ホーム マイアカウント お問い合わせ

楽天ペイ
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 42歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

ピエール=オリヴィエ・ボノーム トゥーレーヌ・ブラン ヴァンクゥール・ヴァンキュ2016年 750ML

2,314円(税171円)

定価 2,916円(税216円)
販売価格 2,314円(税171円)
在庫数 在庫 0 本 品切れ中
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


ピエール=オリヴィエ・ボノーム
トゥーレーヌ・ブラン ヴァンクゥール・ヴァンキュ2016年です!

久しぶりのお取扱いとなった
ヴァンキュです!
今回2016年の赤、白ご紹介です。
ピュズラからネゴスのほうを任された
ピエール=オリヴィエ・ボノーム
すでに自身のスタイルを造り上げ進んでおりますね
2017年は新酒復活で
ピエール=オリヴィエ・ボノームの
ヴァンヌーヴォー2017年も飲みましたが
このまったりそしてジューシーな果実感
落ち着きと落としどころが決まりつつあるような感覚でありました。

そんなピエール=オリヴィエ・ボノームの
定番のヴァンキュ
赤、白ですがどちらも2016年で
久しぶりに両ワイン飲みました。

まさにヴァンキュな味わいで
さらにこうも予想通りに表現出てくると楽しいというかうれしく
さらに安心する
そんな気がいたします。

これこそデイリーナチュールですね
新しい生産者
そして
新しいワイン
そして
新しい産地
確かに興味湧く存在ではありますが
そればかりを追い求めていては意味がないようにも思える時があります。
確かに販売する立場からすると新しいものや
注目集まるものばかり追い求めてご紹介することで
販売にもつながるしお客様もそこに興味が行きそうなところですが

ワインって趣向品
そんな中、自分の好みに合うワイン
デイリーで相性の良いワイン
季節に合わせて相性の良いワイン
ご贈答用のワイン
ちょっと特別な時のワイン
そのへん自分の身近なところでわかることが大事で
それのためのワインの旅ではと
もちろん年を重ねていくことで趣向の変化もあり
それに合わせてじょじょに変化していける程度のものがあれば
満足となるような気がいたします。。。が
時代はそうはならないですよね
販売している側ももっと余裕を持ったり
煽るようなことせずにワインを伝えていくことできれば最高なんでしょうね
自分でできていないところ反省しながら来年の抱負に変えていきたいとも思います。

とちょっと脱線しましたが
想像に寄り添ってくれるから
驚きはないかもしれません
でもそんな期待するものがちゃんと伝えてくれるそんなワイン
大事ですね

ヴァンキュ白2016年
クリアーな液体レモンイエローの健全なまさにソーヴィニヨン酒的な
香りもそのまま
柑橘系が優しくでも溌剌と広がり
金木犀のようなそしてどこかバニラっぽさが奥にあるような
そして中心はドライな蜜系ですね
質感はなめらかにスムースに口中へと流れ酸もやんわりそしてスッキリ
酸の出方がまさにヴァンキュ的な
開けたてはやはり少しシャットするような酸があり
でもエキスの丸みが増していくことで酸の感じ方もだんだんと穏やかになり
まったりと飲み進められてしまう
飲むごとに馴染んでいくそんなソーヴィニヨンですね

そして
ヴァンキュ赤2016年

白のヴァンキュは2014年もお取扱いしておりますが
赤のヴァンキュはほんと久しぶりのようです。
グラスに注ぐと赤紫の健全さ伝わるもの
そして程よく還元
ってそんな言葉ありませんが
これもいいのか悪いのか
イヤ正しくは無い方が良いとは思いますがほんのりの還元香は逆にちょっと
嬉しかったりして・・・
そしてその後はシンプルでシャキッとしたナチュラル感
少しの青い感じもより若々しさにつながる
ザクロっぽさとかスミレそして胸の透くようなメントール感
そして生ぶどう感
香りは若々しく冷涼感あるので味わいも少し厳しめかと思いきや
けっこうふっくら果実が口中で広がる
やんわり、ドライでもほんのり甘いエキス感もそしてほろ苦さも
まったくへんに造りこんでいない感じが好印象
定番のナチュラル感ですね
安心する

白も赤も一見すると普通のナチュール的な美味しさ
でも飲むごとに馴染んでいく
そしてこの安心感
定番と言われる由縁でもあり
細やかな表現も増している感あります。
腕を上げた?

かわいいおしりのような
ダブルハートマーク印象的な
POPでキュートなヴァンキュ
ナチュラルワイン好きな方への贈り物にも最高ですね


以下インポーター様情報
ヴァンキュ白2016年
品種 ソーヴィニヨンブラン100%

テイスティングコメント
アプリコット、ネクタリン、ミカン、アカシア、アーモンドの花、クレソンの香り。ワインはフレッシュ&フルーティーで白い果実にボリュームと広がりがあり、後から心地良いミネラルの苦味と強かな酸が複雑に合い舞う!

ちなみに!
収穫日は9月24日、25日。2016年は霜の被害で収量は20 hL/ha!残糖は1.5 g/L。買いブドウはビオディナミ栽培者ブリュノ・アリオンとアラン・コクトーから!SO2は瓶詰め時に20 mg/L添加。軽くフィルター有り。

ヴァンキュ赤2016年

品種 ガメイ70%カベルネフラン30%

テイスティングコメント
グリオット、ダークチェリー、グミ、イチゴのジャム、スミレ、セージの香り。ワインは芳醇かつ滑らかで、旨味の凝縮した柔らかな果実味とやさしいタンニンが同調し口の中に染み入る!

ちなみに!
収穫日は10月3日。収量はガメイが30h/ha、カベルネフランが20hl/ha。100%マセラシオンカルボニック!買ブドウはガメイがアラン・コクトー、カベルネフランがドルレアンから!SO2は瓶詰め時に10/L添加。ノンフィルター!





以下2014年ご紹介文

ピエール=オリヴィエ・ボノーム
トゥーレーヌ・ヴァンクゥール ヴァンキュ2014年入荷です!

今までピュズラ=ボノームで御馴染みの
ヴァンキュ
ダブルハートのなんともキャッチーでPOPなエチケット
なんとなくこのワインが存在するだけで
楽しくなるそんな定番ロワールではと思います。

その2014年入荷で
この2014年から
ティエリー・ピュズラの名前外れて
ピエール=オリヴィエ・ボノーム名義となります。

昨年末のピエール=オリヴィエ・ボノーム
ヴァンヌーヴォー・ブラン2014年
ピエール=オリヴィエ・ボノーム名義での初リリースとなり
2014年はロワールもいいんでしょうね
あのたっぷりと存在する果実味であふれんばかりのボリューム感
それとソーヴィニヨンのシャキシャキの感じが
フレッシュで
新酒らしさありもったりとジューシーな果実味と
いい感じでありました。

リリースの時は正直
やや緩い!?と思う感覚あり
ピュズラから独り立ちしたことでそこまで攻めきれなかったのかと思うところも
ありましたが
2014年というビンテージの影響もあり
そして先日2015年6月3日にテイスティングした
ピエール=オリヴィエ・ボノームのヴァンヌーヴォーブラン2014年
これが落ち着きを見せ
もとからある果実味のボリューム感はそのままに残糖がより収まり
キレが出てソーヴィニヨンのスッキリ感も感じるほどに
旨味はたっぷりとありながらもより集中してまとまりがでてきておりました。
この暑くなってきた時期に最高のワインとなっておりました。

そんな2014年
そのヴァンキュであります。

美味しくないわけがない!

4月頃もヴァンキュ2013年飲みましたが
2013年はビンテージのより酸が感じるタイプでソーヴィニヨンのさっぱりと
楽しめるヴァンキュ
キラリと光るミネラル感なども健在でドライなヴァンキュ
それも美味しかったですね
清涼感あるワインでしょうか

そしてこの2014年
まだ到着したてで未テイスティングとなりますが
時期を見て楽しんでみたいと思います。

以下インポーター様情報
テイスティングコメント
黄桃、ミカンのコンポート、青いアーモンド、西洋ニワトコの香り。ワインはピュアかつ爽やかで、白い果実のジュースのような優しい甘さと優しい酸、ほのかなミネラルの苦みが口の中にきれいに広がる!

収穫日は9月21日,22日。収量は30hL/ha。残糖は4 g/L!買いブドウはブリュノ・アリオンとアラン・コクトーから!SO2は瓶詰め時に10 mg/L添加。再発酵防止のために少し強めにフィルターをかけている。