ホーム マイアカウント お問い合わせ

楽天ペイ
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 42歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

レイヤンヌ&パスカル ブレ ブルゴーニュ・パストゥグラン ディヴァン2009年 750ML

2,592円(税192円)

定価 3,024円(税224円)
販売価格 2,592円(税192円)
在庫数 在庫 0 本 品切れ中
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


レイヤンヌ&パスカル ブレ
ブルゴーニュ・パストゥグラン ディヴァン2009年 750MLです!!!

最もエレガントで美しいヴォルネイ産する生産者といえば
そう
レイヤンヌ&パスカル ブレであります。
一言付け加えるならば
適度に熟したワイン
それはまた格別
そして良心的な価格です・・・

そうこのブルゴーニュ高騰厳しい中
たまにバックビンテージ出てくるし価格も手ごろだし
そしてなによりワインの中身がなんとも素朴で深く落ち着きあるワイン
これがなんとも心地よくうれしい!

今回入荷の
レイヤンヌ&パスカル ブレ
ブルゴーニュ・パストゥグラン ディヴァン2009年

この”ディヴァン”ですが
=トレ・ボンとのことで
トゥレボ〜ンですね
2009年が素晴らしいビンテージとなったことからこのトレ・ボンと同じ意味である
ディヴァンという名前が付いたキュヴェ
ブルパスで09
ここのワインであれば飲みごろまっただ中のワインではと思います。

ということで飲んでしまいました。
やはり私の好きなスタイル!
なんだか特別なのかいつものクラシックなエチケットではなくなんとなくモダンな感じ
黒基調のもの
早速グラスに注ぐとしっとりとした質感落ち着きある色調
薄さは無くけっこう黒っぽさもでてきております。
色ですが開けたてややくすみある印象ありましたが
これがどんどんクリアーになっていくんですね不思議!?
香りは
凄いすでに絶好調でコーヒーモカ系とベリー
この両者が
一瞬相容れないもののようですが見事に調和して存在するんですね
モカ系が大人っぽさ高級感演出し
ベリー系がそれもチャーミングなベリー系とも違い
密度感ありこなれたベリーとでもいいましょうか
これも大人のベリーな感じでいいんですね
基本ここのワインは素朴な美しさここが素晴らしいのですが
へんに香りの蜜、香りの爆弾のようなワインではなく
ゆったりとじんわりとでも奥深く穏やかに厚みを増すような感覚で
飲んでいていいワインだなと噛みしめる様なワイン
今回のブルゴーニュ・パストゥグラン ディヴァン2009年
いいんです
穏やかな旨味出汁のように染みる美味しさ楽しんでいただきたいですね

ぜひ!!!!!

以下インポーター様情報
Bourgogne Passetoutgrain Divin
ブルゴーニュ パストゥグラン ディヴァン

ヴォルネー村内の区画「アン・クルザン」に0.5ha。ピノ・ノワール60%、ガメイ40%のブレンド。樹齢50〜70年のVV。新樽率25%で18ヵ月間熟成。作品名の「Divin」=「トレ・ボン」で、この作品の2009年ヴィンテージが「トレ・ボン」な出来栄えとなったことから命名されました。


コート・ド・ボーヌの赤では最もエレガントで優美なスタイルといわれ、ブルゴーニュ・ファンに根強い人気を誇るヴォルネー。40軒弱のヴォルネー村の全生産者を研究した私たちが、最もエレガントなヴォルネーの造り手だと確信しているのが、パスカル・ブレです。
 「畑を見れば、ワインがわかる」といいますが、実質ビオロジーで栽培している彼の畑は、これまで私たちが見てきたぶどう畑の中で、おそらくは最もよく手入れが行き届いたもので、土もふかふかです。
 いつも笑顔を絶やさず楽しみながら畑仕事をするブレさんが、夏のバカンスも返上して我が子を慈しむように育て上げたぶどうは、この家族に代々伝わる昔ながらの醸造法によって、大地の滋味たっぷりのワインに生まれ変わります。
 また、蔵出し価格も良心的で、コストパフォーマンスの高さでもヴォルネーのトップだと思います。
 「醸造家と呼んでくれてもいいが、むしろミュージシャンと呼んでくれ」と笑うブレさん、ヴォルネー村恒例の音楽祭では得意のアルトサックスで大いに沸かせます。優しさとユーモアに溢れる奥さんと共に、伝統、畑、ワイン、人、すべてについて地元ヴォルネーをとても大切にしています。