ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 41歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

ラ・グランド・コリーヌ ル・カノン ヴィオニエ2013年 500ML

3,333円(税247円)

定価 3,888円(税288円)
販売価格 3,333円(税247円)
在庫数 在庫 0 本 品切れ中
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


ラ・グランド・コリーヌ
ル・カノン ヴィオニエ2013年500ML
新ビンテージです!

大岡さんの定番中の定番ワイン
ル・カノンシリーズ
2016年です。
前回良年2015年これはまたビンテージの影響もあり
芯の太いしっかり果実味
男っぽいナチュラルワインでしたね
時間の経過とともに色っぽさも出てきそうなそんな奥深さあるワインでした。
一年経過して
今どうなっているのか非常に楽しみなワインですが
今回再入荷で最後の入荷ともなっております。

そして新ビンテージ2016年ですが
リリースしたてではありますが
ル・カノン赤のほう
なんというか体が欲しているそんな感じで誘われるままに
飲んでしまいました。

2015年は今までのル・カノン赤の中でも
凝縮感ある果実味より大人っぽい仕上がりでしたが
今回はル・カノンらしい仕上がり
紫リキュールのようなそして花もスミレ系キュ〜っと凝縮する赤
ピュアな果実味中心というか
そのまんま果実感
もぎたて果実そのままな感じのル・カノン赤
たぶん大岡さんのル・カノン好きなかたは
イメージどおりのワインとなっているかと思います。
到着したてのやや荒れたところもありますが
なんか関係なく飲めてしまう感じで
開けたてでも不安定さはなくネガティヴな印象はほぼ皆無
気軽に飲めるしピュアな果実味は凝縮しているし
ストレートに楽しめる大岡さんワインですね

葡萄品種 グルナッシュ55%シラー35%メルロー10%

大岡さんのコメントからも
カノンらしいと言っておりますし
リリースしたてのフレッシュなル・カノン楽しんでいただきたいと思います。

「大岡さんより」
2016年は冬が温かく、芽吹きも早かったです。春は天気が良く順調でしたが、6月に入ってから雨が多く
気温も下がり病気に悩まされました。8月から天候が持ち直し、葡萄は健全な状態で収穫できました。
平均的な良い年だと思います。
葡萄を房ごとタンクに入れ5日間そのまま置いておきます。その後タンクに入って足で踏み、毎日一回ピジャ
ージュ。
二週間ほどでワインをプレスし、そのままタンクで熟成させて3月末に瓶詰。
カノンらしい年です。果実味が多く、飲みやすく気軽に楽しんで頂けると思います。


今回入荷のワイン
ラ・グランド・コリーヌ
○ル・カノン赤2015年(再入荷最終!)
○ル・カノン赤2016年 
○ル・カノン ロゼ2016年(ミュスカダンブール)
今回の2016年ロゼ
もちろんミュスカダンブールのロゼで
2016年のロゼ・プリムールも大岡さんのロゼ・プリムールらしい仕上がりのワインでした
このロゼも絶期待のワインですが

以下インポーター様情報です。
淡いサーモンピンクの色合いで、舌先に当たるピリッとしたガスがフレッシュさを感じさせます。
抜栓時やや香りは控えめながら、口に含むとほどよい甘さと桃やライチ、ピンクグレープフルーツなどのジュ
ーシーな
果実やバラのような華やかな香りが広がります。空気に触れ開いてくるとル・カノン・ロゼの代名詞と言える
ネクターの
様な香りは勿論、唯一無二のアロマティックさが増していき、味わいも深まります。しっかりとした酸があり
ますが果実味と
上手く溶け込んでおり、香りや果実味のボリュームを上手く整えている印象です。また、僅かにグレープフル
ーツのような
苦みなどもあり芳醇さだけではないスッキリとしたフィニッシュで、すっと喉を通ります。桃を食べた時のよ
うにジュワッと
広がる風味と仄かな甘みがあり、華やかな香りが鼻腔に抜け長い余韻を楽しめます。

○ル・カノン ヴィオニエ2013年500ML
久しぶりの当店入荷となる貴重なキュヴェ
ル・カノン ヴィオニエです。
前回の入荷いつ頃だったかとひも解くと・・・なんと2010年ビンテージ!
その後タイミング悪く発注できなかったりと
もともと少量しかないワインなのですが
本当に久しぶりだったので
今回飲みました!
すんごいワインですね
2013年収量少なくなって500MLとなりましたが
それ以上もパフォーマンス見せてくれるワインでありました。
その様子ですが
言わずと知れた大岡さんの希少キュヴェ
2013年は収穫量が少なく500MLとなってしまったが、それ以上の魅力が詰まったワイン
グラスに注いだ色は
だいぶオレンジのニュアンス強く出たもので
でもけっこうクリアーさもある
昔のジューシーなヴィオニエではなく金柑、マンダリンが大人っぽく広がり飲むとナッティな重厚さも出てきて酸もしっかりと楽しめる奥深いヴィオニエとなっております。
温度高めでより魅力伝わります。
※嫁談話
飲み始めはフレッシュ。夏の始まりのような・・・これからたくさん楽しい事や
甘酸っぱい恋の予感。抜栓してしばらくたつと、夏の恋が終わって巣kし冷たい風が吹く初秋の味。
とのことです。

以下インポーター様情報
2013年は非常に収穫量が少なく1樽のみの醸造となったため、500mlとなっております。
黄金色のしっかりとした色調です。入荷時は果実の香りや味わいが控えめで、やや酸化的なニュアンスが感じ
られましたが、
約9ヶ月経過した今は、酸化的な印象は和らぎ、リンゴの蜜や熟した日本の梅を想わせる香りや果実味で膨らみ
のある味わい
を感じられるようになりました。1本芯の通ったようなシャープな酸ですが鋭角なものではなく、香りに似た梅
ジュースを
想わせる酸や甘みを楽しめます。一般的なヴィオニエをイメージする華やかな香りや甘さではなく、夏向きの
スッキリとした
辛口の仕上がりとなっております。セラーの温度帯(15℃位)でお楽しみ頂くと、このワインの良さがより引
き立つと思います。



○SJ(エス・ジェー)2013年(シラー)
上位キュヴェSJです。
このワインはかならず熟成して成長させてから飲みたいワインですね
ほんと驚きます。
しっとり感奥深く膨らむ果実味
上品ですばらしい高級感も出てくるワインなんですね
今回2013年も待ちたいですね

以下インポーター様情報
2011年よりサン・ジョセフのアペラシオンは取得せずVdFとなり、SJ(エス・ジェー)と言う名前へ変更となり
ました。
僅かにオレンジがかったガーネット色。サンジョセフらしいブラックオリーブやドライトマト、ドライプルー
ンなどの黒系果実の香りや
風味が感じられます。シラーと言えど重厚過ぎる印象ではなく、ミディアムタッチな口当たりでスムーズに喉
へと流れていきます。
酸が中心にある印象で、それを果実味やブラックオリーブなどの風味、繊細なタンニンなどの様々な要素が取
り囲んでいるように
感じられます。時間の経過でカカオやたばこ、ドライハーブなどの複雑さが顔を出し、口中に残る余韻は長く
なっていきます。
今後の熟成でより複雑さやエレガントさが一層増していくと思います。



そして・・・
極少量ですが
ル・カノン ヴィオニエ2010年
これに関しては当店保管ワインであります。
リリース当時は
残糖もあり非常に凝縮した果実感
バナナっぽさもあったり南国風果実のの楽しめる
ジューシーヴィオニエでした。
かなり完熟した果実収穫できたビンテージで
それが長期熟成で・・・正直
今どんな感じか見当もつきません。
リリース時は若干のガスもあったかと
それゆえの王冠だったと記憶しておりますが
一旦はボトル中でガス強くなったもの
また収まっているのではと思います。

以下2010年ご紹介文

大岡さんの造る
自然派ジューシーワイン!

そうみんな大好きなラ・グランド・コリーヌです。
そんな中でもひときわ人気なのが
やっぱりル・カノンシリーズ
いつも次ビンテージを待たずして
完売・完売のワインでありますが

当店でも赤、ロゼ、そして白のシャルドネなど
待っている方が多いワインであります。

でも白でもう一つ”ヴィオニエ”あるの知ってました?
大岡さんフリークの方々はご存知なのかと
思いますが
私も昨年の今ごろでしょうか
ヴィオニエなんてあるんだ〜!
大岡さんのヴィオニエだったら
こりゃ〜うめ〜べ〜!と思っておりましたが
なにやら限定キュヴェらしく
お問い合わせしたときには予約でいっぱい・・・

当店にくるものはありませんでした
ですので今回は

そろそろだよな〜

もうすぐかなぁ〜

とヴォルテックスさんの様子をうかがいながら
お問い合わせしては
まだです・・・

かなりうざい酒屋だったかもしれません。

でもその甲斐あってか
なんとか2010年ヴィオニエいただけることができました!

でも限定キュヴェということで
その他大岡さんのワイン同数くらい一緒に取る必要が
ありましたので
お客様にこれを強要することはできませんが
できるのであれば
今回ル・カノン 赤2010年も入荷しておりますので
そちらもご検討いただけると助かります。
他にもいろいろ大岡さんのワインございますので
ぜひよろしくお願いたします。

こちら到着後早速テイスティングしました!

もうのっけからジュワジュワネクターワイン!であります。
スッと伸びるヴィオニエの抜ける香が一層気分を盛り上げます。
そしてほんとに完熟葡萄ジュース飲んでいるかのような
感覚!
甘みもけっこう残っているので
インポーター様情報でも完熟葡萄が故、発酵も途中で止まったとかで
ということはアルコール低めなのかなと思いきや
ちゃんと13度あるし〜!

これ全部完全発酵したらいったい何度までいくのやら
それだけのピチピチ元気良さもありますし
色はオレンジがかったクリーミーな卵っぽい色!?
酸化的なものもあるのかなと
思いきや
全然ですし
また一つ大岡さんのワインで
こりゃ〜いいぞ〜!的なワインできたような気がします。

ぜひ!!!

抜栓時のご注意
こちらのワイン王冠です。
ロゼ・プリムール
ル・カノン シャルドネなどもそうですが
ガスがございます。
現状でまだそれほど強いわけではありませんが
今後少しずつ発酵していくとなるとガスも強くなる可能性がございます。
しっかりと冷やして静かにガスのあがり具合を見ながらの抜栓お願いいたします。

保管に関しても15度以下でとのことで
要冷蔵でもよいかと思います。


以下インポーター様情報

●2010年 ヴィオニエ  
葡萄を完熟で摘んだため、また例年どおり途中で発酵が止まってしまいました。 
そのときの残糖は11グラム。そのまま冬に瓶詰めをしました。  
この春、瓶の中で発酵が始まりちょうどよい炭酸と糖度のバランスになっております。
ワインが葡萄ジュースからできているということを再確認していただけると思います。
まだ発酵が続いておりますので温度管理には十分ご注意下さい。

★ヴィオニエの保管にご注意下さい!以下の内容は返品・赤伝対象になりません。
まだ発酵が続いておりますので温度管理(15度以下が理想です。)には十分ご注意下さ
い。残糖があり、酵母が生きているので時間の経過と共にガス圧がやや強くなります。
開栓時は、瓶を良く冷やし、栓を抜くときは瓶を斜めに傾けて吹きこぼれないように
ご注意下さい。