ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 41歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

トリンケーロ a-into!(アユート)ビアンコ 2015年 750ML

3,240円(税240円)

定価 3,780円(税280円)
販売価格 3,240円(税240円)
在庫数 6本
購入数
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


トリンケーロ
a-into!(アユート)ビアンコ 2015年です!!!

他の追随を許さないクオリティ
そう言われるイタリアはピエモンテの凄い造り手
トリンケーロであります。

ヴィナイオータ様の記載ページにありましたが
なぜそんな素晴らしいレベルのワイン
常にそれを維持できるのか!?
それは・・・
これだけの自然な造り無駄に介入しないワイン造りしていながら
規模の大きさもありますが
さらには納得いかないワインはボトリングしないで
バルク売りしてしまう
また揮発酸が高くなったワインはお酢屋さんに売ってしまう
それだけのこだわりあるからなんでしょうね
しかしバルク売りやお酢屋さんに売らなければいけないことを考えると
通常であれば安定させるために農薬やSO2に頼ってしまいがちなところ
そこは最も大切なところとして
頑なに守り続ける
いやトリンケーロにとってはそこをもし妥協してしまえば
全てのワインをバルク売りすることになるんでしょうね

まず本当に伝えたいこと大事なところは
大前提としてその中で起こり得るリスクに関しては
バルク売りやお酢屋さんへの対応で
それがあって初めてすべてのトリンケーロのワイン
高いクオリティが常に保たれるわけなんですね
納得!であります。

今回入荷のワインは

●バルスリーナ2010年
ヴィーニャ・デル・ノーチェに隣接するバルスリーナの畑で造られる
バルベーラ!
バルベーラの名手トリンケーロの中にあって価格対比で
素晴らしいレベルにあるワインではといつも思います。
今回2010年ということで09に引き続き素晴らしいテンションもつビンテージ
そのバルスリーナ今回テイスティングいたしました。

早速グラスに注ぐとナチュラルワインでもこのクリアーで色の目の詰まり
赤黒さある液体
すでに雰囲気あるワインなんですね
香りはまさにバルベーラの妖艶さがトリンケロらしく出ており香りの密度感が高い
トリンケロの素晴らしいのは果実味の凝縮感あってもちゃんと酸が支える
そして凝縮感ある果実味の熟度と高級感
ブランデーのような熟成のニュアンスやレーズン系のリキュール感ありながら
酸化しているわけではなくまだまだ力みなぎるそして生命力の強さ
この先の寿命考えると楽しくなるどう成長していくかを考えると嬉しくなるワインですね
さすがです。

●フレイザ・ルンケット2012年

当店というか私自身もフレイザのワインってそんなに経験なく
でもこの前のバルトロ・マスカレッロのフレイザ素晴らしく心に響くワインで
今回トリンケーロではどう表現されているのか気になったワイン
フレイザ・ルンケットであります。
このフレイザ結果ですが
今まで補助的な品種というか補助にも使われないか・・・
比較的軽やかな品種であったり
その造り手のメインのワインとはならない脇役的な品種と感じておりましたが
さすがトリンケーロ
フレイザでも変わらぬ高級感あるワインとなっております。
まず今回1本目は残念ながらブショネそれもけっこうな酷いもので塊感はあるものの全然ダメでした
気を取り直して2本目
こちらはバッチリで
こちらもバルスリーナ同様に赤黒さキッチリと表現され艶のある液体
妖艶さも黒果実のエキスが集中しつながるのですがそこにやや鉄分が若干土壌からくるのか
そういったニュアンスそしてなめし革など
果実味は煮詰めたような濃縮感あり紫の葉のような香りの高さもあります。
2012年でまだまだ若いところもあり締まるタンニンこのへんはまだまだ成長する余地ありますが
すでに風格トリンケーロらしさ纏うワインであります。

●ヴィーニャ・デル・ノーチェ1999年 イン・ボッテ・ディ・カスターニョ

こちらは未テイスティングとなります。
言わずと知れたトリンケーロのトップキュヴェ
バルベーラの最高峰
ヴィーニャ・デル・ノーチェその1999年で
7年間もの長期熟成を栗の大樽で仕立てた逸品!
通常となぜ違うかと言えば1999年素晴らしいビンテージとなったからですね
だからこそ栗の大樽で7年間もの長期熟成を施し
それだけのポテンシャルあるワインだからこどの仕立て方なんだと思います。
言うなれば
ヴィーニャ・デル・ノーチェ スペシャルリゼルバとでも言いましょうか
そのレベルにあるワイン
価格もトリンケーロのワインでも最高峰ですが
内容考えれば安いものなのではと思いますし
1999年
現在2016年で17年それでもまだまだ若い段階ではと思います。
ネッビオーロのノビウスなどでも飲みごろはまず20年以降と言っておりましたので
このバルベーラ特別仕立てともなればさらに・・・ですね
ヴィーニャ・デル・ノーチェもある程度熟成した段階のもの飲んでおりますが
1997年を2014年とかに飲んだワインそれはそれは無駄な力が抜けまさにエキスに昇華したバルベーラの
絹の糸 それでもまだまだ奥には力があり上質感ある伸びのある旨味
黒いエキスとなったそのワインでしたが
このワインも期待できる世界観あるワインなんだと思います。

〇a-into!(アユート)ビアンコ2015年

助けて〜!という名のアユート白・・・いや茶色といったほうが良いか
醸し系のオレンジワインですね
赤ワイン仕込みの白で果皮なども漬け込みボディあるワインを複雑性とともに酸化的な
ニュアンスも含ませるワインですが
オレンジワインでも酸化的なニュアンスがけっこういきすぎてドライでも少し軽やかなワイン
などもありますが
トリンケーロのアユートはカラメル風のニュアンスに南国風の果実それが開けたてから
どんどん力強くなりボディのしっかりとある旨味あり
パワフルさも楽しめるオレンジワインで
実は最近地元でもこのワイン欲しいというお客様出てきております。
この2015年は少し醸しを軽くしてより親しみやすく仕上げてあるとのことで
その分陽気で良年2015年をストレートに楽しめる仕上がりとなっているようです。

〇ビアンコ2015年

今回極少量の入荷となったビアンコ2015年
当店は初入荷のワイン
このワインのできた経緯も面白いのですが
今回パルメ・シャルドネ2015年というワインあります。
そのパルメ・シャルドネはいつもはアユート・ビアンコに混ぜているシャルドネですが
2015年良質なシャルドネとなったことで、以前にも単体で仕込んだことあるようで
今回もシャルドネだけでボトリング
それがかなりリッチな仕上がりで素晴らしいようですが
そこにシャルドネを使ったので
アユート・ビアンコに使う比率が変わってしまい三種ブレンドのアユートのバランスが変わってしまうために
別なワイン
ビアンコ2015年を生み出しました!
もちろん品種はシャルドネ以外の
アルネイスとマルヴァジーアで造られるワイン
色もアユート同様に醸し系のオレンジワインのようなカラメルのような色調しております。
こちらも未テイスティングとなりますが
2015年の特徴でたワインでその中に品種の違いなどアユート・ビアンコとの違いを楽しんでいただきたいとのことです。

〇パルメ・シャルドネ2015年

前述のとおりアユート・ビアンコ2015年に使う予定の中から
単一で仕上げたシャルドネ
イタリアのフリウーリのシャルドネや良年の素晴らしい生産者の造り上げるリッチなシャルドネは
心奪われる旨さと濃密さあるワインとなります。
価格もアユート・ビアンコなどよりも上で
それだけの自信のあるワインとなっていると思われます。
アユート・ビアンコに使わないシャルドネとなるわけですので
良質なところボトリングしているのではと思います。
トリンケーロのシャルドネ2015年私も飲んでみたいですね〜

以上今回赤三種類白三種類
どれもがトリンケーロの高品質なクオリティを感じることできる
そしてもっとも大事なワインの表現そしてトリンケーロらしい高級感あふれる魅力
感じていただけるワインかと思います。

ぜひご検討よろしくお願いいたします。