ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 41歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

ジョルジュ・ミュニュレ=ジブール ニュイ・サン・ジョルジュ1erCruレ・ヴィーニュ・ロンド2014年 750ML

12,034円(税891円)

定価 14,040円(税1,040円)
販売価格 12,034円(税891円)
在庫数 4本
購入数
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


ジョルジュ・ミュニュレ=ジブール
ニュイ・サン・ジョルジュ1erCruレ・ヴィーニュ・ロンド2014年です!

2012年が過去最高と言われそれ以前から注目度高いジョルジュ・ミュニュレ=ジブールですが
さらに上を行く2013年
ちなみに2013年は割り当て無しでした・・・

そして2014年
リアルワインガイドでの評価はとんでもない状態となっているようで
2014年オーレリアン・ヴェルデの評価も凄くその売れ行きも凄かったですが
ジョルジュ・ミュニュレ=ジブールは
元々のレベル的にすでにトップ生産者の仲間入りしていただけに
さらにそこから高みへと一歩一歩登りつめているわけで
本当に本当の水準のワインへと行ってしまわれたようですね

こうなるとまずワインの確保が難しい
2013年割り当てなしだったからまず2014年のご案内は無いものと思っておりましたが
・・・
ありました。
極少量二種類のみですがこんなうれしいことはないですね
そしてそして
飲みます!

より数の少ないヴォーヌロマネはあきらめでも
ニュイ・サン・ジョルジュ1erCruレ・ヴィーニュ・ロンド2014年
完璧なワイン
グランクリュクラスと言えるワインなんですね
その様子ですが
まずすんごい集中力!
開けた瞬間の煌めきわかりますでしょうか?
一握りの生産者がしかもすべての要素
経験とか環境、葡萄もそうだし家庭の環境とか
いろんなものが合致して良いワイン素晴らしいワインへと一点に向かっていて
初めて仕上げることができるレベルにあると思います。
それが開けたての段階で空気感が違う
今開けてしまって良いものか開けてから感じるやっちまった感ですが
偉大なワインはいつ開けてもその素晴らしさを伝えてくれます。
クリアーで清澄度あり赤、黒の芸術品のような色を見せてくれます。
妖艶とかそれはもちろんで
それを表現する要素があるのはあたりまえでその彫りの深さとか
余計な表現が無いから引き立つ美しさ
心地よいロースト香、黒果実赤果実の出し入れの上手さ
2014年でこのクラスで今の抜栓ですので
もちろんどの表現にも張りつめた緊張感と少しだけの強いものありますが
どれもが高次元でバランスとれているから
破たんなくこのバランスで飲めてしまう
まさに香水ニュイサンの良さが凝縮したそしてベストなバランスを感じることできるワイン
余韻が長くすごっ!
美しく完璧と言いましょうか

たまたまその時テレビでは
プロフェッショナル仕事の流儀など番組やっておりました。
ねこさんと呼ばれる魚のプロのお話で
正直自分が恥ずかしくなるほど
そしてこの目の前のワインにもまだまだ自分の仕事に対する甘さを
感じさせられるそんな崇高なワインであります。

褒めても褒めてもほめ過ぎではない世界ありますね

ヴォーヌロマネ2014年も素晴らしい評価となっているワイン
以前飲んだヴォーヌロマネ
村名格ということを忘れることできるワインであり
今2014年さらに上を行く評価
村名格でありまがらグランクリュ?との言葉も飛び出すレベルにあるワインです。
ヴォーヌロマネ2014年は
極少量のために御一人様1本限りでお願いいたします。

最後にこんな貴重なワインお分けいただいたことに
感謝いたします。
ありがとうございます。



以下2012年ご紹介文

ジョルジュ・ミュニュレ=ジブール
ニュイ・サン・ジョルジュ1erCruレ・ヴィーニュ・ロンド2012年入荷です!

昨年2011年ものすごい品質と評判のジョルジュ・ミュニュレ=ジブールのワイン
その中でも
ヴォーヌロマネ2011年は飲みましたが
まさに驚愕の仕上がりともいえるワインであります。
確かに村名格
ヴォーヌロマネでありますが
その延長線上にある一級そしてグランクリュまで
想像させるようなワインといいましょうか
少なくともワインの大きさはそこまでなくとも
もちうる酒躯の中でできる集中力の研ぎ澄まされ方
それに関してはその品質までいっているワインと感じました。

そして2012年・・・・

2005年をも上回る
過去最高品質!と言われるビンテージであります。
リアルワインガイドでもそこまでの評価出てしまうと
間違いなく品薄となってしまうワイン
ここ数年すでにそんな状況となっていただけに
今年2012年は供給は無理かと思っておりましたが
入ってきました。
極少量のみ
ヴォーヌロマネはさらに少なく飲むこともできないほどに・・・
そしてもう一つは
ニュイ・サン・ジョルジュ1erCruレ・ヴィーニュ・ロンド2012年
こちらも飲めないので
なんとも申し訳ありませんが
ただ出ている評価
リアルワインガイドではなんと92〜93
・・・
グランクリュ品質のポイントであります。
ニュイ・サン・ジョルジュでありながらヴォーヌロマネのような端正さと正確さ
・・・
なんとなく想像できてしまう
ジョルジュ・ミュニュレ=ジブールのワイン
そうなんですよねこの正確性という一見堅そうなイメージですが
それが考え抜かれたように次の魅力が流れるように
出てくる波状攻撃のように
ここで終わりかと思いきやそれがふくらんでさらにこっちがプラスされてと
こんかい
このニュイ・サン・ジョルジュ1erCruレ・ヴィーニュ・ロンド2012年
すんごいワインなんだと思います。
少なくとも3〜5年は待ちたいワイン
待てる方ぜひ!

ということで
今回このヴォーヌロマネ2012年
そして
ニュイ・サン・ジョルジュ1erCruレ・ヴィーニュ・ロンド2012年
であります。

ドメーヌ史上最高とも言われる2012年ぜひご興味あるかたお早めに〜!

以下インポーター様情報
Domaine Georges Mugneret
Nuits Saint Georges 1er Cru Vignes Rondes

ニュイ・サン・ジョルジュの典型とも言えるワインです。
深く、豊かで岩の多い土壌です。
樹齢は30年で、若さによる力のある葡萄です。土地を耕すことにより土壌を把握し、 収穫量を厳しく制限することにより樹勢をコントロールします。
マリー=クリスティーヌが1981年にこの区画を購入しました。

Domaines MUGNERET-GIBOURG & Gerrges MUGNERET /
ドメーヌ ミュニュレ=ジブール&ジョルジュ・ミュニュレ

『Mugneret(ミュニュレ)』の名前はコート・ド・ニュイ、とりわけ ヴォーヌ・ロマネに何世代も見られる名前です。

ドメーヌは、ジャンヌ・ジブールとその夫アンドレ・ジブールの二人で1933年に 設立されました。ジョルジュ=ミュニュレは彼らの一人息子です。
彼は医学の道を選び、ディジョンの薬剤師として働く一方、実家のワイン造りも 並行して手伝い、拡大した区画には自らの名前を冠してリリースしました。
ドメーヌ・ジョルジュ・ミュニュレはこうして設立されたのです。

1958年には妻ジャクリーンと共にアルジェリアでも働きました。そして二人の娘、 長女マリー=クリスティーヌと次女マリー=アンドレに恵まれました。

1988年、長い闘病生活の果てに59歳の若さでジョルジュ氏は急逝してしまいました。 ジャクリーン夫人は勇敢にも、当時父と同じ薬剤師をしていた長女、マリー=クリス ティーヌをドメーヌの後継ぎに任命したのです。
現在、ドメーヌはジョルジュ氏の妻ジャクリーンと二人の娘、マリー=クリスティーヌ とマリー=アンドレによって運営されています。


ドメーヌ ミュニュレ=ジブール&ジョルジュ・ミュニュレ
●栽培
全ての畑は折半耕作の畑となりますが、彼女たちは畑に頻繁に足を運び、畑の所有者と 何度も何度も話し合いをします。そのため畑の所有者は葡萄栽培の総監督を彼女たちに 任せています。
ドメーヌの葡萄は生物学者であるフローレンス・ピションの指揮の元、ヴォーヌ・ロマネ のワイン生産者であるジャン=フランソワーズ・ガンドレイ、そしてワイン造りを経験で 学ぶ歴史学者のフローラン・ロンプルを加えたチームにより栽培されています。
彼らは一年のほとんどの時間を葡萄栽培に費やしています。
折半耕作を行う畑は、ミュニュレ・ジブール同様に畑仕事に熱心なドメーヌ・ジェラール・ ミュニュレ、ファブリス・ビゴの畑を賃貸しています。
栽培の指揮はミュニュレ・ジブールのチームです。
畑を丹念に耕すことで葡萄の根を地中深くに導き活性化させることでテロワールの個性を 最大限に引き出すのです。また、グリーンハーヴェストを行い、収穫量を厳しく制限する ことで、収穫前の夏に葡萄の凝縮度を高めるのです。

●醸造
4〜5日間、低温マセラシオンを施した後、10日間ほどアルコール発酵を行います。
これらの発酵過程は年によって異なりますが、15〜20日間に渡って行われます。
空圧式プレスでやさしくフリーランジュースを取りだした後、約18ヵ月間、オーク樽で 熟成させます。熟成の段階で一度、樽から別の樽へと移し替えます。熟成後に各アペラシ オン毎にブレンドします。濾過、清澄は行いません。

●哲学
マリー=クリスティーヌとマリー=アンドレが目指すワイン。それは優しくて伝統的なワイン です。葡萄の果実の新鮮さ、繊細さを損なわず、各アペラシオンの個性を完璧に表現したい と考えています。ピノ・ノワールとテロワールの関係は、ブルゴーニュワインの豊かさと多 様性そのものなのです。



以下2011年ご紹介文

ジョルジュ・ミュニュレ=ジブール
ニュイ・サン・ジョルジュ1erCruレ・ヴィーニュ・ロンド2011年入荷です!

ここ数年非常に品質が素晴らしいと評判のジブールの2011年であります。
しかも人気のヴォーヌロマネ
正直当店割り当ていただけるとは思っておりませんでしたが
入りました。
数量限定ですが
今回はヴォーヌロマネ2011年と
ニュイ・サン・ジョルジュ1erCruレ・ヴィーニュ・ロンド2011年
であります。

そして今回ヴォーヌロマネテイスティングいたしました。
美しくエレガントな世界あるとは思っておりましたが
そのエレガントさにもさまざまな方向性ございます。
ルイ・シュニュのような化粧っ気無いピュアなエレガントさあるワイン
ミシェル・グロのようなエレガントでも安定感ある安心感あるワイン
そして
ジブールでありますが
私はヴォーヌロマネ初めてになるのかと思います。
実際飲むのは
そして体験してしまいました。
素晴らしいです。
ワインスタイルの確立そして安定感あるワイン
そのさらに一つ上を行く集中力と
完璧なまでのバランス
これは常に出し続けることできない域に達しているのではと
思うワインでありました。
どこのドメーヌでも生産者の経験、代替わり、醸造施設の状況や経済状態
そして土壌の状態、葡萄の樹齢など
様々な要因が絡み合い
その中で波があるのではと思います。
そのすべての条件がそろった生産者のみが出しえる魅力とでもいいましょうか

その一つの姿がこのワインには存在するように思えます。

早速抜栓で
グラスに注いだ色
これは色とかではなくこのグラスの中で踊る液体が優雅に芸術ともいえる
一つの形となっているそう思えるほど
香りがまたすごい
なんだこの
バニラとパウダリーで繊細で神々しい液体!
集中力あり次々とその魅力をはっきりと伝えてくれる液体
クッキリとした赤と黒の美しい色
鼻を近づけるだけで自ずと高まる緊張感と別世界の次元が
この繊細でいて集中した液体が放つ香りが
非日常を与えてくれるそんな液体であります。

多くを受け止めてはいけないほどに
香水のように放たれる香気成分
どんどんと香りの量は増し質は濃密さを増す
シンプルでも量がすごい
なんて甘い品のある香り
これがワインの香りとは到底思えないほどいや思えない!

SK-兇箸いΣ従冑覆漏里出羽桜の桜花吟醸本生の吟醸香から生まれた
と話題になりましたが
このジブールのヴォーヌロマネからも
ぜひ生まれてほしい!いやぜひ作って!と言いたいほど
バニラっぽさとクリーミーさも出てきて
ドライな生クリームのよう
香りばかり先行してしまいましたが
味わいも液体のこの精密な造り
すべてのバランスがここにある!とも言いたくなる
何もないようなVRとして完璧な味わい旨味の広がり方
ピュアすぎるようなワインとも違い
多彩に要素はありながらもどれも無駄はなく
少なすぎず多すぎない必要なものはすべてそろっていると言えるそんなヴォーヌロマネ

これだけのヴォーヌロマネ生み出すジブールの2011年
こちらはニュイ・サン・ジョルジュ1erCruレ・ヴィーニュ・ロンド2011年で
ありますが
こちらも定評あるワインであります。
ニュイ・サンの黒いニュアンスあるワインだけでなく
そこにジブールの今素晴らしいワイン生み出す条件がそろった
その美しさ集中力感じていただけるワインとなっているかと思います。