ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 41歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

ドメーヌ・レスカルポレット バッドボーイズ2015年 750ML

3,703円(税274円)

定価 4,680円(税347円)
販売価格 3,703円(税274円)
在庫数 3本
購入数
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


ドメーヌ・レスカルポレット
バッドボーイズ2015年です!

ヴァンナチュール界にも
確実に新世代の波が押し寄せる昨今
そんな中注目の生産者
イヴォ・フェレイラの醸す
ドメーヌ・レスカルポレットです!

フランスはラングドックの生産者で
目指すワイン造りは
上品さや繊細さ、フレッシュさ、なめらかさ、ミネラル感を備えたワイン!

今回のワイン
エスカルポレット・ルージュそして
バッドボーイズ飲みましたが
まさにそのへん感じます。そしてエネルギッシュで勢いのあるワインです!

エスカルポレット=ブランコを意味するようで
水墨画のようなタッチで描かれるエチケットも美しいのですが
どこか日本の和にも共通するところあるように思えます。
今回ご紹介のワインは

ドメーヌ・レスカルポレット
●エスカルポレット・ルージュ2012年

●バッドボーイズ2015年

●ブリュタル2014年

以上三種類です!

まずスタンダードキュヴェの
エスカルポレット・ルージュ2012年

サンソー、カリニャン、シラーで造られるラングドックらしい品種構成
しかしですが
開けたてから濃度のある目の詰まった濃い液体
燃える様なエネルギーを蓄えたワインで
ココア赤茶のワイン
旨味もナチュラル感ありながらエネルギッシュで旨味の濃さがきっちりと表現されます。
野性味あり獣の皮のようなそんなイメージさせるようなところもあり面白いのですが
長い余韻あり果実味凝縮していながらも伸びのあるそして酸もあり構成もしっかりとしている
ラングドックワイン
へんに造りこんでいない素の旨さストレートに楽しめるワイン
テイスティングしたのが2015年6月ですので
より調和熟成進んでいると思います。

次に
●バッドボーイズ2015年

これは正直テイスティングして驚いたワイン
以前飲んでいたエスカルポレット・ルージュ2012年は
自然体の中にラングドックらしいエネルギッシュなパワーを感じるワインだったので
バッドボーイズ
どんだけ悪いんだ!と思いきや
これがビックリ!
前情報無く飲んだだけに
グラスに注ぐとクリアーでオリがありエッジはややオレンジ入るワイン
パワフルなタイプと違う!?と思いきや
こちら日本向けに和を感じさせるそんなワインに仕上げたかったとのことで
バッチリはまるワインです!
香りはなんでしょうかナツメグ?金柑、スパイシーさありチョコ、オレンジオイル入るような
個性的で複雑
薄旨の染みる液体
若さよりも少し熟な印象そして薄旨の中にタンニン感じ
骨格もある渋みが絶妙にいい感じ
旨味のあとから出てくる感も素晴らしく
飲めばのむほどに忘れられなくなりまた1杯飲みたくなる
くマセラシオンしたグルナッシュ ブランと赤ブドウであるグルナッシュ ノワールを用いて白ワインのような軽妙な飲み心地に仕込んだキュヴェとのことで
造りにも一手間加わり
その分繊細でも奥深いそして複雑なニュアンスあるワインに仕上がっているんですね
これは旨い!

●ブリュタル2014年

こちらは未テイスティングですが
ご存じブリュタル!
SO2は一切使わないもっとも攻めたワインに命名される
ブリュタルですね
たくさんの生産者がこの考えに賛同し現在日本でもいろんな生産者のブリュタル見ることができます。
それゆえに生産者のバチバチとした特別なものだしたる!感もこのブリュタルには
込められているのではと思いますが
そんなブリュタルそのイヴォ・フェレイラが醸すブリュタルです!

葡萄品種はシラー100%です!
こちら飲めていないのですが
押しの強さレスカルポレットらしさあるようですが
その中にもアルコール感や強さを出しすぎないよう考えられ造られているようです。
しかも
アラン・カステックスのてがけるワインのようなニュアンスもあるとかで
偉大な生産者アラン・カステックスのワインは先日飲んだばかりで
これに追従するものがあるのかと
驚きですね


以下インポーター様情報
BAD BOYS…! / Domaine L’escarpolette
バッド ボーイズ / ドメーヌ レスカルポレット
フランス ラングドック地方


2015年のバッド ボーイズは、短くマセラシオンしたグルナッシュ ブランと赤ブドウであるグルナッシュ ノワールを用いて白ワインのような軽妙な飲み心地に仕込んだキュヴェ。色合いも淡く、度数も控えめ(11.5%)で、意識したのはジュラのプルサールで仕込まれたようなワイン。ジャン=マルク ブリニョとの出会いがきっかけでワイン造りを志したイヴォですから、ジュラ的な飲み心地のスムーズな(プルプルした)ワインを造りたいと思い挑戦したと言います。ダージリンティーのようなオリエンタルなフレーバーとスムーズな飲み心地は「まさに!」と叫びたくなるバランスです。

Brutal / Domaine L’escarpolette
ブリュタル / ドメーヌ レスカルポレット
フランス ラングドック地方
シラー100%

瓶詰め時に亜硫酸を使用することをよしとしない様々な生産者が、自分たちの「攻めた」ワインに共通のキュヴェ名をつけて各自でリリースするコンセプトワイン。ブリュタルには「残忍な」「粗暴な」という意味があり、と同時にカタラン語(このコンセプの発起人にスペインやルーションの生産者が含まれるため)のスラングで「素晴らしい!」という意味もあるダブルミーニング。既存のワインの権威に対してのアンチテーゼとして死神が鎌を振るうデザインのエチケットが定番で使用されます。

2014年のブリュタルは、レスカルポレットらしい赤ワインのスタイル。南仏にありがちなアルコール感や強さを出し過ぎないように(この地域の赤ワインとしては)低めの度数(12.5%)で収穫し、ソフトな飲み心地を意識したもの。シラーということもあり、ダール&リボに通じるしなやかな雰囲気やアラン カステックスの手がけるワインのような野性味も感じます。


「ワイン造りはブランコと同じ、楽しく遊ぼうと思えばこぎ続けなきゃいけない」
ドメーヌ レスカルポレット

ワイン生産者に投げかけると、いつも同じような答えが返ってくる質問があります。それは、「ワインで表現したいことは?」という問いです。その答えの多くは、「この土地、この畑でしか表現できないもの、テロワールを表現したい。」となります。ところが同じ品種、同じ地域、同じような栽培 醸造のアプローチであっても、ひとたび造り手が変わればそのワインが表現する世界は異なり、それぞれが多彩な世界を見せてくれます。そのようなワインを飲む時にいつも感じるのは、このワインは単に「地域の風土」を表しているのではなく、その造り手の人柄や生き様を表すことによって「個性」を獲得しているのではないかという事です。そして、造り手の生き様がピュアに表現されるワインに私たちは魅力を感じているのではという事です。

ラングドック地方に居を構えるドメーヌ レスカルポレット(エスカルポレットはブランコの意味)も造り手の生き様がピュアに表現されたワインを造る魅力溢れる生産者です。若く心優しいイヴォ フェレイラの人柄がワインの味わいからダイレクトに感じられます。

彼にドメーヌ名の由来を尋ねると

「ブランコで遊ぼうと思えば止まらないようにこぎ続けるだろ?ワイン造りも同じさ、努力し続けなきゃね。」

そう無邪気に、そして実直に答えてくれます。前に進み続ける芯の強さと明るさを兼ね備えた彼らしい答えです。実際に彼のドメーヌを訪問すると、あらゆる会話や場面で気さくさ、繊細さ、細やかな心遣い、優しさ、真摯さを目の当たりにします。そして、ワインの味わいがまさに彼の人柄のようなピュアさに満ちたものになっているのに驚かされます。

イヴォ フェレイラは、ソムリエとしてサービスの仕事に従事していた時にワイン造りに興味を持ち、2004年にジャン マルク ブリニョの収穫を手伝ったのをきっかけにその興味を具体的な目標へと高めていきます。収穫作業の後も醸造の手伝いを続け、剪定の時期にも再訪するなどジャン マルク ブリニョと時間を過ごし、彼の哲学に惹かれていきます。そして、2005年からはシャトー ル ピュイで仕事を得てワイン造りを学び、2009年に自身のドメーヌであるレスカルポレットをスタートさせます。

レスカルポレットはラングドック地方、モンペリから北西に進んだモンペイルーという村にあります。丘陵地帯に位置する畑は、理想的なテロワールであるといい、ミネラル豊富な石灰基岩の上部に石が多く乾燥した土壌が広がり、春から初夏にかけては北西からの強風のおかげで病害の発生が少なく、ボルドー液や硫黄の散布すらも最小限で済むといいます。また気温の上がる夏には、海からの風のおかげで涼しさがもたらされ、フレッシュさを維持したブドウを育てることができます。畑の周囲には自然豊かな森が広がっており、様々な動植物が生きた多様性溢れる環境は、健全なブドウを共生のなかで育ててくれるといいます。この恵まれたテロワールをいかして除草剤や殺虫剤、化学肥料などを用いない自然な栽培を採用し、自然酵母のみで発酵、補糖・補酸といった人為的介入を排除した醸造をおこなっています。

「新世代の挑戦」

イヴォ フェレイラは、年代的にも重ねてきたキャリア的にも新世代の自然派ワイン生産者です。彼のように著名な生産者の下で経験を積み、独立を果たす生産者が近年増えてきていますが、なかでも目を引く生産者たちにはとある共通点があります。師である生産者の経験や知識をしっかりと受け継ぎ不安定なワイン造りを避けつつも、一歩踏み込んだ「攻めた」ワイン造りに挑戦し「個性」を獲得している点です。彼の場合、シャトー ル ピュイというある意味揺るぎない安定感を誇るワイン生産者での経験が基礎となっていますが、生み出されるワインはより奔放で生命力を感じるワインとなっています。

理想のワインの姿を尋ねると、上品さや繊細さ、フレッシュさ、なめらかさ、ミネラル感を備えたワインであるといいます。彼がワイン造りを行うラングドック地方は果実味やアルコール感の強さを得るのは比較的容易な産地ですが、反面エレガントさやフレッシュさといった飲み心地につながる味わいを得るのが難しい場所です。しかし、ひとたびレスカルポレットのワインを口にすれば、彼が理想に掲げる個性がしっかりと表現されているのに驚いていただけると思います。充実した果実味と美しい余韻やなめらかな飲み心地の調和は、ラングドックの豊かな自然とイヴォ フェレイラの繊細な人柄の調和から生まれた唯一無二の個性なのです。

「ワインは人と人を近づけ、互いに喜びを与え合うことができるもの。ワインを通じて本当に多くの素晴らしい人に出会えた。だからこそ、努力を惜しまずワイン造りを続けて行きたいと思うんだ。一人で畑にいる時も、醸造所にいる時も、試飲会でみんなにワインを注いでいる時も、こうやって話をしている時もいつも幸せだよ。」

ジャン マルク ブリニョ、シャトー ル ピュイのジャン ピエール アモロ、ピュズラ兄弟など影響を受けた生産者や好きな生産者は沢山いると話すイヴォ フェレイラ。彼がなかでも最初に思い浮かべるのはピエール オヴェルノワだといいます。オヴェルノワとの短い会話から、気さくで素直な人柄とそれを率直に表すワインに魅力を感じたといいます。「人柄を率直に表すワイン」これはまさしくドメーヌ レスカルポレットのワインの魅力です。ワインを通じた素晴らしい出会いが、また多くの人を幸せにしてくれるワインを生み出す。こんな良い循環が続いていけば、世界はもっと幸せになるのだと思います。

「美しいエチケット」

ドメーヌ レスカルポレットのもうひとつの魅力が美しいエチケット(ラベル)デザインです。イヴォの妻セリーヌの大親友の母が書家で、彼女がプレゼントしてくれたデザインです。ドメーヌ名のレスカルポレット(=ブランコ)が描かれたものとブドウの樹を抽象化したものが描かれています。