ホーム マイアカウント お問い合わせ

楽天ペイ
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 43歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

ドメーヌ・オヤマダ BOW!ルージュ&ブラン2014年 洗馬ルージュ2013年 750ML 6本セット

11,340円(税840円)

定価 11,340円(税840円)
販売価格 11,340円(税840円)
在庫数 在庫 0 セット 品切れ中
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


ドメーヌ・オヤマダ
初リリース6本セットです!

セット内容
BOW!ブラン2014年 750ML 3本
BOW!ルージュ2014年 750ML 2本
洗馬ルージュ2013年 750ML 1本
の合計6本セットとなります。

祝!初リリース!であります。
福島県は郡山出身の小山田様がルミエールでの経験をもとに独立
そして造り上げるワインであります。

今回初リリースにあたり
ドメーヌ・オヤマダ
畑、醸造設備、ワインそして小山田さんという人柄に触れてきました。
そしてその先にあるこの素朴な美しさあるワイン
素晴らしいです。
その様子
まとめてありますのでぜひご覧ください。

ドメーヌ・オヤマダについて

ご覧いただけたでしょうか?
この風土そして小山田さんという人があって生まれるこのワイン
ぜひ感じていただきたいワインであります。

今回ワイナリー訪問したさいにテイスティングした感じです。

〇BOW!ブラン2014年〇

ドメーヌ・オヤマダが目指すテーブルワイン!
まさにそんな感じの一本であり
この価格でこのクオリティ
日本のワインとかフランスのワインとかそんな垣根を越えての美味しさあるワインと
感じます。
こちらBOW!ブラン2014年ですが
蟹沢、相干場、西山のデラウエアと日向、大久保のプチマンサン、シュナンブランをアッサンブラージュしたワイン
2014年は病害も多く特にデラウエアは厳しいビンテージとなったようです。
でもこのBOW!ブラン2014年
グラス注がれた瞬間になんか嬉しくなるようなワインでした。
やや濁りさえあるような注ぎたての瞬間
でもこれが不思議とどんどんクリアーになっていった記憶
黄色系の色もあり健全で元気な印象受ける液体
香りは色からつながりふんわりと黄色フルーツの香りがまず立ち上がり
柔らかく熟した甘やかな香り
けっこうドライなやや厳しさあるようなワイン出てくるのかと変に誤解していただけに
嬉しい誤算的な
この丸みがうれしい
旨味もけっこうジューシー感ありスッキリしていても
バランス良くキリッとしたところ旨味染みだすようなところもあり
このへんもアッサンブラージュの妙でしょうか
日本のデラにプチマンサンといえば
シュッドウエストなどで華やかでコクある白となりますので
そのへんのニュアンスが
そして
シュナンブランの上品な蜜系のニュアンスが
総じて”和”をもって整いを見せる白
そしてカジュアルに楽しめる柔らかさあるという
いいですね

〇BOW!ルージュ2014年〇

ドメーヌ・オヤマダが目指すテーブルワイン!
まさにそんな感じの一本であり
この価格でこのクオリティ
日本のワインとかフランスのワインとかそんな垣根を越えての美味しさあるワインと
感じます。
萱刈の カベルネ・フランと上神内川のマスカットベリーAをアッサンブラージュしたもの
ここの一つの特徴あるのですが
マセラシオンももちろん品種ごとの良さを引き出すために見極めますが
熟成がカベルネフランは樽熟成
そして
マスカットベリーAはステンレスタンクで熟成と
そうした二つの個性をバランスよく表現しているワインであるということで
あります。
色赤の色素しっかりありながらも透過性あり綺麗な若々しさあるもの
香りは上品で落ち着きと軽やかさあり
不思議とカベルネフランの樽系の香り旨味、果実香穏やかに出ていると思いきや
たまにポワンポワンとベリーAが
明るく華やかに出てくる
でも一貫して品ありベリーAにありがちなキャンディっぽい甘さや安っぽさは無い
軽快でありながらも薄っぺらい感もない絶妙なデイリーワインの必須要素兼ね備える
基本はスムースでもどこかカッチリ感(小山田さんらしさ)でしょうか
ありますので
ややカジュアル超える場面でも楽しめる魅力もあるかと
デイリーJAPAN!万歳であります。

〇洗馬ルージュ2013年〇

今回ドメーヌ・オヤマダにて三種のテイスティングと
なりましたが
その中でもこのワインには
驚かされました。
すでにBOW!赤白で満足していた・・・というか
ドメーヌ・オヤマダに来てよかった!という気持ち
小山田さんに出会うことできてよかったそんな気持ちになるような
日本のおすすめできるテーブルワインに出会えたそんな気持ちございました。
最後に供された洗馬に関しては
価格もこのワインだけやや高めの設定
千円台のワインのほうがカジュアル感あるワインとしては断然おすすめできるのでは・・・
くらいに考えていたかもしれません

が!です。
注がれた液体その香りを感じた瞬間にその思いは変わるというか
雰囲気の変わる瞬間ですね
その場にいた方々も一気に湧き上がる瞬間であります。
まずの印象は
”クールビューティ”
まず香りにやられますね
上立ち香の時点でふんわり小梅風味大地香が予想を超える
完成度ではなく感性の違いを見せつけるワインであります。
この出汁系の感じ
ロワール・ピュズラにダブらせてしまう感じ
んでもって緩やかながら力強い主張があり
どうだ!と言わんばかり
それがこうもナチュラルにドヤ顔なんで笑うしかなくて
そして心奪われる瞬間
JAPANNでこのレベルあるのかと
たいして飲んでいないからと言われればそれまでですが
フランス、イタリアそれ以外もある程度は飲み進めてきたわけですので
それらと比べてもこの価格は確実の買い!のワインであります。
ワインの持つナチュラル感と集中力
さらには表情も変化していく奥深さがあります。
実際インポーター様の自信に満ち溢れたご紹介
そして小山田さんにしてもこの洗馬に関してはもっと熟成させたいと
その先の可能性を探りたいと思うほどのワインのようで
あります。
この洗馬の繊細で焦点のあった先を見据えたワイン
嬉しいですね


※ご販売についてのご注意
初リリースそして注目度高いドメーヌ・オヤマダのワインですので
ある程度の入荷本数あっても
あっという間に無くなってしまうかと思います。
今回たくさんの方に楽しんでいただきたい思いから
御一人様1セットまでとさせていただきますこと
ご了承いただけますようよろしくお願いいたします。