ホーム マイアカウント お問い合わせ

楽天ペイ
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 43歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

エスダキ ブリュタル2016年 750ML 

3,000円(税222円)

定価 3,500円(税259円)
販売価格 3,000円(税222円)
在庫数 在庫 0 本 品切れ中
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


エスダキ
ブリュタル2016年です!!!

前回当店では初めてのお取扱いとなった
エスダキ
初回にいきなりのオレンジワインで
それもなかなかに強烈なマセラシオンワイン
でしたが・・・
反応がすごかったですね
再入荷でとったワインもすぐに完売となってしまいました。

そんなエスダキ
そのエネルギッシュさ爆発なワインですが
二番通り酒店様にもう一つなにかエスダキで今のおすすめと
お問い合わせして
出てきたワイン・・・それがこのブリュタル2016年です!!!

他の生産者でもブリュタルはすでに知られるところで
その生産者それぞれの
なんというか過激なワイン
でも以前はかなりぶっ飛んだワインもあったイメージあるブリュタルですが
最近のブリュタルの位置づけが
少しずつ変わってきているようにも思えます。
亜硫酸無添加などそのへんは統一のところかと思いますが
造り手それぞれのブリュタルにこめる想いが違うのではと思います。
私はこれで勝負!とか
うちは完全にこれで!
みたいな
統一した名前やエチケット(一部生産者違いますが)
だからこそそれぞれの造り手の色が出てきているのかなと思います。
当たり前っちゃ当たり前なのですが
となると
エスダキのブリュタル正直
荒々しくエネルギッシュな赤ワインなのかなと勝手に想像しておりましたが
さすが二番通り酒店様が今のおすすめで出てくるワイン
素晴らしい状態です。
明るめ赤紫濃度など中程度
香りはオレンジピール揮発酸が良いアクセントでコントロールされている範囲
どこか柑橘系も加わるような
そしてワイルドなベリー野性味ありつつ
この瑞々しさ!!!
なんだか程よい果実味ほわ〜っとした感じ
軽やかさもありつつ滋味深い旨味
鉄分とか出てきたり
極ナチュラルで尖った表現もありながらも、各要素がそれぞれ支えあうような状態へと
進んでいるこの今美味しい!
これは癖になる味わいです!!!

以下インポーター様情報
Brutal 2016
ブルータル
品種:カリニャン
2ヶ月間ステンレスタンクでマセラシオン。フォジェールの隣、カブレロルという村のシスト土壌に植えられたカリニャン。揮発の少し
尖ったナチュラル度満点のブルータル。それでいてピュアな口当たりはエスダキの攻めた造りならでは。



以下オレンジ・モーザニック2016年ご紹介文
エスダキ
オレンジ・モーザニック2016年です!

二番通り酒店様より入荷のワイン
フランスはシュッドウエスト
ガイヤックの自然派ワイン
基本ネゴシアンとして葡萄を購入してワイン造りするようですが
その購入先は毎年同じ生産者から
それを続けることで買いブドウであってもその土地の個性を毎年毎年深く
知っていくことができる
さらには
より近くに行きたいとの理由でガイヤックに住んでいたものを
カルカッソンヌ近くのリムーへと移り住んだようです。
単に出来上がった葡萄を購入するのではなく
ブドウ栽培も手伝いながらより近くでその個性、成長を感じて
それをワインへと繋げているようですね
ラ・ソルガのアントニー・トルテュルからも影響を受けているようで
ヴァンナチュール全開のワインとなっているようです。

今回は当店初めてということで
ちょっと気になっていたワイン
オレンジ・モーザニック2016年のみとなります。
モーザックで造られるオレンジワイン
品種:モーザック
スタンリー・キューヴリックの映画「時計仕掛けのオレンジ」仏題「オレンジ・メカニック」にかけて名付けられたキュヴェです。標高
400mの砂土壌。1ヶ月マセラシオン、10日間マセラシオンをかけた2種類のモーザックをあとでブレンド。オレンジワインならではの
旨みと苦味がいっぱい。
ということで
この時計仕掛けのオレンジ
かなり昔に見たのですが
かなり衝撃的でした。
その名前を冠したワインとなるとどんなんなのか気になったのですが
ワインもかなり衝撃的ですね
モーザックって残糖あるワインになることも多いのか
糖度が上がりやすいのか
ボリューム感あるワインとなるんでしょうね
となるとマセラシオンもやはりある程度長くなることも多いと思います。
また醗酵にももとのブドウに大きさがあると時間もかかること多いのかなと思いますが
そうなると特にヴァンナチュールの場合、やや難しいものも生成されることもあるわけで
そこがマセラシオン長めのワインとなるとより複雑性も出る
ということで
今回のオレンジ・モーザニック2016年
色もまず濃いオレンジもやや明るさもありながらもマーマレード的なもったり感伝わるもの
濁りも少々
もっと熟成深まっていけば茶系も出てくるのかなと
香りはこちらもボリューミーでたっぷりな印象あり
グレフル、果実の厚めな皮、それと同時にミネラル感
スパイシーさにほろ苦さ・・・熟した果実の甘みもほんのり伝わるものあります
ただまだまだ2016年ということで
通常のワインでしたらいけると思いますが
この内容のワイン
やはりまだまだ若いのかなと
ただ味わいには少し枯れた感じも出始めただ酸度の高さがグババッっとくるので
この揮発酸系の酸度
この辺が落ちることは無くとも全体の旨味などのバランスとこのへんがどう成長していくかですね
ややビネガーになりたがりな面もありつつも
その中の骨太なミネラル感ととろけ始めている果実の感じがもっと集中力増してくると
面白いワインとなっていくと思います。
ラディコンのワインなど今の2019年の段階で新しいビンテージでも2009年とかですので
2016年のオレンジ・モーザニック
まだ数年の今の段階でこのワインを決定づけるにはまだまだ早計かなと・・・
まだまだ余りあるポテンシャルを秘めたそんなところもあるワインだと思います。
あの映画にあるなんとも言えない狂気
そのへんがこのワインにも生まれていくのか楽しみです。

エスダキの造り手ジャン・ルイ
2010年が初ミレジムということで
エスダキ ”それは、ここから”
という意味だそうで
まさにこれから!ここから!
そう思わせるワインでした。


以下生産者情報
夢に向って一歩一歩前進。自由で伸び伸びとしたヴァン・ナチュール。
南仏で飛び切り攻めたワインを造るジャン・ルイ・ピント。ル・トン・ルトルヴェのミカエル・ジョルジェやメンダールのオウレアノ・セレス、ラ・ソルガのアントニ
ー・トルテュルなどに影響を受け、自由で伸び伸びとしたワイン造りを始めました。有機のブドウを購入してワインを造るネゴシアンです。出会った時はガイヤックに
住んでいましたが、購入しているブドウの生産者のより近くに行きたいと、現在はカルカッソンヌ近くのリムーに移り住みました。日々、葡萄栽培を手伝いながら、そ
の葡萄を購入して自宅の地下でワイン造りをしています。彼が購入しているブドウは全て有機で育てられた葡萄。その畑の土壌や気候をよく把握しています。ポルトガ
ル人のジャン・ルイは少し訛りのあるフランス語で、ブドウ畑の写真を見せてくれながら説明してくれます。毎年同じ生産者の同じ畑からブドウを購入しているのは、
その土地の個性をより知って、テロワールをより引き出したいからだそうです。醸造において酸化防止剤は一切使用せず、無濾過・無清澄でワイン造りをしています。
2010年が初ミレジムで少しずつですが生産量を増やしてきましたが、それでも年間の生産本数は約8,000本と非常に少ない生産量。エスダキ(Es d'aqui)は「それ
は、ここから」の意味。葡萄の造られた場所、ここで造られてるんだよ、というジャン・ルイの畑への想いから付けられた名前です。