ホーム マイアカウント お問い合わせ

楽天ペイ
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 42歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

アラン・ルナンダ=ファッシュ ビュゼ・セルドン・ロゼ・ぺティアン2016年750ML

2,546円(税189円)

定価 3,132円(税232円)
販売価格 2,546円(税189円)
在庫数 在庫 0 本 品切れ中
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


アラン・ルナンダ=ファッシュ
ビュゼ・セルドン ロゼ・ペティアン2016年
新物入荷です!

ギリギリ桜の時期そして春時期
そしてこれからの初夏
最高のワインですね

毎年心待ちにしている方おられるワイン
それがアラン・ルナンダ=ファッシュのビュゼ・セルドン ロゼ・ペティアンです!

暑い時期にしっかり冷やして楽しむのもいいですが
やはり春のこのふわふわしたこの時期
この季節感とこのワインが持つフレッシュ感そして甘酸っぱい味わい
クリーミーで色もロゼ色な泡がシュワシュワと広がるワイン
やっぱりまずはこの時期楽しみたいワインの一つですね
実はちょっと熟成して苺クリームな感じが
大人っぽくザクロッぽさもでてくるビュゼ・セルドンも面白いのですが
まずはこのリリースしたてのフレッシュ感満載のやや甘口ロゼペティアン
感じていただきたく思います!

フランスはサヴォワ地方で造られるこのビュゼ・セルドン
ガメ70%プールサール30%で造られるやや甘口微発泡ロゼ・ペティアンです。
この蔵ではこのワイン一種類しか生産しない
このワインだけに注力して造られるワインなんです!

以下2015年ご紹介文

アラン・ルナンダ=ファッシュ
ビュゼ・セルドン ロゼ・ペティアン2015年です!!!

毎年この時期まだかな?まだかな?とソワソワしてしまうワイン
そして最近では毎年楽しみに待っていただけるお客様も増え
あのふんわり甘〜いロゼ・ペティアンまだですか?の声
来ました!

最近は4月に入ってから桜の季節も終わりころになってしまいますが
春から夏いえいえ
秋冬だってちょっとしたお祝い少し甘めのもの欲しい時抜群に活躍していただける
ロゼ・ペティアンではと思います。

フ・フ・フ・フレッシュ!といつもそのへん強調してしまいますが
先月の出来事です。
生産者は変わりラファエル・バルトゥッチのビュゼ・セルドン
価格的にも少し上のビュゼ・セルドンとはなりますが
2016年3月29日に飲んだビュゼ・セルドン
ビンテージは2010年です。
あの赤系ベリー系のビュゼ・セルドンがどうなっているのか
凄く気になりましたが
結果全然いける!
ガスは微発泡が確かにありベリー系がより大人っぽく
赤系果実がどこか熟系そしてブランデーやリキュール様の進んだ状態であっても
崩れずに熟成した中にビュゼ・セルドンの美味しさ楽しめると
素晴らしいですね

もちろんこのタイミングで例年リリースとなるワインですので
出来立てホヤホヤのフレッシュ苺クリームなロゼ・ペティアン
これを楽しんでいただき
そしてその後も一年とか全然楽しんでいただける
甘みも少しずつ落ち着くような感覚もありますし
新鮮さ爆発の楽しみその後の楽しみとグイグイやっていただきたいワインであります。

そして今回2015年
数日前の地元ワインイベントで
乾杯の際に甘め希望の方にお勧めしたら
始めに甘口はどうかと思いますがでもみなさんから最高の笑顔を美味しい!の声
セオリーとか関係なく冷えたビュゼ・セルドンで
色も綺麗にクリアーで明るい赤系
2015年いつもより赤系強いような気も致しますが
泡がなんとなくロゼ色そしてそのプチプチの泡が弾けるとともに
広がる苺な感じの微発泡ワインぜひ楽しんでいただけたらと思います!



以下2014年ご紹介文
アラン・ルナンダ=ファッシュ
ビュゼ・セルドン ロゼ・ペティアン2014年入荷です!

3月になるとそろそろかな〜っと
楽しみにしているワインそれがこのビュゼ・セルドンですが
4月初旬にリリースと確認しておりましたので
早くこないかな〜と心待ちにしておりました。
毎年楽しみにしてくださるお客様も多く
またこの花見時期ギリギリで間に合うかどうかといったところですが
今年2015年は
桜前線も早めで東北でもギリギリなところ
ガメそしてプールサールで造られるこのビュゼ・セルドン
当店はメインはいつも
アラン・ルナンダ=ファッシュのものですが
今年もこちらで・・・
ぜひフレッシュでふんわり軽やかな甘さ
石鹸のような清潔感と外向的なクリーミーな泡をぴちぴちと感じていただける
ビュゼ・セルドン
今回も楽しませていただきました。
色も鮮やかなロゼ色
泡までロゼ色!
ベリー系強めよりもローズヒップ的なニュアンス多めかなと
チェリッシュでややザクロ的な香りもあり
2013年はかなり開放的な高い位置でフレッシュ満開だったのが
2014年はより落ち着きもあるようで
適度にキラキラしすぎないバランスあり
いつもの甘酸っぱいチャーミングさ膨らみます広がります!
リリースしたては甘みもある程度ございますが
若くてもこのビュゼ・セルドンはほんと泡が優しくクリーミー
口中で優しく泡になる感覚飽きないですね
毎年楽しみたいワインであります。
この春時期だけでなく
その後暖かい時期にも冷やして最高ですな

ぜひ!!!


以下2013年ご紹介文

アラン・ルナンダ=ファッシュ
ビュゼ・セルドン ロゼ・ペティアン2013年入荷です!!!!!

待ってました!とばかりに
この桜満開になる時期
今まさに東北は満開そのタイミングに合わせてくれたかのような
リリースとなりました。

桜の時期だけではなくもう少し暖かくなった時期でも
冷やして美味しいですし
秋口、冬だってこの華やかなロゼというか赤いルビーのような色あいに
場が華やぐこと間違いありません。

前回2012年も最後の数本あったもの
商工会の集まりの際サプライズで誕生会行いました。
そこで活躍したのもこのアラン・ルナンダ=ファッシュのビュゼ・セルドンでありました。
その色とふんわり甘さリリースから一年たった時点でも
より甘さは締まり落ち着きあるでも軽やかな風合いあるロゼ・ペティアンは健在で
そのサプライズ誕生会後数人の方に
あのスパークリングワイン正直美味しかった!との声いただきました。

そして今回はリリース仕立ての2013年
フレッシュ&フレッシュな状態であります。

早速昨晩テイスティングというか楽しむだけですが
早速グラスに注ぐと
いつもより鮮烈な赤・赤・赤が強い印象
ルビーの宝石のようなロゼ・ペティアンであります。
香りも開けたてから広がりを見せ
バラの落ち着いた香りと
苺用のいつもの香りがバランスよく品よく広がります。
ボリューミーな泡ガス圧そんなに高くなくとも
その液体を含めば口一杯に泡で満たされる感じ
疲れも吹き飛ぶ癒し系ですね
ベリーベリーがたっぷり
この2013年開放的に明るく上がっていく感じ
明日の活力へとつながる感じですね
甘さと酸味のバランスよくいくらでもいけちゃいますね


ぜひ!!!!!!!


以下2012年ご紹介文

アラン・ルナンダ=ファッシュ
ビュゼ・セルドン メトード・アンセストラル2012年
新物入荷です!!!

この時期待っている方多いのではないでしょうか?
私ももちろんその一人で
これ飲まないと
夏へ向けて気合が入らない
そんなワイン
いやもっと癒し系ですので
ちょっとちがうかな
とにかく大事なワインの一つであります。

味わい的には
極ナチュラルなイチゴクリーム的な
ふんわり甘さ伝わるいい感じの微発泡ロゼであります。

そしてもちろん飲みました!

早速テイスティングで
今年はガスけっこうあるのかな?
留め金外すと自然とコルク上がってくる印象
2012は元気なのか?
グラスに注ぐと
この泡の盛り上がり方!
それと同時に甘酸っぱいイチゴ系の香りが
広がります!
色は鮮烈!って言葉がピッタリな
澄んでいてロゼ色というよりは赤系
鮮やかな赤ですね
でた!って感じですね
苺だけでなくザクロや杏やかりんみたいなニュアンスもあるような
でも期待通り
予想通り
味わいはふんわり甘酸っぱく自然にしみこむ広がる感じ
変に引っかかり無くスムース
ぐびぐび飲んじゃいますね

飲んでいてもう春感じ
心躍る感じ
おじさんもスキップ踏んじゃいます!
そして癒される
気がつくと1本空ですので

今年2012年
為替の影響で高くなるんだろうな・・・と思っていたら
なんと逆に安くなっている!
どういうこと?って感じですが
でしたら絶対お勧めでしょう!

ぜひ!!!!!


以下2011年ご紹介文

アラン・ルナンダ=ファッシュ
ビュゼ・セルドン メトッド・アンセストラル
ロゼ・ぺティアン2011年入荷です!!

新ビンテージです!!!

この時期になるともうこのワイン待ち遠しくなりますね
この苺クリームソーダなワイン
待っている方多いのではないでしょうか?

私も間違いなく商売抜きにして
待ち焦がれる一人であります。
春を感じるそんな風物詩的ワイン

それがこの
ビュゼ・セルドンです!!!

サヴォア地方のぺティアンでガメとプールサールから造られる
クリーミーで優しい泡
ほんのり甘みの残る味わい
ベリー系の溌剌とした香りでフレッシュ感満載のぺティアンであります。

絶対この時期1本は試していただきたいそんなワインであります。

今回もちろん飲みました!
どちらかというと我慢できなくて手をつけてしまったと言ったほうがいいでしょうか

グラスに注ぐと
春爛漫!あの長く厳しい冬なんてすっかり忘れています。
人間ってこんなものですよね

良いこと新しい記憶、思い出ができれば
忘れてしまう!
忘れてはいけない過去もありますが
ずっと引きずっていてはいけないし
前を向いて歩いていく
未来があるのだから!

そんな気持ちにさせる素晴らしいぺティアンであります!!!

今年のものは
ガメ70%プールサール30%
昨年よりもプールサールの比率上がっているようですが
色はもう鮮やかそのもの!
ルビーチェリーな感じできらきらしております!
泡立ちも凄い元気元気!
ぷちぷちとクリーミーな泡が弾けます!
香りはもうまさに苺、いちご、イチゴ〜!
そこにベリー系満載でこれでもかとフレッシュ&フレッシュ!

食卓に花が咲きます!

味わいもクリーミーな苺クリームソーダそのものな感じで
リリースしたてですので
甘さもドゥミセック程度のもの感じますが
ガスがピチピチとありますので
くどくなくスイスイいけるこれですよ〜!

気がつけば1本間違いなく空であります。
今回もかみさんと1時間ちょっとで
もう無い〜!みたいなです。

ぜひこの感じこの時期味わっていただきたいです!