ホーム マイアカウント お問い合わせ

楽天ペイ
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 42歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

ユドロ・バイエ ボンヌマール(グランクリュ)2015年 750ML

33,141円(税2,455円)

定価 38,664円(税2,864円)
販売価格 33,141円(税2,455円)
在庫数 在庫 0 本 品切れ中
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


ユドロ・バイエ
ボンヌマール(グランクリュ)2015年です!!!

さてさてユドロ・バイエの2015年です。
正直ちょっと悩んだりしましたね
リアルワインガイドでも
ビンテージの優劣はもうないとのことで
あるのは造り手人なんだと
この2015年
良年・・・また使ってしまった
乾燥した年だったからこそ
そのキャラクターの中で
どう仕上げたか本当に生産者しだいとなっているようです。

それでもどの生産者ももとにある果実の相対量というか
そういったものは大きなものとなっております。
大きなものに対して
ちゃんとバランスとるように酸やミネラルが存在しているか
ある程度、酸を残すにはやはり収穫のタイミングや
剪定などでもわざと成長を遅らせたり
細かな手法でバランスを取るこのへんに造り手の技量がかかってくるのかと
思いますが
やはり経験や歴史も関わってくるところなのかと思います。
ユドロ・バイエの場合
私のお付き合いしている年数の中だけにはなりますが
ある程度ビンテージの影響が出やすい造り手でもあると思います。
2009年なども今思えば
かなり果実味がしっかりとでた仕上がりのワインでしたし
日々目まぐるしく変わりゆく天候の中
そのへんをバランスとっていくのは並大抵のことではないと思います。
そんな中
造り上げたユドロ・バイエの2015年
正直濃いめですね
始めにテイスティングしたのが
ブルゴーニュ・ピノノワール2015年
その甘さ濃度にリリースしたてで
という理由だけでは説明できないジューシーなコクワイン
ユドロ・バイエのワインに求める魅力は
そこでは無いような気がしながらも
でもその後少しずつ飲み進め
色は例年よりも濃度あり
クリアーでも確実に熟したニュアンス
赤果実も濃い印象ローストや焦げ感も入り南国ゴム系も加わるところもある感じ
味わいも
甘〜い果実が安っぽくはなく官能的な甘さもありますが
ファーストアタックは強い印象味付きもしっかり
液体のまろやかさや丸みがあるので
まだいけますがはやり二杯目三杯目となると現状ではちょっと重い感じもあり
でも・・・でもです
これが開けたてから数日
もちろんどのワインだって開けてから少しずつ酸化して力も弱めとなっていきますので
その中でバランス良いところを探って飲むと
もともとある少し大きめの果実感がいい感じに力も抜けて
奥にマスキングされていたミネラル感も少々楽しめる。
早めに飲むとすればそんな感じでしょうか
熟成したからといって総酸量など増えるということはないと思いますが
前に出ている果実味がじょじょに落ち着いていくそのへんを期待して
ブルゴーニュ・ピノノワールですが
数年待ちたいですね
甘さやコク深さギンギンに楽しみたい方は今でもバッチリです。

次に
コトー・ブルギニヨン2015年
ブルゴーニュ・ピノノワール2015を飲んで
ピノ50%ガメイ50%のこのワインだったら
もう少し軽やかに楽しめるかと
そんな気持ちもありテイスティング
早速グラスに注ぐと・・・おおう!
こっちはもう少し透け感もあり期待できる!
軽やかな赤果実香がしめ
でもロースト香が少々
味わいも程よいコクがありなんとか少し軽やかなニュアンスもあり
2015年の甘さが加わり
これはちょうど良いかも
今飲んでもいけるし基本ユドロ・バイエの2015年は
果実の甘さ旨味の大きさなどはあるので
何も考えずに楽しくのめますね

そしてそして次ですが
結局上位ワインのリリースまで待ってしまい
でもその間に他の生産者の2015年など飲んでみると
とにかく白が素晴らしい!
赤は造り手によって少し過熟を感じるワインだったりバランス良い超絶凄いワインだったり
いろいろですが
白に関してはまず外れがない!
いい生産者のワインはさらに良い!
ということで
ユドロ・バイエも
ブルゴーニュ・ブラン2015年テイスティングさせていただきました。

早速グラスに注ぐと
おおう!
緑も入るレモンイエロー!
健全で溌剌としていて
やや重い印象受けた2015年において白は抜群にいいですね!
レモン、蜂蜜に清涼感もあり
明るく太陽も感じるクリーンさも
そして味わいも酸、キレがまず嬉しい
ミネラル感ももちろん顕在化していて
予想よりもドライで
でもエキスの厚みはネットリとしていながらちょうどよい厚みを持ちつつ
伸びる後味にほんのり苦味がまた締めとしてちょうど良い
だんだんと栗っぽいニュアンスも加わり
抜群のブルゴーニュ・ブランですね!
やはり2015年の白は
果実感も明るく快活そしてエキス感に酸がちゃんと主張してくるので
すごくいいです。

そして今回のテイスティング最後となりました。
シャンボールミュジニーV・V2015年です!!!
早速抜栓グラスに注ぐと・・・
やはり・・・濃い系ですね
嫁にもすかさず
それ濃いでしょう?
と言われあんまり濃い系好きじゃない嫁にはその外観だけで
ちょっと・・・みたいな感じ
でも飲んでみると
その享楽的な甘みそして丸さにあれっ?けっこう飲めるねなんて話に

赤紫の濃いめの色調
なめし革やプラム、スミレもなかなかに密度感あり表現される
ワインから発せられる熱がいつもより多めに感じるワイン
味わい
いつもよりもっとゆったりとそしておおらかに攻めてくる感覚ですが
果実味もやんわり濃い系でボリューム感あります。
リアルワインガイドにもあるように
確かに豊かすぎる果実なのかもしれません
ユドロ・バイエのワインと知らずに
シャンボールと知らずに
単に飲んだとすれば
そのジューシーな甘さやコク深いワインに
これで手ごろな価格だったら
使いやすいワインだけとか言いそうですが
このワインはユドロ・バイエのワインであり
シャンボールミュジニーのワインなんです。

やはりというか特に
ブルゴーニュのワインは
その造り手の名前があって
村の名前、畑の名前があって
そのある程度の想像、期待の中でそれを自然と求めている
そんなところあるのではと思います。

予想を裏切るワインや
驚かせてくれるワイン
それらを求めているわけでもないように思えます。

そういった意味では制約も多く
高いレベルのものを求められる造り手
本当に大変です。
でもそれがブルゴーニュなんです!ね
この地でワイン造りをする以上それだけの覚悟や仕事が求められるということで
しょうか
私には無理ですね

ただ全然あきらめているとかそういったワインでは無いんですね
それはナチュラルワインでもそうなように
常に良い状態で飲めるわけではなく
やはりその中でも良い状態へと待ち
それを楽しむ
無駄に手を加えていなければ結局は伝えたい表現へと進んでいくと
それに何年かかるかはわかりませんが
実際リアルワインガイドででているのも
2020年〜2040年
これだけの幅があるわけです。
2015年のユドロ・バイエ
いろんな見方ができるとも思います。
私の意見も極一部の意見であり
ややファットなワイン好きな方には最高のユドロ・バイエかもしれません。
ワインの熟成は未知数なところもありますので
2020年またその後
この前に出ている果実味が穏やかになるころ
もしかすると素晴らしい私好みのワインとなっているかもしれません。
そしてユドロ・バイエにしても
この2015年のワインの仕上がりが
また一つ経験となり
今後糧となっていくと思います。
それを応援していくのも大事な仕事と思う今日この頃
なんて偉そうなこと言っておりますが
今後にいろんな意味で期待ですね

そして
今回ご紹介の
レ・シャルムや
レ・クラ
この二種はある程度2015年のユドロ・バイエのキャラクターの
影響受ける中
銘酒らしい仕上がりとなっているようです。
改めてシャンボールの一級ものでこの価格は良心的です。
そしてボンヌマール
特にボンヌマールはこの2015年においても
畑の地形的なことが良い影響を与え
近くに水源があり高次元でのバランス保たれた銘酒として
仕上がったようです。

以上ユドロ・バイエ2015年
皆様方一人一人が感じていただき
何を想うか
大事にしていただきたいそんな気がいたします。


以下2014年ご紹介文
ユドロ・バイエ
ボンヌマール(グランクリュ)2014年です!!!

今思うと
このワインこの2014年
抜群であり大プッシュしたワインであると思います。
ユドロ・バイエのみならず
2014年はブルゴーニュ生産者が愛するビンテージであり
クラシックさもあり
過度な果実味は無いのでそのぶん様々な要素が浮き彫りになる
ただリリース直後は少し固めのワイン多かったせいもあり
わかってもらいづらかったそんなところもあるのではと
思います。

今から5年後とか
13、14、15あったとすると
迷わず14選んでしまうような気がいたします。
15に関しては
まだ未知数な部分もあり
本来の良さがマスキングされている部分あり
それがどう開いていくかそのへんが
鍵となっていきそうです。

特にユドロ・バイエの2014年
先のご紹介していた
ブルゴーニュ・ルージュ
コトー・ブルギニヨンなど
リリースした当時はやはり少し固めででも美しい果実味
少しシュールな印象もありましたが
その後このワイン少し寝かせていて飲んだら素晴らしく
探していた!というお客様にも出会い
やはりブルゴーニュらしい魅力を持つワインとして仕上がったと
改めて感じることとなりました。
そんなユドロ・バイエの2014年
注目の一級ワイン
レ・クラ2014年
そして
レ・シャルム2014年であります。
さらには
極少量ですが
ボンヌマール2014年

今回飲めておりませんが
必ずやユドロ・バイエの歴史の中でも上位に位置するビンテージであり
ワインであると想像します。
しっかりと待つことが成長させることが大切とはなりますが
シャンボールらしさそれをしっかりと具現化するワイン
楽しんでいただきたく思います。

以下2013年ご紹介文
ユドロ・バイエ
ボンヌマール(グランクリュ)2013年です!!!

2013年ブルゴーニュ
一般的な偉大なヴィンテージとはまた違って
長期熟成を期待できるワイン
しかもあからさまな豊満さや過熟の年でもないと思いますので
そのへんの判断が正直自分には難しかったと感じる2013年です。
でもリリースしてすぐの判断はいろいろと悩みましたが
2013年ものに関しては
途中から数か月、半年、一年と期間をおいてのテイスティングで
その素晴らしさがだんだんとわかってきたような気がいたします。

その中で特に素晴らしい評価となっている
ユドロ・バイエ2013年
昨年ブルゴーニュ・ルージュやブルゴーニュ・パストゥグランは販売して
ある程度早めにその良さ出てきたワインで評判も良かったのですが
上位ワインともなれば2013年は特別熟成が必要なワインのようです。

ということで先にご紹介のレ・シャルム、レ・クラをご紹介した際の
2013年に対する考えでしたが
2015年が今リリースされ
個人的には
2013年、2014年好きですね
2015年はあと2,3年してどう変化していくか
確認必要な気がいたしますが
現状ではやはりやや重ためなのでがっつりくる部分も多いですね
その点繊細な表現に満ちた13と14
13のほうはより陰のある印象もあり
そんなビンテージの中造り上げられた
グランクリュボンヌマールです!
ユドロ・バイエ2013年は厳しいビンテージの中
しっかりとらしさを出した仕上がりであり
上位キュヴェの一級ものでさえグランクリュ品質と言われたワインでありました。

ボンヌマールだけは少し寝かせて
といっても二年程度ですが
そして今回のご紹介となります。



以下2011年ご紹介文
ユドロ・バイエ
ボンヌマール(グランクリュ)2011年です!

限定ワインにつき御一人様1本限りとなります。

シャンボールの注目生産者
ユドロ・バイエです。
良年はもちろんのこと厳しいビンテージでもユドロ・バイエらしいワイン
生み出す生産者
シャンボールらしいミネラル感に上品な風合いある黒果実のベールがふんわりと加わる
ユドロ・バイエのワインは定評があります。
そして最近特に思うのが若干の値上げはあっても良心的な価格設定であります。
今回限定キュヴェのボンヌマールであっても
他の一流生産者のグランクリュともなれば3〜4万
最近手掛けることとなったフィリップ・パカレやフレデリック・コサールのボンヌマールは
さらに上を行くだけに
驚きの価格ですね

2011年ということである程度早めでも楽しめるビンテージではありましたが
グランクリュ・ボンヌマール
シャンボールのグランクリュにあったモレ・サン・ドニとの
境に位置するグランクリュ
ミュジニーを対極にあるワインとして話題になること多いだけに
シャンボールであってもかなりの逞しさも有するワイン
2011年ではありますがまだまだ先に飲みごろあるワインかと思います。

以下2011年レ・クラご紹介文
ユドロ・バイエ
シャンボールミュジニー1erCruレ・クラ2011年です。

シャンボールの美しいワイン
上位ワインともなれば絹のような質感ある液体生み出します。
そのユドロ・バイエでも
トップキュヴェの一つ
それが
このシャンボールの1級レ・クラであります。
一度このワイン飲んでしますと忘れることはできない
この風合い
キメの細かさ密度感あるしなやかな液体
グッととどまるグリップ感
上質感極まりない液体であり
上品な果実味がエレガントに長く長く持続するワインであります。
真ん中にはコアがしっかりとありユドロ・バイエを代表するワインの一つであります。

今回2013年5月入荷のものお披露目となりますが
ふと思うのが
こんなに安いのか!?であります。
昨今のブルゴーニュワインの価格上昇にどこか麻痺しているのか
それが当たり前と思っているからこそ
この良心的な価格に驚き改めて
ユドロ・バイエのワインの素晴らしさに気付くこととなります。

この一級レ・クラは
インポーター様情報で
レ・クラの所有者は5人で、ジョルジュ・ルーミエ、ジスリーヌ・バルトー、ユドロ・バイエ、ディジョン在住の地主グライヨ氏(ヴァンサン・ジャニアールにフェルマージュ。フレデリック・マニャンにはヴァンサン・ジャニアールが葡萄で販売)、イギリス人のティム・マーシャル(メオ・カミュゼのネゴシアン部門に葡萄を供給)です。
とのことでどれだけ貴重なワインか
そして良心的なワインかが理解できるかと思います。

ぜひユドロ・バイエの白眉ともいえるレ・クラ
お楽しみいただけますことよろしくお願いいたします。

1981年の創業以降ずっとネゴシアンへの販売がほとんどだったこのドメーヌが、本格的に自社ビン詰めを開始したのは1998年。フランス空軍のメカニックだったドミニク・ル・グエンが娘婿としてドメーヌに参画してからです。醸造学校を修了した後、義父ベルナール・ユドロからワイン造りの実際を徹底的に仕込まれながら毎年試行錯誤を繰り返し、2004年に完全に独り立ちしました。
 私たちは2001年ヴィンテージから彼と付き合っているのですが、彼は毎年、ヴィンテージの特徴の差を明らかに上回るペースでワインの品質を向上させてきました。義父の代から10年以上リュット・レゾネ栽培を実践し続けている実質ビオの古樹だらけの畑、ル・グエン自身のセンスと強い意志、上達したワイン造りの腕がすべて一体となり、2004年ヴィンテージ以降、彼のワインはひとつ突き抜けたように思われます。
 いつもニコニコと笑顔を絶やさないドミニクですが、畑で彼と対峙する時、ゾッとするほど真剣な「ヴィニュロンの顔」が表れます。それは、畑仕事の重要性を示すものであることはもちろん、まだまだ改善することが山ほどあるという、己への厳しさの表れでもあります。

以下2010年ご紹介文
ユドロ・バイエ
シャンボール・ミュジニー1erCruレ・クラ2010年です!!!

当店初の入荷となるレ・クラ
エレガントさでは一歩秀でるレ・シャルム
そして
力強さではこちらレ・クラと言われているようで
今回のテイスティングは非常に楽しみなものと
なりました。

その様子であります。

グラスに注いだ色あいは
明らかにV・Vを凌ぐ黒さある液体
でも黒いのに透明感清澄度ある色で
不思議な魅力にあふれる液体であります。
この時点ですでに引き込まれている感あります。

香りもまた凄い!
なにより集中力が凄いです。
まだまだリリースしたてなので
大きく開いている状態ではないのですが
ものすごい密度感ある香り
これは味わいもそうですが
小さな空間にこれでもかと詰め込まれた
まったく隙のない香りと味わいであります。

ユドロ・バイエのワインは
綺麗な酸、ミネラル、美しさなど特に感じることのできるワインかと
思いますが
このレ・クラ
ある意味酸はマスキングされているそんなワインのように
思えます。
しっかりある
無ければダレるはずですので存在はするのですが
全く感じさせないギュギュッと締まったコク濃密感あるので
中庸からいやもう少しボディのある濃いめのワインとも感じます。
そこからがユドロ・バイエらしいのが
そう何と言うか
一般的な濃厚ワイン
樽風味で押せ押せのワインとは全く違う
まとまり方をしております。

やはり気品ありエレガントそこはゆるぎないもので
なのに力強い液体を感じる
飲んだ後に深く深く染み込んでいく液体であります。

凄さを感じさせずに
凄いワイン!
なかなかできることではないのではと思います。

かみさんんども飲んで
”普通に美味いね〜”
なんて
おいおいそんな言葉で片付けるなよといいたくなりますが
でもそのワインの進み具合をみれば
その先の美味しさ感じているのかなと
そう思う部分もございます。

そしてこれだけのワインでありながら
この価格も驚きでなんて良心的なんだと感じるしだいであります。

シャンボールの一級で
この仕上がりでこの価格!

断然おススメであります。

ぜひ!!!