ホーム マイアカウント お問い合わせ

楽天ペイ
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 42歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

ヴァンサン・トリコ VdFエスカルゴ2015年 750ML

3,333円(税247円)

定価 3,888円(税288円)
販売価格 3,333円(税247円)
在庫数 在庫 0 本 品切れ中
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


ヴァンサン・トリコ
VdFエスカルゴ2015年です!!!

フランスはオーヴェルニュの造り手
1972年生まれの造り手ですのでまだまだ若いいやちょうど脂ののってきた造り手とでも
いいましょうか
オーヴェルニュのワイン
数年前より当店も注目しておりますが
ヴァンナチュール好きならば一度ははまる産地であり
はまったら最後なかなか抜け出ることができないワイン多くあると思います。
ブルゴーニュに近い産地ではありますが
歴史的に格付けとならない地域で
でも素晴らしいワイン産する地域であります。
そんな中の造り手ヴァンサン・トリコですが
以前飲んだ
ガメイそれもシュールでドライ
ボージョレとはまた違ったミネラル感が硬質に表現され
出汁系の旨味潔い果実の表現と
好感もてるもの
その後トワ・ボンノムなどそのナチュールにおけるセンスの良さ
感じる滋味深さや薄旨系のワインに
心奪われるものでありました。

今回はシャルドネ100%の白
しかもヴァンサン・トリコの限定キュヴェであります。
本数も限られるので飲めませんが
SO2無添加仕上げで
南国風の果実のニュアンスもあり
酸度そしてオーヴェルニュらしいミネラルがしっかりと表現されるワインとのこと
そしてもちろんヴァンサン・トリコらしいナチュラルな風味たっぷりとのことです。
ぜひ試してみたいワインですね

以下インポーター様情報
標高450m の粘土石灰土壌に植わるシャルドネをゆっくりとプレス
しステンレスタンクで低温発酵した後、古樽で発酵熟成しSO2 無添
加で瓶詰めしました。黄緑を帯びたレモンイエローの色調にマス
カットやパイナップルの香りを感じます。少し粘性を感じる口あたり
で穏やかながら凝縮感のある酸とミネラル、すべてのエッセンスが
溶け込むナチュールの醍醐味がふんだんに詰まった逸品です。

熟成 古樽で8 ヶ月熟成
無濾過・無清澄

SO2 無添加 トータル:15mg未満

シャルドネ100%

こちらのワイン少量入荷となります。
御一人様1本限りでよろしくお願いいたします。



以下レ・プティット・フルール2014年ご紹介文

ヴァンサン・トリコ
レ・プティット・フルール2014年です!

今回当店としては珍しくある程度価格を意識したセール価格での
ご紹介となります。
ちょうどこの時期年度末近くなりいろんなセールワインでることありますね
最近お手頃価格のワインも少なくなり
ちょうど良いタイミングでお試しできるそんなワインがたくさんご紹介いただきました。
ぜひこの機会にご検討ください。

ということで価格も少し追求していきたいということで
未テイスティングとなります・・・
と言っておきながら・・・
飲んじゃいました!

そして正直このナチュラル感あるワイン
とてもセール価格でお出ししたくない・・・そんな感覚のワイン
まさにヴァン・ド・ソワフ的な
エアリーで軽やか透明感ある赤
注目のワイン産地
オーヴェルニュの赤です。

注目っていってもワインの試験に出てくるような
フランスの主要産地にも入っていないオーヴェルニュ地方
歴史的にブルゴーニュの近くで
格付けも無くワイン造っても安くしか売れないそんな時代があったのでしょうね
でもここのワインほんと素晴らしいワイン多いですね
そんなオーヴェルニュのワイン
ほとんど無添加で仕込まれるヴァンサン・トリコのワイン
今回は
ガメイ・ドーヴェルニュ100%で仕込まれる赤

セール価格だすのに飲んじゃってあんまり意味ないようで
でもやっぱり飲むとそして美味しいと嬉しくなりますね
その様子ですが
ほんとは画像ボトル画像とテイスティングしたグラスの画像載せているのですが
気が付くと一本かるく行けちゃうワインで
気が付くとグラスに注いだ画像とる前に飲みきっていた!という・・・
なんともプロ意識の低さ・・・
たんなる呑兵衛ではないかと

でもそんなワインなんです。
凄いワインじゃないけどこの染み渡る感覚
透明感そしてクリアーでほどよい冷涼感そして大地香
アセロラな感じのほんのり甘さそしてミネラル感適度にカッチリもあり
いいですね
でも開けたてはけっこう還元香ありますので
空気に触れさすか少しじっくりと待ってあげてくださいね
私は関係なくそのまんま飲んじゃいますが
赤い花のふわ〜っとスイ〜っと甘〜かる〜
喉の渇きいやすためのワインとして抜群ですね

こんなワインぜひ常備したいそんな気がいたします。

以下インポーター様情報
ガメイドーヴェルニュ100%

樹齢45年のガメイ・ドーヴェルニュをセミマセラシオンカルボニック
で醸し、グラスファイバータンクで発酵後600Lの古樽で5ヶ月熟成、
SO2無添加で瓶詰めしました。やや濃い赤紫色、若干還元的な
ニュアンスはありますが、少し時間を置くと飛び、後からはブルーベ
リーやトリュフの香りが拡がります。シルキーな口当たり、目の詰
まった果実の旨みが酸の中に綺麗に溶け込んでいます。



Domaine Peyra、Pierre Beauger氏らの出現によって見直されてきたAuvergne地方。
 シラクの生まれ故郷、フランスの丁度真ん中に位置するクレモンフェラーの南に広がり、昔はブドウ畑が沢山広がっておりましたが、ワイン造りをやめ
る醸造家が多い地方なのでした。何故ならフランスではまだまだワインに対する考え方が保守的で、御存知この地のワインはどんなに頑張っても
INAOの法規上、VDQS以上にはなれませんでした。けれどもこの地の可能性を求めてやってきた、新しい造り主はそんなの関係ないさ!と言っての
け、Table Wineに落としてまで、自分のワイン造りを始め、今密かなブームと注目を浴び始めております。
 ヴァンサン・トリコは1972年生まれの若き醸造家。南仏でワインを11年造っておりましたが、いよいよ独立の時期が到来、しかし選んだ地は奥様の
実家の近くオーヴェルニュ地方でした。何とまー奇特な方でしょう。しかしそれは彼にとってChance到来の選択です。この地で長い間(1971年〜)無
農薬で畑を守っていた、Claude Prugnard氏の所でお手伝いをし、彼もそろそろ年齢的理由で引退を決心。彼の子供がワイン造りに興味はなく、
残念ながら畑を手放なさなければならなくなりました。しかし最後に彼のワイン造りを手伝ったヴァンサンの情熱に惚れ、彼に畑とシェ(醸造所)を譲り
ました。2000 〜 2002年は金銭的理由で借りておりましたが、2003年に購入、名実ともにオーナーとなり自分のワインを造り始めました。
 畑は全部で4.6ha、内訳は3.3haのGamay、0.7haのChardonnay、そして何と0.6haのPinot Noirなのであります。昔この地では沢山のPinot Noirが
植わっておりましたが、近くのBourgogneの関係で泣く泣くブドウの木を抜かなくてはならないほど、経済的ダメージを受けたこの地で、頑なに守られて
きたPinot Noir。私だって喉から手が出るほど欲しい畑です。彼も同じ意見で、これからもっとPinot Noirを植えていきたい!と夢を語っておりました。
 どうして大変なBIOを選んだのですか?との問いに自然が大好きだからと…。
 皆BIOの実践者は同じような答えが返ってきます。意地悪な私は「女性は都会が好きだけど奥様の反対はなかったですか?」との問いに、彼女の
お父様もボージョレでネゴシアンをしていたから、田舎暮しやワインへの理解は大丈夫です。と仲の良い御夫婦です。
 醸造的には実は辛口の私はまだまだ納得してませんが、将来性あふれる醸造家、彼の今後の活躍に期待したいと思います。