りとなるとかなりのアタックありそうと思いきや
意外に
あたりが丸く柔らかい
ふっくらとして力強く旨味の濃さギョギョギョッとキマスネ
肉感ある果実味は噛みごたえありで
コク深くでも焦点はあっているようで
まとまりも良いです。
まだまだ飲みこんだあとに口中に残るタンニンあり
これからさらに本格化していくであろうワイン
ただリリースしたこの段階ではすでのバランスあり
調和もあるワイン
ジュリアン・ペイラスの渾身のキュヴェであり
樹齢40年〜75年という古樹から造られる赤の注目ワイン
そしてワインとして不安定さもなく
骨太で濃密な赤欲しいかたにはおすすめです。
現段階ではその厚みある果実味がマスキングしているのですが
今後果実味がほどよくほどけていく段階で
ジュリアン・ペイラスらしい魅力も出てくると思います。
濃密でも酸もしっかりとあるので飲めてします
ロ・タラルです!


以下インポーター様情報
Lo tarral 2015 [ NEW ]
ロ・タラル
品種:グルナッシュ10%、カリニャン45%、シラー45%
樹齢40〜75歳。収量15〜31hl/ha。3品種をビン詰前にアッサンブラージュ。
ロ・タラルは南仏の方言で北風の意味。凝縮感にあふれる力強いワイン。ジュリアン渾身のキュヴェです。


メキメキと酒質をあげるラングドック期待の造り手
真面目で誠実なジュリアン。その人柄で多くの生産者から愛されています。多くの先輩のアドバイスを受け、年々ワインの酒質を上げています。同じくラングドックの
造り手、ドメーヌ・フォンテディクトのベルナールを師匠とあおぎ、毎週末にお互いのカーヴを行き来して醸造・栽培について話し合っています。自然を愛し、自然な
ワイン造りにかける情熱は真っすぐ。畑仕事が大好きなジュリアンは、畑をパラディ(天国)とよび、そこで過ごす葡萄との時間を大切にしています。2007年が彼の
初ミレジム。完全無添加でワイン造りをしています。もちろんその難しさにも直面しつつ、それでも信念を貫きワイン造りに挑んでいます。ベルナールもその真っすぐ
な人柄に打たれ、葡萄造り、ワイン造りを教えているのだと思います。ナチュールなワイン造りではなかったジュリアンの父親も、今ではジュリアンの造るワインを誰
よりも応援する一人になりました。今年二人目の娘さんも産まれて、より家族の絆が深まりました。真剣なワインの話から子供の話に切り替わると笑ってしまうくらい
顔がゆるみまくる子煩悩なジュリアンです。ベルナールとの師弟の絆も厚く、着実に前進し続けています。

以下2015年ご紹介文
ジュリアン・ペイラス
グルマンディーズ2015年です!!!

二番通り酒店様より待望の新入荷!
前回当店初のお取扱いとなった北海道のインポーター兼酒屋さんの
二番通り酒店様

”無農薬、少量生産、手造り、酵母は使わず自然発酵、酸化防止剤は無添加、
もしくは極少量の造り手のワインを選んでいます。”

ということで
前回お取扱いのワインも
どれも主張があってしかもそのワインに込められた熱量の大きさ
そしてたんに行きすぎたワインではなく
ちゃんとした畑での細やかな日々の仕事があってこその仕上がりと感じるワイン
そんな気がいたします。
だからこそ前回ご紹介のワインも
かなりお客様からの反応もありそしてリピート注文も多かったのかなと
思います。

そんな生産者とその橋渡しとなる二番通り酒店様
今回到着のワインも梱包は厳重にバラで混載の箱にはワイン名が細かく書かれ
どれだけ大切に扱っているか今回も感じることできました。
そしてそのワインを
できるだけ良い状態でお届けする当店としても大事に扱っていきたいと思います。

ということで
こちらは
ジュリアン・ペイラス

前回初めてのお取引の際も入荷となった
ラングドックの完全無添加ワイン
ジュリアン・ペイラス
前回は
ラタナンデュ白とロゼ・ボエムで
どちらもエキスの軽快さピュアさありながらも
その一つ上を行く表現力その複雑性や面白さのあるワインで
ありましたが
今回は
二種入荷です。

レ・コパン・ダボール2015年白
そして
グルマンディーズ2015年赤
グルマンディーズ赤のほうはサンソー100%で造られる軽快な赤
がぶ飲みタイプの生き生きとした魅力ある赤とのことで
こちらは今回飲んでおりませんがたんなる軽いだけのワインで終わらないのが
ジュリアン・ペイラスかと思います。
その染み入る旨さや表情の変化なども楽しめるがぶ飲みワイン
こちらも飲んでみたいですね〜

ということで
今回テイスティングの
レ・コパン・ダボール2015年白
グルナッシュ・ブラン
ルーサンヌ
クレレットで造られる白
樹齢も比較的若めのものから40年までのもので
その分軽快でわかりやすいワインとのことですが
今回飲んでこれ確かに親しみやすく吸い込みいいワインですが
なんか癖になるワイン
液体はややオレンジ入る黄金色
かなりクリアーな色調で香りには季節的にもなんか金木犀を想うような花の香り
そしてクリーンでミネラル感があり
スキッとしたところすごく伝わります。
そして味わいも軽快な親しみやすいさあるのですが
あたりも柔らかくまろやかなエキス感でそのまま伸びてス〜ッと馴染む感じ
でも程よいエキスの旨味伴いながらずっと続く感じで
酸や味付きも程よいバランスがあります。
個性凄いとか苦味があったり負の部分がほとんどないのですが
単調かと言うとそうでもなく
気が付くと1本空いてしまうそんなワインであります。
価格も非常に良心的でこれは自然派のデイリーワインとしても申し分ない仕上がり!

以下インポーター様情報

●Les Copins D'Abord 2015 [ NEW ]
レ・コパン・ダボール
品種:グルナッシュ・ブラン、ルーサンヌ、クレレット
樹齢10〜40歳。20hl/ha。粘土質石灰土壌。Les Copins D'Abord「仲間が第一」の意味のように
気軽に仲間と楽しい時間を共有して欲しいという思いから作られたキュヴェ。軽快でぐびっと飲み進みます。

●Gourmandise 2015 [ NEW ]
グルマンディーズ
品種:サンソー
40歳のサンソーから造られる活き活きとしたガブ飲みタイプの赤ワイン。ステンレスタンクで熟成。
活き活きとして新鮮な味わいはナチュールならでは!かぶりつきたくなるワイン!


メキメキと酒質をあげるラングドック期待の若手
真面目で誠実なジュリアン。その人柄で多くの生産者から愛されています。多くの先輩のアドバイスを受け、年々ワインの酒質を上げています。同じくラングドックの
造り手、ドメーヌ・フォンテディクトのベルナールを師匠とあおぎ、毎週末にお互いのカーヴを行き来して醸造・栽培について話し合っています。自然を愛し、自然な
ワイン造りにかける情熱は真っすぐ。畑仕事が大好きなジュリアンは、畑をパラディ(天国)とよび、そこで過ごす葡萄との時間を大切にしています。2007年が彼の
初ミレジム。完全無添加でワイン造りをしています。もちろんその難しさにも直面しつつ、それでも信念を貫きワイン造りに挑んでいます。ベルナールもその真っすぐ
な人柄に打たれ、葡萄造り、ワイン造りを教えているのだと思います。ナチュールなワイン造りではなかったジュリアンの父親も、今ではジュリアンの造るワインを誰
よりも応援する一人になりました。今年二人目の娘さんも産まれて、より家族の絆が深まり、ベルナールとの師弟の絆も厚く、着実に前進し続けています。