ホーム マイアカウント お問い合わせ

楽天ペイ
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 42歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

ブノワ・ライエ ブリュット・ナチュール グランクリュNV 750ML

7,221円(税535円)

定価 8,424円(税624円)
販売価格 7,221円(税535円)
在庫数 3本
購入数
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


ブノワ・ライエ
ブリュット・ナチュール グランクリュNVです!

ブノワ・ライエの貴重な限定キュヴェが入荷です!
すぐに飲むのはちょっともったいないので

それに合わせて
以前入荷のブノワ・ライエテイスティングいたしました。
ブリュット・ナチュレッサンスNVのテイスティングの様子です。

デゴルジュマン2014年5月
ノンヴィンテージものですが
2012年になるようです。

今回ブノワ・ライエの限定キュヴェ入荷に伴い
2018年6月テイスティングいたしました。

その様子ですが
デゴルジュマンのあとどのくらいで飲むのが適当なのか
なかなか難しい問題かと思います。
実際ノンヴィンテージものの場合
デゴルジュマンが記載あるものは良いのですが
それすらないものは何年経過しているかそれを探るのは難しくなります。
今回はデゴルジュマンが記載あるもの
あるものだとしても
なかなかに難しい問題ですね
デゴルジュマンして数か月落ち着いたらもう飲みごろという考えもあるようですが
やはり早い段階ではまだまだ落ち着きという点では足りないかと思います。
もちろんそれぞれのシャンパーニュの仕上げ方ポテンシャルそれぞれ
によって違いが出てくるので
出た時が飲みごろというものもあるかと思います。
今回ブノワ・ライエ ブリュット・ナチュレッサンスNV
デゴルジュマンが2014年5月ですので
今で丸4年の歳月経過したものとなります。

個人的には好きなタイミングとも感じました。
一般的にはもう少し早め3年程度が良いのかもしれませんが
重厚さや重心さがりドライフルーツ感などもあるこの段階
個人的な飲みごろでありこのまま数年続くのかなと思います。
その様子ですが
抜栓してグラスに注ぐとまず一度泡は大きく弾けます。
グラス1/3を占めるかと思うほどのボリューム出てその後引いていきます。
その後はグラスの中でプツプツと立ち上がる泡は
穏やかに少しずつ長い眠りから目を覚ますかのような感覚
そのまま閉じてしまうのではと心配もありましたが
口中に入ると一気に息を吹き返すかのごとく広がります。
香りはほんのりバニラ系溶け込む液体
クリーミーで洋梨のやわらかで熟したもの
柑橘も熟れて蜜のような
どれもが丸みありそれぞれ複雑に絡み合い調和する
口中でのふくらみ泡のボリューム感それらに要素が溶け込み
酸がまだまだ健在まだまだ若さも感じる
でも果実感は熟成進みドライフルーツがリッチに香る
若い段階と比べ確実にまったりと優しく
でも枯れた印象ではなく泡や酸は生き生きとしているので
飲みごろを過ぎた感じは全然ない
まだ持続性あると感じる骨格はしっかりとありそれだけに凝縮感あるポテンシャルの高い
ものを造り上げたからと感じます。

改めてブノワ・ライエの素晴らしさに触れた気がいたします。

ということで今回テイスティングの様子でした。
ノンヴィンですが2012年ものでデゴルジュマンが2014年5月
その頃から着実に進化し続けていると思います。
今回リリースのシャンパーニュ
今回の感じからすると
まだまだ先に楽しんでいただきたい
そんな気がいたしますが
とにかくブノワ・ライエ
スタンダードキュヴェでも数が少ないご紹介できるシャンパーニュ
それぞれ少量です。

今回ご紹介のブノワ・ライエですが

○ブリュット・ナチュール グランクリュNV
以前は今回ご紹介のナチュレッサンスやブリュット・ナチュール、ブリュット・エッセンシエルなど
ございましたが
今はブリュット・ナチュール グランクリュに統一となったのかなと思います。
ブノワ・ライエのスタンダードでありながら
この時点でも十分な骨格ピノノワールの奥深さと強さも兼ね備えるキュヴェですね

葡萄品種 ピノノワール90% シャルドネ10%

デゴルジュマン 2017年12月

○エクストラブリュット ブラン・ド・ノワール
ブノワ・ライエのブラン・ド・ノワールということで
ピノノワール100%
ブノワ・ライエといえばピノノワール!とイメージしますが
それを存分に味わえるキュヴェですね

葡萄品種 ピノノワール

デゴルジュマン 2018年1月

○エクストラブリュット ロゼ・ド・マセラシオンNV(2015年)
ブノワ・ライエの唯一のロゼですかね
以前飲んだ経験ありますがスリガラスのようなボトルでジャック・セロスでも言われることですが
ロゼは特に光に敏感だとか
それもありこういった瓶となっているのではと思います。
ロゼらしいアロマティックさにもスパイシーな感覚もありドライで石英のような冷たいミネラル感じる
ロゼでした。

葡萄品種 ピノノワール

デゴルジュマン 2017年11月

○ブリュット・ナチュール ヴィオレーヌ サンスフル・アジュテNV(2013年)
ブノワ・ライエのシャンパーニュ
今までは素晴らしくともどこか骨太でやや洗練さという点では
エルヴェ・ジェスタンはじめその関係のシャンパーニュの中で足りない部分あるのかなとか
失礼ながら感じていたものが
このヴィオレーヌを飲んで
間違っていたとも感じたキュヴェ
さらに焦点定まり集中するエキス感に広がりを見せる美しいスケール感あるキュヴェ
このヴィオレーヌは私の中でも特別な存在のシャンパーニュでもあります。

葡萄品種 ピノノワール50% シャルドネ50%

デゴルジュマン 2017年 11月

○ブリュット・ナチュール ル・ジャルダン・ド・ラ・グロス・ピエールNV(2013年)

今回初めて目にする貴重な貴重なシャンパーニュ
ブドウ品種は
ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、ピノ・ブラン、シャルドネ、アルバンヌ、プティ・メリエ他 
とのことで
たくさんの品種入っておりますが古代品種などもあるようで
生産量も1600本程度とかでとにかく貴重な存在
味わいは・・・もちろん飲めるはずもなく
4,5年残っていたらもちろん飲みます。
ブリュットナチュールということでヴィオレーヌ同様にノンドセで酸化防止剤も無添加らしいですね
ブノワ・ライエの中でもそれだけの仕上げをしてくるということは
どこまでも純粋性を求め仕上げた1本
古代品種なども使うあたり
まさに古き良き時代の再現を試みているのか・・・
どんな世界が広がるのか
飲んだ方にしかわからない世界ですね

デゴルジュマン 2018年1月

以上となります。
よろしくお願いいたします。



以下2016年デゴルジュマン分ご紹介分
ブノワ・ライエ
ブリュット・ナチュール・グランクリュNVです。

前回ご紹介のものは
デゴルジュマン
2012年8月8日
そして今回新物入荷です。

デゴルジュマンは2016年12月
現在2017年7月ですので
リリースしたてですね

ブノワ・ライエのシャンパーニュ
もともとが鳴り物入りそんな印象ある造り手でしたが
エルヴェ・ジェスタンとの関係などもあり
年々その品質は高くなり
純粋性まし
その中でブジーのピノノワール
そこの表現に間違いなく進化が見られるシャンパーニュではと思います。
貴重なシャンパーニュですので
そうそういろいろと飲めるわけないのですが

数年のうちに私のほうでもタイミングや試飲会でのテイスティングなど
少しずつブノワ・ライエという存在に近づきつつあるように思えます。
初めで出会ったブノワ・ライエのシャンパーニュ
ピノノワールの比率高くその分骨格もしっかりとしたものですが
その中でどこか表現に男性的なものを感じていたのですが
それはいまだに変わらない気がいたします。
シャンパーニュの場合どちらというと女性的な表現そういった表現がしっくりくる
そんな洗練されたシャンパーニュ多いように思えますが
ブノワ・ライエのシャンパーニュは
ややイメージが違いました。
あるシャンパーニュ好きなお客様にもブノワ・ライエ飲んでいただいたときには
その個性に何か今までとは違った印象を持たれたようで
その個性好んでいただきました。
そしてその後
参考出品で出ていたヴィオレーヌをテイスティングした際には
そのブノワ・ライエの延長線上にある手中力と美しさ
どんどん純粋性を増していく姿
それに接する喜びを感じたものでありました。

そして今回
ブノワ・ライエの新着
限定数量での割り当ていただけました。
今回はスタンダードなものだけではなく
たくさんの種類を貴重なものまでお分けいただけました。

ただやはり飲むには本当にもったいなく
今回は
以前入荷の際の
ブリュット・ナチュール グランクリュNV
テイスティングとなりました。

デゴルジュマンは2012年8月8日のものです。
その様子ですが
ラシーヌさんのというかエルヴェ・ジェスタン関係するもの
いやいや
ピノノワール中心の真の魅力伝えるシャンパーニュに
なんとなく共通する色みそして訴えかけるニュアンスなのですが
白でも赤みの刺すもの
熟成も少しずつ進み黄色も若干の濃さを増しているそんな印象ですが
香りは干し葡萄そして穏やかな酸化的なニュアンスも含み
全体を通して極ドライ
その中で空気に触れることでポワンとマンダリンのような
甘く熟したニュアンスがポッと出たり
そして明るい表情がふわっとでたり面白いですね
泡が穏やかにでも力強く立ち上ります。
以前エッセンシエル飲んだ時はリリースしてすぐの段階で
より白を基調とした印象持っておりましたが
断然ピノの果皮が熟れて溶けだしたような
印象出てまいります。
その先にはブランデーのような感覚より深く
そして落ち着きがでておりまったりとした印象
その中でシャンパーニュの良さが伝わる上質な白ワイン飲んでいる感覚をうけるのですね
酸度はしっかりとありどんどん重心下がる感じでコク深さもある
ブノワ・ライエのスタンダードキュヴェでありますが
シャンパーニュで感じるこのナチュラル感
刻々と変化する表情も楽しめる上質なシャンパーニュであり
純粋な美味しさを楽しめる貴重な存在です。

画像はデゴルジュマン2012年8月8日のものになります。

ということで
こちらの印象が
デゴルジュマン2012年8月8日のもので
テイスティングが2017年7月です
熟成まだまだ成長する余地があると思いますが
程よく重心下がりより表現にまとまりが出てきていると感じます。

今回デゴルジュマン2016年12月のもの
単純に今回飲んだものから
4年後のものです。
それだけ新しくフレッシュな感覚はあると思いますが
それ以上に
その4年の間にさらなる進化を遂げたブノワ・ライエのシャンパーニュ
あると思います。
また数年後このシャンパーニュ飲んでみたいですね




以下前回ご紹介時文章

ブノワ・ライエであります。
インポーターラシーヌ様からの供給でありますが
もうだいぶ前から注目されている生産者であり
インポーター様の毎月の情報の中でも
その注目度の高さ本当に伝わるご紹介などありました・・・が!

実際にオンリストされることはなく
やはり
回っては来ないのね・・・とちょっと残念に思っておりました。

その後フルーリー、そしてエルヴェ・ジェスタンなど
ご紹介になり
自ずとエルヴェ・ジェスタンの関係生産者
コンサルタント契約結んでいる生産者の情報知ることとなり
ワイナートの中でも
もっとも初めにご紹介されているのがこのブノワ・ライエでありました。

その中でご紹介の内容
非常に興味深いものであります。
ダメ元でお問い合わせするとなんと諸条件はあるものの
お分けいただけることと
そして今回初入荷となりました。

ブノワ・ライエはブジーの生産者であり
ブジーといえばピノノワール
そうもっともパワフルなピノノワールを産する重要な地域となっております。
その地域のピノをふんだんに使い
ブランクリュ・ブジーの素晴らしいシャンパーニュ生み出す重要生産者であります。
そして2006年前後からエルヴェ・ジェスタンのコンサルタントのもと
飛躍的にピュアでバランスの良いそしてブジーのピノを十分に引き出した
シャンパーニュへと進化している
そういわれております。
今回当店は初入荷ですのでその過程見ることは叶いませんが
今回テイスティングしてそのすごさ感じることできました。
エルヴェ・ジェスタンからの手法を取り入れ
SO2の無添加または極少量の使用での仕上げが可能となり
まさしく生きたシャンパーニュとなっております。

今回二種入荷で
ブリュット・ナチュール・グランクリュNV
そして
ブリュット・エッセンシエル・グランクリュNVであります。
今回は
ブリュット・エッセンシエル・グランクリュNVテイスティングいたしました。
まずこれだけ注目度高い生産者でありながら
価格が良心的に収まっていることここは素晴らしいことであります。

エチケットは意外にシンプルで白基調で品がある感じ
抜栓してグラスに注ぐと
色はその葡萄比率あらわすようにブジーのピノ連想するような
濃いめで赤混じり
ちなみに
ピノノワール90%!シャルドネ10%であります。
気泡はきめ細かく繊細でも力強い
香りはリンゴ、梨の熟れたものにブリオッシュなど香ばしく
ほんのりシェリーっぽい古樽の香りが複雑性を与える
密度感高い黒葡萄のニュアンス奥に鎮座し基本は羽が生えたように軽く
重さと軽さが同居するような不思議な感じ
そしてピュアなエネルギーなたっぷりとつまっている
味わいも同じく
口中で液体が泡化しフルボリュームに広がるそしてコクがギュッとグリップ感あり
でも重くないんです
エレガントにでも多重的な旨味が存在し
重いようで一気に抜けるなんですか?これ
そして体中を清涼感が駆け抜け
でも余韻がしっかりと長く残る

今回のブノワ・ライエ
すごくコンディションが良い状態だったと思います。
ラシーヌさんに入荷は今年の2月頃だったと聞いておりますので
すでに10か月ほど落ち着いた状態
ですのでそのピュアな透明感軽やかでエレガントでもブジーのピノの力強さと複雑性がちゃんと明確に表現されている
すごいシャンパーニュでありました。
今年このブノワ・ライエ飲むことでき
シャンパーニュに対する考え新たになったような気がいたします。
貴重なキュヴェであります。
申し訳ありませんが御一人様2本までとさせていただきます。