ホーム マイアカウント お問い合わせ

楽天ペイ
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 43歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

クラビヤン マルヴァジーア エチケッタ・ビアンカ2016年 750ML

2,962円(税219円)

定価 3,456円(税256円)
販売価格 2,962円(税219円)
在庫数 1本
購入数
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


クラビヤン
マルヴァジーア エチケッタ・ビアンカ2016年です!!!

来ました!
相模屋本店様よりのワイン
気になっていたのはだいぶ前からですが
なかなかつながらずでも
やっぱり気になって
地元の飲食店様でも
相模屋さんのワインは良心的な価格中身も良質なもの多いと聞いておりましたし
気になるな〜と
ぜひとの声もいただき
そんな中あるインポーター様より移籍した方が
実は当店のすぐ近くのかただったりとなんか運命的な出会いとか
そんなのもフェスティヴァンみちのくが繋げてくれた出会いなわけで
これはもう行くしかない!と
実は当店はじょじょにお取扱いワインなどお取引インポーター様なども
絞る傾向になる中ですが
新規お取引です!

ということで
先行して年末にご紹介した
コル・タマリエ
ヴィーノ・フリッツァンテ
入荷本数も少なかったのですが瞬間的になくなってしまいました。
また1月末ころに再入荷あるようで
楽しみ〜!
ということで
その他のワイン実は今回初めてでもあり
何も知らないので
インポーター様おすすめを
6種類お送りいただきそれをこの年末年始楽しみました。
全般的にですが
やっぱりインポーター様の色って確実にあると感じます。
今のところまだ少量ですので
あとフェスティヴァンみちのくで飲んだワインなどなど
その中で感じるのは
”実直”
そして
飲みごろ見ながらのリリースなどもあるようで
その安定感
そして
何より”コスパの高さ!”
ワインによってはけっこう踏み込んだナチュラルワインもけっこうあるようですが
それでもちゃんと相模屋本店様のガイドライン的なものがあるのではと
思うところです。
正直どれ飲んでも美味しく旨味が素朴に素直に感じられるワインばかり
しかも価格も三千円前後とか二千円前半でもあるから
これはいろいろ飲みたくなってしまいますね
でも勇んでたくさんお取扱いしてもなんだかわからないままにお伝えすることになりそうなので
まずは少しずつということで
今回二種類ご紹介です。

この年末年始に飲んだ相模屋本店様のワインから
これは
入荷後ボトルなど見ていて驚き!?なワイン
白ですが・・・アルコール15%!?
ビックリですが
当店のワインではあんまりお目にかかれない15%なので
ちょっと気になっていたワイン
そして飲んでさらに驚きです。

まず造り手
クラビヤン
スロヴェニアのワインです。
当店でもスロヴェニアのワイン
モヴィアありますが
とんでもない個性圧倒的な存在感放つワインで人気ワイン
ヴィナイオータ様のスロヴェニアワインも
なかなかにすごいワインで
スロヴェニアのワイン今後も要注目ですね
そしてこのクラビヤン
こちらも負けてはいません。
1700年代からこの地で農業を続けてきたクラビヤン家とのこと
この地では
ブドウ植えてから15年はワインにせずに売ってしまうそうです。
これはモヴィアでもありましたが
伝統的にそんな感じなのでしょうか
若木の段階ではやはりその葡萄ではワインは造らない
しっかりと成熟したブドウ樹からのブドウでしかワインは造らないというこだわりよう
ほんとうの自然農法やるには20年かかるとの考えもあるようで
現代においての農業とは全く違う
しっかりと土壌、気候風土
作物の声をきき長い年月かけて作り上げるワインのようです。
そんなクラビヤン家の大事なワイン
品種はマルヴァジーア・イストリアーナ
初めよく知らずに
ふ〜ん
マルヴァジーアと
イストリアーナという二つの品種で造っているのね・・・とか思っておりましたが
マルヴァジーア・イストリアーナという品種なんですね
通常のマルヴァジーアよりも貴重な葡萄のようで
イタリアですとフリウーリなどでもあるようです。
糖度が高くアルコール度数も上がる品種のようで
それでこの15%という白ワインが生まれるわけですね
期待を胸にグラスに注ぐと
色調は・・・・濃厚!
少々のマセラシオンも入るようですが
黄色よりも茶系に近いくらいの濃度ある液体
エキスはねっとり
香り南国がいきなり広がるそしてオイリーさありぺトロール香まで
リースリングのグランクリュかと
蜜系も凄い
でもやっちゃった感あるワインではなく
ちゃんとその高次元でもバランスある
味わいも酸がしっかりある
これだけのアルコールや濃密な旨味でも
酸がちゃんと主張ありまとまりコク深くそれでいてドライさもちゃんと感じさせる
そのままの流れで
ドライフルーツも出てくる口中で駅sが余りあるほどに
ボリューミーで旨味があふれる
角は丸く抱かれる感覚ありながら
官能的な表現へと繋がるそれでいてくどくない!
二杯三杯と飲めてしまうバランス感覚もあるからいいですね
なんだって
相模屋本店様その線がしっかりとあってその中で
セレクトされたワイン
それも良質で良心的な価格
見つけ出す選択眼も素晴らしいのではと思います。