ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 41歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

レ・コステ ロッソ・ディ・ガエターノ2015年 750ML

2,962円(税219円)

定価 3,456円(税256円)
販売価格 2,962円(税219円)
在庫数 3本
購入数
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


レ・コステ
ロッソ・ディ・ガエターノ2015年です!!!

超、超自然派のレ・コステですが
すでにご存じですよね
まだ飲んだ経験無い方はぜひ!
ということで
こちらロッソ・ディ・ガエターノです。
良年2015年産ですが

レ・コステにあって
このロッソ・ディ・ガエターノはちょっと異色というか
ほとんどが
地場品種などで造られる
ラツィオの超自然派
揮発酸あったり濁りあったり
でもそれらがなんとも言えない生き生きとした表情保ち
込められるエキスの濃さや複雑で
でもちゃんとなんか成長するしコントロールされている
そんなセンスも感じるワイン
だから大好きなのですが
その中にあって
このロッソ・ディ・ガエターノは
サンジョヴェーゼ、グレケット、メルロー、カベルネソーヴィニヨン
こんな品種で造られる赤ワイン
隣人のガエターノ翁
仲が良いようで
そのガエターノ翁の葡萄を分けてもらったり
それでつくったワインだったと思います。
それゆえのこの品種構成のようで
さらには
価格高騰もある中
新酒的な存在のリトロッツォやピッツィカンテ
そのへんのワインとあまり変わらない価格構成で
世に出るワイン
他のワインとも若干違い
レ・コステらしい液体の質感もありながら
ココア調のカベルネ、サンジョヴェーゼのツルットしたそしてコクも
楽しめるワインでコストパフォーマンス高い
ナチュラルワインだと思っておりました。
2013年も他のワインよりも多めに販売しておりましたが・・・が!
今回はこのロッソ・ディ・ガエターノ
なんだか数量も少ない・・・みたいな
人気でちゃったのかな・・・

そんなワインであります。


以下2013年ご紹介文
レ・コステ
ロッソ・ディ・ガエターノ2013年です!

衝撃の出会いのリトロッツォ2009年から
久しくこのワインに出会うことは無かったです。
なんで?と
大人の事情ってものがあるのかもしれません

でも単なるワインラヴァーとしては
毎年でも飲みたいワインの一つレ・コステのリトロッツォ
今回の白に出会うことはできず
なんで?と
大人の事情ってものがあるのかもしれません

飲みたい出会いたい
でも叶わぬ恋なのか・・・

と嘆いていても仕方のないこと
目の前にあるワインを大事に感じていきたいと思います。

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
長い名前となりますが
一般的にレ・コステで通っている生産者ですね
レ・コステ
イタリアはラツィオの超自然派
鳴り物入りでデビュー!そんなイメージの生産者ですが
ヴァレンティーニやシュレールのワイン好きでこの世界に入ったとも聞いております。
ラツィオはグラードリという地域で祖父から受け継いだ葡萄畑
その地で葡萄栽培始まるのですが
フラン・ド・ピエ
接ぎ木無しのブドウ樹で造り上げるピュアなワイン(すべてではなく約1/3程度)
そのブドウ樹に関しても高名な生産者から分けていただいたものとか
まだまだ若い歴史のレ・コステではありますが
着実にその進化は進んでいるようであります。

昨年販売したビアンケットこれもお客様に喜んでいただくワイン
果実味の柔らかさや自然な深み
ほどよい緩さがあるワインでこんな癒し系ワインたまらないですね
通常のロッソあたりもとにかくナチュラルで真っ直ぐ!
心洗われる美しさ
素晴らしいワインばかりなんです。

今回ご紹介のワインは
リトロッツォ・ロッソ2014年
ロッソ・ディ・ガエターノ2013年
ロザート2013年
ビアンケット2013年
となります。

まずビアンケット2013年白
新酒的なワイン
リトロッツォや最近は別にル・プリムールなるワインや
ピッズィカンテというワインもあるようで
そのへんのワイン以外のワインの中ではもっともスタンダードなタイプのワイン
醸しなども軽めでその分柔らかそして程よい緩さが日常楽しむのに最適なワインであります。
言葉では簡単に表現しても
その先の魅力のある癒し系白
醸しが重くないのででもしっかりと果皮の旨味が抽出されていて
酸もしっかりとバランス整えるためにモッタリしすぎない
まん丸い特徴持つおすすめの白!
当店入荷2015年8月で現在2016年2月で約半年落ち着き
よりマーマレード的なねっとりとした質感酸が抜ける気持ち良さ
楽しめるワインとなっているかと思います。
2月8日にいわき市でのイベントでも
このビアンケット飲みましたが素晴らしいですね
ジューシーでボリューム感もあり酸が溶け込んでいて
癖になる味わいです。

葡萄品種 プロカニコ主体 その他自生品種

ロザート2013年ですが
こちらもいわきのイベントで出品されていて
ちょこっとだけ飲んだのですが
また白などの印象とも違い
親しみやすい質感ありながらもミネラル感の出方もキリッとあり
ほどよくカッチリ感ありながら
やはりショワ〜っと駆け抜ける爽快感もあり
洗練された風味もあります。

葡萄品種 アレアティコ

そしてロッソ・ディ・ガエターノ2013年
このワインは若干他のレ・コステのワインとは位置づけが違うようで
ガエターノというのは葡萄栽培する隣人の方の名前のようです。
サンジョヴェーゼ、グレケット、メルロー、カベルネソーヴィニヨンで造られるワインのようで
いわゆる買い葡萄でのワインですね
2013年が良い葡萄となったためにガエターノさんの葡萄でワインを造ったとか
エヴィーノさんの情報も入っております。
もともとガエターノさんとは仲が良かったようでガエターノさんの畑を手伝ったり
葡萄を分けてもらったりとあるようです。
そんなロッソ・ディ・ガエターノ2013年
個人的にすごくツボにはまりました。
赤、茶、紫の入るけっこう濃度もある色調
始め梅シソ、酸が盛り上がりその後ココア系の旨味が出る
味わいもレ・コステの赤としては粘度もあると感じる様なエキスの厚み
でも
味わいの基本はやはりレ・コステで
しっとりとした質感のなか冷涼な酸が感じられ旨味の中に甘みある果実感
スムースでやわらか
果実味のソフト感がたまらなく美味しいですね程よい厚みや甘みを楽しめる
この真ん中感が素晴らしく良いワイン
しかも・・・しかもレ・コステのワインなんだかまぁこの品質考えれば価格高騰していくのは
わかりますが
上位のワインは高すぎるようにも感じるしだい・・・
そんな中レ・コステのワインで
この価格3000円下回る価格でこの内容たまらないです!

そして最後
リトロッツォ・ロッソ2014年
念願のリトロッツォ!
腰に手をかけグビグビっと系の赤
透明瓶で空にする楽しみあるワインでしょうよ!
今回も驚きですよ〜
いきなりオンリストされているわけですので
なんですか在庫余ったのですか?
お分けいただけるだけ嬉しいですが
正直どのタイミングでご紹介するか迷いました。
すでに販売しているところはだいぶ前から販売していると思いますし
少し期間おいてからとも考えましたが
でもワインの味わい的にはやはり早めにこのフレッシュ感
ナチュラル感楽しんで目の覚める想いしてもらいたいような
となると少し暖かくなる時期最高かなと
3月が目前に迫っているこのタイミングでご紹介です。
前回は2009年で今回2014年ですのでだいぶ間あきましたが
忘れることのできない味わい
そして09のビンテージ的なものと2014年とでは違いますので
そのへんも考えながら仕上がりを確認ですが
まずいつものエチケット
気持ちの良いもの
グラスに注ぐとややくすみというかオリがけっこうありますね
でもめっちゃ元気でクリアーです
液体全体の健全さフレッシュ感アリアリですね
香りはまさに葡萄そのもの!
ややスパイシーさもあり木苺に小梅入り
大地香も軽やかに加わる感じ
チャーミングな香りそのままに味わいもクリアーでフレッシュ
甘酸っぱさ広がるドリンクでしょうよ
酸味はパリッパリ
2014年はやはり少し酸味強めですが目の覚める感覚
フレッシュ葡萄かじってスパーンとやられた感じですね
このナチュラル感もこの酸度も2014年のビンテージそのままに
ありのままに表現したリトロッツォ!
そのままを感じて欲しいワインです!!!


(以下インポーター様情報)
Le Coste di Gian Marco Antonuzi 
レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
地域:Lazio  
地区、村:
造り手:
HomePage : 
出会い:
レ・コステ:未来に向かうイタリアの伝統
イタリア・ワイン界の将来を双肩に担っているといっても過言ではない、本格的な大型新人の登場です。様々な地質に応じたえり抜きの品種が植わる畑、尋常ならざるセラー、気合にみちた造り手と、まるで可能性の塊のようなワイナリーを、ここにご紹介いたします。

2007年9月号のラシーヌ『イタリア便り』のなかで塚原が、L.C.という頭文字で予告した生産者が、いよいよくっきりと姿を現しはじめました。生産者(会社)名は、《レ・コステ》で、正式にはレ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌーツィ。所はイタリア中部で、オルヴィエートから車で1時間足らず、ボルセーナ湖の近傍にある内陸地のグラードリ。イタリア人のジャン・マルコと、フランス人のクレマンティーヌというカップルが、あらたに開いた3ha強の土地で、妥協を排しつつ非凡な才能と惜しみない努力をかたむけながら、実験精神にあふれたビオディナミ流を追い求めています。 おいしく楽しいワインが目に浮かぶ――ジャン・マルコとクレマンティーヌの、明るい未来がすでに約束されています。 

ローマっ子のジャン・マルコは法律を学び、その頃はまだ手が届く価格であったエドアルド・ヴァレンティーニを、毎日のように楽しんでいたそうです。優しいまなざしの中に、鋭さを秘めたジャン・マルコは、コルビエールでワインを造っていたクレマンティーヌとともに、父上の出身地にもどりました。グラードリの村でワイン造りをする決心をしたのは、景勝地として名高いボルセーナ湖に臨む父方の故郷には、素晴らしいテロワールがあり、牛・ロバ・馬・羊を育てながらブドウ栽培ができる環境があるからでした。そうです、彼は自前のプレパラートを用いてビオディナミを実践し、セラーの奥に接する理想的な冷涼な洞窟の中で、自然派の極致ともいうべきワインを造ろうとしているのです。ワイン造りは、ジャン・ダール、パカレ、リナルディ、ディディエ・バラル、ジェラール・シュレールで学び、サンジョヴェーゼの苗は、ジョヴァンナ・モルガンティとジャンフランコ・ソルデラから、アレアティコはマッサ・ヴェッキアから入手。畑の1/3はヴィーニュ・フランセーズと聞いただけで、興味をもたずにおられるでしょうか。

2002年に初めて彼に出会って以来、私は「あなたがワインを造ったら、一番に知らせてね」と、言い続けてきました。ブルーノ・シュレールから「彼はまだ植えたばかりだから、当分ワインは出てこないよ」とも聞いていました。が、2006年に近隣のブドウを分けてもらって、ロッソ、ビアンコと甘口ワインを一樽ずつ作ったと聞き、まず塚原が昨年6月に飛んでいきました。奥行き30mもある洞窟には、リナルディから譲り受けたスラヴォニアン・オークのボッテが二つと、パカレから譲り受けた600リットルの樽、大小さまざまな実験的なキュヴェが控え、ワインはいずれも不思議なほど還元臭や酸化香の片鱗すら感じさせない、優しく美しい味わいです。
 さて、このほど(2007年秋)、ほんのわずかだけ彼のファースト・ヴィンテッジが入荷いたしました。開墾した畑にブドウを植えたばかりゆえ、気の遠くなるような話ですが、これから少しずつ、美しくておいしいワインが届きはじめます。
とはいえ、フラン・ピエ中心の畑でブドウの生育に年月がかかるため、本格的な生産はこれからですので、楽しみにじっくりお待ちください。