ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 41歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

ディディエ・グラップ コート・ド・ジュラ アン・ノヴラン2015年 750ML

2,657円(税197円)

定価 3,100円(税230円)
販売価格 2,657円(税197円)
在庫数 在庫 0 本 品切れ中
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


ディディエ・グラップ
コート・ド・ジュラ アン・ノヴラン2015年です!!!

最近二番通り酒店様の新着ワインのご案内
内容確認するのが楽しいのですが
なんでしょうかこのワクワク感・・・
なんか楽しい久しぶりにこんな感覚・・・

好きなもの
ほんとワイン好きなんですが
でもいつの間にか仕事としてだったり
お堅い考えでワインに向き合ったり
ちょっと疲れているのか
自然派のワイン
ナチュラルなワインもっと肩肘張らずに
フランクな感覚でその中にももちろん礼儀とか必要ですが
そんな子供のときの感覚で接することできるワイン
そんなワインばっかりなのか
二番通りさんのワイン何か忘れていたもの思い起こさせるそんな気がいたします。

そしてお客様にもそれが伝わるようで
楽しみに待っているんですよね

もちろん今後だってナチュラルなワインですので
楽しいことだけで済むはずはないんです
でも楽しめる時は楽しんでいいのかなと
今回二番通り酒店様の新着ワイン飲んだワインなんかも2015年など多く
いろんな地域で親しみやすいわかりやすいそんなワイン多いと思います。
そんなビンテージはしっかりとその良さ楽しんで
厳しいビンテージはその中でシリアスな魅力その奥にある魅力など
楽しんでいければいいかなと

ということで今回の二番通りさんの新着ワインです!

こちらは
注目のジュラワイン
ディディエ・グラップです。

ジュラワインワイナートでも特集組まれるということで注目度高いのですが
日本へと入荷するワインも増えてきたこと
そして伝統的なクラシックなジュラワインももちろんですが
それ以上に新しい自然派の若い造り手が増えてきたのもあるのではと思います。
ピエール・オヴェルノワに始まりジュラの大御所と呼ばれる造り手から
受け継がれる広がりがあり影響される造り手がいて
本当にうれしいことです。

今回の造り手はディディエ・グラップ
2001年からジュラのアルボワ近郊のサン・ロテンという場所でワイン造りを始め
2007年からはビオロジックへとそしてその流れはどんどん進んでいって
今では完全無添加の造りとなっうているようです。
ワインも人柄同様に不器用ながらも畑での仕事を大事にするように
年々着実に進歩していったようで
今では無添加でも納得いくレベルのワインへと到達したとのこと
そして今回リリースの2015年
良年もあり完全無添加のピュール・ジュ(ピュアな液体)として完成したようです。

今回ご紹介のワインは
コート・ド・ジュラ アン・ノヴラン2015年
シャルドネ白

コート・ド・ジュラ レザンスーシアント2015年
ピノ・ノワール40%、プールサール20%、トゥルソー20%、シャルドネ20%
の赤
シャルドネも入る混醸の赤ワイン
です。

今回白のアン・ノヴラン2015年飲みました。
グラスに注ぐと黄色中程度よりもう少し濃いめ明るく健全さが伝わるもの
濁りなどは無くクリアー
香りは華やかでフローラル
ジュラワインでも酸化的なニュアンスはほとんどなく太陽浴びたシャルドネの熟した果実感伝わります。
味付きもしっかりクッキリとわかりやすく
エキスの幅もありほどよいボリューム感を感じながら入っていく
黄色果実がだんだんとふくらみフレッシュ感たっぷりで
そのまま果実を頬張ったようなジューシー感もあります。
ジュラワイン的な硬質感やミネラル感は2015年の果実味で現在はマスキングされているような感覚ですが
奥にはちゃんとそういった要素もあり輪郭を現していくのではと思います。
単純にすぐに飲めてしまう享楽的なワインでもあり
でももう少しおいてからより複雑性やジュラらしさが出てくるともっと奥深さも楽しめるのではと思います。

赤の
コート・ド・ジュラ レザンスーシアント2015年ですが
こちらは未テイスティングですが
ピノ・ノワール40%、プールサール20%、トゥルソー20%、シャルドネ20%
と黒葡萄だけでなくシャルドネも20%入る混醸ワイン
ローヌワインにたまにあるようなあまりに黒葡萄の強さそれを和らげるための白数パーセント
それよりも多めに入るようで
でもシャルドネを混ぜたのは2015年だけのようで2015年の良年ゆえ
このワインのピュアで軽快に楽しめるワインのキャラクターのために入ったのかなと
飲んでいないのですが
外観からかなりすっけすけのクリアーな赤系の色
これはすいすい楽しめるワインっぽく飲んでみたいなと思わせるもの

両ワインですが
現在のジュラワインの中においても価格的にもすごく良心的だと思います。
そして2015年らしいワインの親しみやすさと安定感もあります
ぜひジュラワインの初めて触れる方おすすめです!


以下インポーター様情報
En Novelin 2015 [ NEW ]
アン・ノヴラン
品種:シャルドネ
真南を向いた泥灰土壌に植えられたシャルドネ。すぐそばに立つ教会が美しい、ゆるやかな斜面の畑、アン・ノヴラン。
ピュアで優しく染み込む味わい。ジュラらしいほんのり酸化ニュアンスがありつつスルスル飲み進むシャルドネです。

Les insouciantes 2015 [ NEW ]
レザンスーシアント
品種:ピノ・ノワール40%、プールサール20%、トゥルソー20%、シャルドネ20%
通年であればジュラの赤ワイン主要三品種のみで造られるレザンスーシアント(のんき者の意)。今年はシャルドネも20%。
すべてヴィエイユ・ヴィーニュの畑。全硬で15日間マセラシオン。ピュアで軽快に飲み進む優しぃワイン。


無骨にしっかりと畑と向き合ってきたディディエ。ブドウの力がしっかり宿ったピュアな液体。
ジュラ地方、アルボワから少し南西にあるサン・ロテンという集落でワイン造りをするディディエ・グラップ。ボーヌでワインの栽培、醸造を学んだ後、2001年にサ
ン・ロテンでワイン造りを始めました。現在、サン・ロテンに4haの畑を所有しています。2007年にビオロジック栽培に切り替え、化学農薬は使用せず、ボルドー液、
硫黄のみを使用しています。化学肥料を撒く事もありません。収量も平均で35hl/haと少なく、健全でよく熟したブドウを育てることを大切にしています。醸造におい
ても自然酵母で発酵、補酸や補糖をすることもありません。瓶詰め時は必要に応じて少量のみ亜硫酸を添加していた時期もありましたが、現在は完全に無添加です。デ
ィディエのワインを最初に飲んだのは4、5年前のアンジュで行われるアノニマスというサロン。今回会ったのは久々でしたが、その当時よりも素晴らしく酒質が上がっ
ていて驚きました。少し寡黙で体格がよく、たんたんと農作業をこなすディディエから、ペイザン(農家の人)らしい素朴で優しい空気感を強く感じとれました。少し
シャイで不器用な印象のディディエですが、その分ワインと畑と、しっかり向き合ってきたのを心から感じます。今まさに彼の寡黙でまっすぐな畑仕事の結果、ブドウ
にしっかり力が宿り、彼自身も納得して完全に無添加のピュール・ジュ(ピュアな液体)が造れている気がします。着実に、彼の思い描くワインへと前進しています。