ホーム マイアカウント お問い合わせ

楽天ペイ
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 44歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

クローチ カンペデッロ2017年 750ML 白・微発泡

2,268円(税168円)

定価 2,646円(税196円)
販売価格 2,268円(税168円)
在庫数 在庫 0 本 品切れ中
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


クローチ
カンペデッロ2017年
白・微発泡です!!!

再入荷です!
前回大反響でまた発注しようとしたら
すでにインポーター様も完売
そしてまた再入荷です!
この旨味のしっかりと強いながらもジュワジュワの泡もあり
なんでこんな驚きの価格なの!?と思ってしまうワイン
これから暑くなる時期
さらに活躍処多いワインですね!

以下前回ご紹介文


エミリア・ロマーニャ
とんでもない産地ですね
フランスで言えばどこでしょうか
ローヌのアルディッシュみたいな
とにかく自然派で価格が大丈夫?というほどお手頃なものが多く
味わいも高いレベルにあるもの多いですね
そこに負けないほどの
スーパーデイリーナチュール
イルヴェイはじめフリッツァンテのカミッロ・ドナーティ
コルカニャーニ
イル・マイオーロなどなど
とにかく通常のスティルワインから微発泡系のワインまで
ちょっとびっくりなワイン多いです。

そして・・・・あらたに当店ラインナップに仲間入りの
エミリア・ロマーニャの自然派コスパワイン!

クローチです!!!
相模屋本店様よりお分けいただいたワイン
すでにいくつかお取扱いして
相模屋本店様のワインのコスパの良さ
そしてワインの良い状態でリリースするその安定感とワインを飲めば、扱えば
その信頼が日に日に増していくそんな感じですが
今回は
エミリア・ロマーニャのクローチです!
もともとエミリア・ロマーニャの地で農業営んでいたジョゼッペ・クローチが土地を購入し
酪農、兼業農家などしながら
80年代よりワイナリーとしての活動を本格化し自社でのボトル詰め販売を開始していったようです。
当初から有機農法を取り入れていたようで
その流れで自然な飲み心地のあるワインへと進んでいったようです。
ワイン造りでは
ほんとに自然のままというかこの気候その土地があって初めて成り立つ
そんなワインのようで

”彼らの土地は土の養分(タンパク質)が不足
しており、酵母の力がとても弱い為、発酵スピードがとても緩やかになる。それをセメントタンクで行うとアルコール発酵の途中で冬が訪れ、カンティーナの
温度が下がると共に、タンクの温度も下がりやがて発酵は停止する。そうして冬を越し、春になりボトル詰めを行う。次第に暖かくなり、ワインの温度も上
昇すると停止していた酵母が再び動き出し、瓶の中で二酸化炭素を発生させる。この土地でこのワインを造る事が運命だったかのような、この土地でし
か出来ない製法を守り続けている。”

とのこと
まさに冬の寒さでいったん醗酵とまり春になりボトリング
そして気温の上昇とともに二次発酵始まりフリッツァンテとなると
それができるのもの土地の個性があり
醗酵は非常に緩やかに進むそれだからこそ出来上がったサイクルでありワインのようですね

今回は三種類
微発泡のものご紹介です。

白・微発泡のカンペデッロ2017年
こちらは品種
マルヴァジーア・ディ・カンディア60%
トレッビアーノ、オルトゥルーゴ35%
マルサンヌ、ソーヴィニヨン5%
とのこと
マルサンヌなんてもあるんですね
早速飲みましたが
瓶形は以前お取扱いのコルカニャーニのものに近く
太めです。コルクもコルカニャーニっぽく
ギュウギュウに圧縮されたコルクですので
抜栓したものそうそうまた刺さることなないのですが
片方だけ細く片方がババンと広がる感じなのでコルクによってはいけますかね
グラスに注ぐと・・・
なんやこの色!というくらいに衝撃
ネクターオレンジ、イエロー!濃厚でオリも濁りもありで
その姿からギュウギュウに旨味が詰まっている感伝わります。
香りは金柑、グレフル濃厚であま〜い果実感もたっぷり
フレッシュでぴちぴちシュワシュワ
味わいもそのままにやっぱり旨味濃厚で
でもべたっとした感じじゃなくドライに振れビター
太さもありながらザックザク飲めちゃうワイン
二日目以降もへたることなく重心さがりコクありスティルワインとして
たっぷりと楽しめるワインへ
それでこの価格・・・・驚きです。

そしてもう一つの白・微発泡
ルビーゴ2017年
こちらは飲んでおりませんが
オルトゥルーゴ100%の白微発泡!
ルビーゴというのは昔の斜面の名前
この葡萄が造られている斜面の昔の名前だそうです。
オルトゥルーゴはイルヴェイでも人気の品種
ジャスミン系など花の感じ黄色いかわいらしさもでるのですが
クローチのオルトゥルーゴ
味わいの深みボリューム感そして泡もシュワシュワとありながら楽しめる
期待大のワインではと思います。

最後の赤微発泡
グットゥルニオ2015年です!!!
葡萄品種はバルベーラ60%にボナルダ40%
イルヴェイでもおなじみのグットゥルニオですが
今回こちら飲みましたが
素晴らしいです。
実は一本目ブショネでしたが
香り等はちょっときつめのブショネでとれなかったのですが
そのジューシーな果実味落ち気味とはいえ
なんかすごい湧き上がるそうエネルギーあり
二本目開けずにはいられませんでした。
そして二本目
実は開けてすぐの段階でちょっと生木のような
これはもしかするとこのワインの特徴として開けたて少しでるのかなと
樽というよりは木ちょっと生っぽい木の感じ
このロットのコルクか熟成の樽の影響はちょっと開けたてありますが
そこから一気に解放されたかのような
ジューシーな果実味
木苺のようなそれも濃いジューシーでジュワジュワな旨味が
2015年ですがまだまだ若々しさあり小さなボトルに押しやられていたのが
一気に解放するように広がります。
ガスですが実は一本目と二本目で強さも少しバラつきあり
もちろん造りが
自然の気温の上昇により瓶内二次発酵ですので
もちろんバラつきあって当たり前
このへんはクローチの微発泡のワインすべてに言えるのではと思います。
少し樽感も加わり新鮮で旨味たっぷりシュワシュワが心地よく爽快さもある
果実味は素晴らしく素直でピュア
バルベーラ&ボナルダの旨味が力一杯感じられる微発泡ワインです。

以上今回当店初のクローチ
エミリア・ロマーニャのコスパワイン
新たな造り手が加わった感じです!!!