ホーム マイアカウント お問い合わせ

楽天ペイ
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 42歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

ドメーヌ・ピエール・ボージェ VdFロットン・ハイウェイ2015年 750ML

11,109円(税823円)

定価 12,960円(税960円)
販売価格 11,109円(税823円)
在庫数 在庫 0 本 品切れ中
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


ドメーヌ・ピエール・ボージェ
VdFロットン・ハイウェイ2015年です!!!

またまた拝むことができた貴重な貴重なキュヴェ
フランスはオーヴェルニュの伝説的な造り手ですね
あんまり煽っても数が無いのでどうにもなりませんが
全てを一人で造り上げる
SO2無添加でたんなるナチュラルワインではなく
自身が考える理想のナチュラルワインとならなくては
仕上げないしリリースしない
そんなどこまでもこだわり続けるワインでもある
ピエール・ボージェのワインです。

そんなワインですので
ある程度飲めるタイミングまで待ってのリリース多いようですが
多かったといったほうが良いのか
でも近年のもの2014年も出ているししかも今回は2015年
それだけに理想の中に栽培、醸造
そしてワインが素直に成長してくれたのではと思います。

ワインはいつものボトル上部かなりの液量入るボトリング
酸化を懸念してのことかと思いますが
今回は飲めませんので
外観だけ楽しんで
凄い濃度カラメル調の色で
これまたすんごいメッセージ性を発するワインであることは間違いないかと
思います。

詳細来ておりませんが
葡萄品種 ソーヴィニヨンブラン100%
アルコール度数 14,4%
SO2 無添加 トータル25mg/L
ピエール・ボージェのトップキュヴェの一つとなるようです。

悩むのが飲みごろですが・・・
待つことに関してはいくらでも待てるそれだけのポテンシャルは有するワインかと
思います。
早めにリリースになったとはいえ
待ちたいワインですね

こちらのワイン御一人様1本限りでお願いいたします。


以下2014年ご紹介文

ドメーヌ・ピエール・ボージェ
ノット・フォー・ハイウェイ・ユース2014年です!!!


ピエール・ボージェ
フランスはオーヴェルニュの造り手
ご存じでしょうか?
私はむか〜し昔
リアルワインガイドさんの自然派ワイン特集などで
拝見したピエール・ボージェのエチケット
妙に気になっていたこと思い出されますが
でもその後数年本物を拝むことは無かったのですが
それがこの度ご紹介できることとなりました。

でも今回ご紹介にあたってももったいなくて
なかなかご紹介できなかった・・・

でも意を決して飲んでみよう!そうなりました。
やっぱりワイン屋をやるからには飲みたい
夢にまで見たピエール・ボージェ飲み干してみたい!
そのためにはこの年末という特別な時が必要でした。
今回のご紹介のピエール・ボージェは
三種類
なんとも贅沢な話ですが
その中から
ア・ボワフ2012年
飲んでしまいました!

まったくもってその圧倒的な存在感まさにその言葉を体現するワインであり
その様子ですが
エチケットはなんとも淡い感じのかわいらしい
チャーミングなものなのですが
そして色もクリーム色な乳白色の黄色系
ですが・・・その香りから突っ走ります!
まず塩気・・・ミネラル感なのかなんなんだこのヨード系の
そこに桃とろりん桃が完熟たっぷりと詰め込まれた感じ
膨大なエネルギー発せられるワインでありながら
それ以上のこのミネラル感に驚き
びっしりと敷き詰められたミネラル
大海を相手にしているかのような海水を飲んでいるかのような感覚
なにこれアンフォラなの!?みたいな
密度のあり方もレベルの違い格の違いを見せつけるワイン
やんわりとしていながら深いふわ〜っと空気中に広がるような感じ
レモンシロップ漬けなどビワ、そしてドライフルーツ・・・
正直強さ深さもあるので
嫁に飲ませればたぶんうわ〜っと!言うかなと思いきやなんだよ飲んじゃうのかよ!みたいなで
飲めちゃうんです
あんまりグイグイいかれても困るので自分の分減るので
アルコール16%もあるんだよ・・と囁くも
なぜか飲み続ける・・・
なんとかテイスティングだからと・・残しつつ
少しずつ残りを大事に二日目三日目と楽しみましたが
ダレません、へたりません、酸化していくのかと思いきやそのへんも全然ビクともしない・・・
恐ろしいポテンシャル持つワイン
入庫は2015年8月ころなので
1年4か月経過するもまだまだ若さあふれる新酒ですか!?的なパワフルさ
ピエール・ボージェの熟成したワイン飲んでみたい・・・と
さらなる望みが生まれてしまったそんな気がいたします。

ということで

ア・ボワフ2012年の感じでした。
とんでもないワインですね

ということであと二種のご紹介
こちらはさすがに飲めませんので
インポーター様情報です。

ピエール・ボージェ
●ア・ボワフ2012年 白

A Boif ア ボワフ12
土壌
砂岩 石灰
ソーヴィニヨンブラン100%
(手摘み/平均8年)
11月に収穫、すぐにプレス
木樽で発酵
熟成
木樽で30 ヶ月熟成
無濾過・無清澄
SO2無添加 トータル:14mg/L
16%
自生酵母

収穫を11 月まで待ったソーヴィニヨンブランをすぐにプレスし、
木樽で発酵、そのまま30 ヶ月熟成しSO2 無添加で瓶詰めしました。
薄濁りの淡いイエロー、グラスに注いただけで甘い蜜、パッション
フルーツ、コリアンダー、白い花、バニラと様々な香りが交差します。
粘性を伴った凝縮感のある口当たり、遅摘みとは思えない綺麗な酸
に、ほのかな甘みが絡み合い長い余韻となって続きます。


●セット・フォワ・・・2012年

Cette fois… セット フォワ…12

土壌
砂岩 石灰
ピノグリ100%
(手摘み/平均10年)
11月に収穫、すぐにプレス
木樽で発酵
熟成木樽で30 ヶ月熟成
無濾過・無清澄
SO2無添加 トータル:7mg/L
15%
自生酵母

収穫を11 月まで待ったピノグリをすぐにプレスし、木樽で発酵、
そのまま30 ヶ月熟成しSO2 無添加で瓶詰めしました。褐色がかっ
たオレンジから、ドライマンゴーやべっ甲飴の甘苦い香り、奥から
はスモーキーさも見え隠れします。集中力の高い旨味のあるアタッ
ク、香ばしさの中にほろ苦さ、穏やかな酸が次々と溢れ出て、気品
のあるウイスキーを飲んでいるかのような気分になる一本です。


●ノット・フォー・ハイウェイ・ユース 2014年

Not For Highway Use Lot"SB14"ノット・フォー・ハイウェイ・ユース14

土壌
砂岩
ソーヴィニヨンブラン100%
(手摘み/平均10年)
10月と11月に手摘み、やさしく空気圧搾(2bars)
古樽で12 ヶ月発酵・熟成(ボワゼが目的でない)
無濾過・無清澄
SO2無添加 トータル:39mg/L
13.4%
自生酵母

砂岩に植わる樹齢10 年のソーヴィニョンブランを樫樽で発酵・熟
成しました。ほんの少し濁りのあるゴールドの外観、熟したリンゴ
や蜜の香りの奥からカリフラワーやアスパラのニュアンスを感じま
す。ボリュームのある質感、分厚い果実にグレープフルーツの酸や
ミネラル、時間と共に南国系フルーツが突出します。アフターはネ
クタリンや梅など更に複雑味は増すばかり、ピエール節炸裂です。


以上三種類です。
しっかし
セット・フォワに関してはウイスキー飲んでいるような感覚になる・・・とか
ノット・フォーもア・ボワフ同様にソーヴィニヨンで造る白で
まぁご紹介だけでもその濃密さどんだけ〜!と言いたくなるような
そんなキュヴェのようです。
こんなワイン造っているピエール・ボージェ
どんだけ彫りの深そうな人物なのだろうか・・・

三種類ですが
各種類御一人様1本限りでお願いいたします。




以下インポーター様情報

皆様はまだINAOの認定するアぺラシオンに固執されますか?
 イタリアでは偉大なるワインが当然のごとくテーブル・ワインになったり、ボルドーの高嶺の花、ヴァランドローも
INAOとのワインに対する解釈の違いで、テーブルワインに格下げとなりました。(といっても味は間違いなく上がっているのですが…)
 醸造の進歩に、昔からの規定を重んじていてそれが基準となっている事に無理が有るのですが…。 しかしそんな一般的な勝手な規定でなく、ご自分の舌
でワインを選ばれていらっしゃる皆様には全く関係ない話かもしれませんね!
 フランスの丁度真ん中に位置するクレルモン・フェランの南に広がるAuvergne地方。昔はそんな所にワインは存在するのかって?って思われた地域ですが、
最近はどんどん若いナチュラルワインの生産者がこの地で美味しいワインを作り始め、もう知らない人はいない地域になりました。これも時代の流れですね。
たった1人で、たった1.5haで2001年からワイン作りを始めた我々の期待の星ピエール・ボージェ氏はうちの生産者の中ではTop中のTopのワインを作る、本当
に大切な生産者。ひたすら純粋にワインを愛して作っており、全く採算性を考えない、本当に大丈夫なのだろうか?と、余計な心配をしてしまう程、経営感
覚なしに作ります。
 お父様は野菜のネゴシアン、小さい時から自然に触れておりました。フランスでも醸造を学び、実践し、アメリカやチリへも学びに行った国際感覚あふれる醸
造家、ワインにかける情熱は人一倍です。 彼には独特のワイン哲学があり、本当に私生活をひっくるめて自然体で生きております。本当は彼も日本にお招
きしたい醸造家の1人ですが、こんな人の多い東京に来たらそれこそビックリしてしまいます。いつか実現できる時が来たら良いのですが・・・。
 彼のワインは1つとして同じワインがありません。本人にしてみたら同じワインを作っているようなのですけど・・・。それを扱う輸入会社としては大変です。エチ
ケットは突然変わったり、出荷時期は全く不明。でもでもワインが飛びっきり美味しいので誰も文句を言えません。そのピエールも3年前に新しく家を引っ越し
子供も生まれ、新しい生活が始まりました。赤ちゃんと一緒にいる所は本当に幸せそうです。
この新生活がピエールのワイン作りにも影響する事でしょう。                                                (新井順子)