ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 41歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

アンリ・ジロー オマージュ・フランソワ・エマールNV 750ML

6,943円(税514円)

定価 8,100円(税600円)
販売価格 6,943円(税514円)
在庫数 1本
購入数
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


アンリ・ジロー
オマージュ・フランソワ・エマールNV 750MLです。
再入荷です!

アンリ・ジローですが
アイ村注目のシャンパンメゾン
規模的にはNM(ネゴシアンマニピュラン)となるのかな
アイ村の良質なピノノワール
逆にアイ村のピノノワールの伝統造ったともいえるシャンパンメゾンなのではと思います。
歴史も古く
また販売ルートに関しても
かなりこだわったしっかりとしたブランディングのできるメゾン
それゆえに常に高い品質と人気を誇っているのではと思います。
どこにでも出回るようでも
または品質管理、流通に疑問の残るワイン専門ではない商社様大手メーカー様に出回る
ものではない
うれしい反面
小規模酒販店にとっては
なかなかお取扱いできないシャンパンの一つ

ということで今回も正規ものではなく
ジャパンインポートシステム様より供給のものです。

今回入荷は
アンリ・ジロー
オマージュ・フランソワ・エマールNV
そして
コード・ノワールNV(木箱入り)
の二種です。

正直
アンリ・ジローともなると
大手さんがお取扱いのシャンパンメゾン
当店などがお取扱いしなくてもといった位置になっていると思いますが
ただこの規模のシャンパンメゾンで
特にお取扱いの要望多くいただくのが
最近ではアンリ・ジローが最も多いような気がいたします。

となると今後お取扱い続けるとかそのへんは微妙だとしても
やはり飲んでおきたい
特に
オマージュ・フランソワ・エマールNV
このシャンパンは
希望が多いですね

ということで早速今回飲みました。
まず飲み終えてですが
全体的な安定感やボリューム感さすがですね
泡のボリュームからピノの果皮感伝わるエレガント性もありながら
リッチさを伝える手法が絶妙ともいいましょうか
梨っぽい清涼感もありながら樽系の甘やかさコク深さもバランス良く配置され
ドライでGF的なほろ苦さもアクセントとなる
大手メゾンの手ごろなものにありがちな
リキュール添加感じさせるやや重く
それでいて平坦と感じさせる抜けの悪さなど無く
かといって
私などは知らず知らずのうちになっているであろう
”酸性人”
こう書くのかな?
酸味に耐性のある人のようですが
特に自然派系のワインなどはスティルワインにしても
無駄に手を加えないがゆえにビンテージによっては酸度の高いワインもあり
ノンドセタイプの多いシャンパーニュでも
もう身も心もスカッとするような酸度の高いものもございます。
でもそのへんは知らず知らずのうちに耐性がついていて
その美しさ純粋性に酔いしれる本人とは裏腹に
酸が厳しいと感じる方もいると思います。
そのへん難しいところですが
そのいった観点からみてもアンリ・ジローのものは
多くの方が喜べるバランスなのではと思います。
だからこそ人気なのかなかと
ピノの良さもわかりやすく肉厚にでも野暮ったくなく表現されると
人気の高さなんとなくわかったような気がいたします。

でも今後継続的にお取扱いするかどうかは
まだわかりませんね


以下インポーター様情報
アンリ・ジローは、シャンパーニュはアイ村にて17世紀からの
長い歴史を誇る生産者ですが、他のグラン・メゾンの華やかな知名度に
比べると、その名前はひっそりと欧州のシャンパーニュ通のみに
知られる程度のものでした。

しかしながら、イギリスやモナコなどの王室御用達という品質は
段々と国外にも知れ渡ることとなり、近年では日本でも雑誌などで
大々的にスポットを浴びるなどして、国内のシャンパーニュ・ファンの心を次々と
鷲掴みにしていったのです!

●オマージュ・フランソワ・エマールNV
さらにこちらは、メゾンの創始者、フランソワ・エマール氏への
オマージュとしてリリースされた「オマージュ・フランソワ・エマール」です。

すべてアイ村の自社畑のブドウ(ピノ・ノワール70%、シャルドネ30%)を
使用して、上品且つふくよかな果実味を身に秘めた、バランス感に長けた
一本に仕上げられているとのこと!

パーカーポイントは、これまた90点!
これだけのエレガンスを、この価格で感じさせてくれるということからも、
アンリ・ジローというメゾンが如何に優れた造り手であるかが
身を持ってお分かりいただけるのではないでしょうか…?

●コード・ノワールNV(木箱入り)
お次は、ピノ・ノワール100%で仕上げられたアンリ・ジローの
「ブラン・ド・ノワール」である、「コード・ノワール」。

スタイリッシュなボトルが目を引く一本ですが、味わいは
シャンパーニュの威光に相応しい本格的なもの。

パーカーポイントは91点!
「黒ブドウ」という言葉からは想像しにくい美しいゴールドに
輝くワインは、口に含むとまずクリーミーな泡立ちに驚かされ、
蜂蜜やバニラ、洋梨にチェリーの香りが複雑に絡まりあって、
最高の満足感に浸れるようです。