ホーム マイアカウント お問い合わせ

楽天ペイ
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 43歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

カミッロ・ドナーティ ソーヴィニヨン・フリッザンテ2017年 750ML

2,777円(税206円)

定価 3,240円(税240円)
販売価格 2,777円(税206円)
在庫数 在庫 0 本 品切れ中
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


カミッロ・ドナーティ
ソーヴィニヨン・フリッザンテ2017年です!!1

エミリア・ロマーニャのフリッザンテの名手
カミッロ・ドナーティです。
もうすでにご存じですね
カミッロの泡もの
たまに無性に飲みたくなる時ありませんか?
このジューシー感
たっぷり果実ありながらも優しくてまろやかさもあり
癒し系だったりもして好きですね
そして日本でもすでに定着し不動の地位を築いているとのことで
ヴィナイオータ様に入荷しても早い段階で完売となりますね

そんなカミッロ
今回はソーヴィニヨン・フリッザンテ2017年
そして
マルヴァジーア・フリッザンテ・セッコ2017年
ご紹介です。

今回はソーヴィニヨンのほう久しぶりに飲みました。
何より
ありえないこのコスパ感
イタリアでも有数のコスパ高めの産地
エミリア・ロマーニャ
その後のヴィナイオータ様お取扱い増えておりますが
その理由もわかる気がいたします。
だって安くても親しみやすいものやポテンシャル高いもの
信じられない価格で出てきますよね
そんな一翼を担うのがこのカミッロ・ドナーティであります。
しかも微発泡ワインはやはり貴重な存在
これから年末年始その後新年、新年号を迎え
飲む機会は増えていくのではと思います。

今回の様子ですが
ソーヴィニヨン・フリッザンテ2017年
なんか久しぶりだったのだからか
リリースしてすぐだからなのか
凄くボリューミーで大きさもあり
ワインのポテンシャルいつもより高めな感じしました。
ソーヴィニヨンのフリッザンテは
いつも果実感は濃厚なのですが
今回も色も凄い黄色系が濃厚で
エキスのしっかり感も伝わりますね
どんより濃いめな感じで少し濁りあり
香りは・・・甘〜カスタードクリームのよう!
いつものまったり感がより凝縮した感じ
シュワシュワもしっかりあり飲むとドライに振れるそしてビター感も
少し早いところもありますが
なんか骨格もしっかり
構造がしっかりぎっしりとしている印象
2017年アルコール14,5%もしかして凄いビンテージなのかも・・・と思わせる何かがあります。
いつもよりちょっとリッチに感じるフリッザンテでした。

マルヴァジーア・フリッザンテ・セッコ2017年
今回こちら飲んでおりませんが
ソーヴィニヨンが果実の甘やかさやまったりとした旨味に対して
マルヴァジーアは柑橘系もありより大人っぽさや深い旨味ある印象ありますが
この2017年
ソーヴィニヨンの感じがちょっとポテンシャル高めな印象あったので
こちらもさらに期待してしまいますね



以下2016年ご紹介文
カミッロ・ドナーティ
ソーヴィニヨン・フリッザンテ2016年です!

梅雨前時期
30度越える日もちらほら出始めるこの時期
体が何かを欲している・・・・そんな気がいたしませんか?

もちろん人それぞれ頭に浮かぶものは違ってくると思います。
私はなんといってもシュワシュワ系のワイン想像いたします。
シャンパンはじめキッチリと泡のあるワインももちろんいいのですが
癒し系の微発泡ワイン
気軽に飲めるし優しいしジューシーで
シャンパンほどのタイトさもなくシリアスさもないのが
こちらもちょっとお疲れモードだったり
慣れない暑さにやられているときなんか
もう最高です!

そんな微発泡系で絶おすすめはこちらですね
カミッロ・ドナーティ
イタリアはエミリア・ロマーニャの造り手
フリッザンテのスペシャリストです。ってもう御馴染みですね
品種ごとにリリースされるので
種類はたくさんございますが
今回ご紹介は
四種類!

特に人気の白微発泡の
マルヴァジーア・フリッザンテ・セッコ2016年
そして
ソーヴィニヨン・フリッザンテ2016年
今回この2016年はどちらも飲んでおりませんが
以前の感じでも
ボリューム感とフレッシュな果実感ソーヴィニヨンらしい明るく華やかな感じ
それが微発泡のシュワシュワと相まって最高なんですね
そしてマルヴァジーアのほうは
ソーヴィニヨンよりも品種の個性かミネラル感もより硬質さあり柑橘系よりももう少し
なんというか複雑な果実感もあり、それでいて親しみやすい
このソーヴィニヨンとマルヴァジーアはカミッロの中でも鉄板的な美味しさで
誰にでもおすすめできるフリッザンテですね

そして今回は
マルヴァジーア・ローザ・フリッザンテ2016年
マルヴァジーアですがそこに黒葡萄が5%だけ入るロゼ・フリッザンテ
今回このロゼ飲みましたが
抜群ですね
ロゼ色も少し茶系というか黒っぽさも加わる色調でクリアー
ガスはそんなに強くなくでも抜栓の際は冷やしていれば吹きこぼれることもないかと思います。
まず香りはアロマティック
白のマルヴァジーアはもっと果実感やフレッシュ感がストレートに伝わりますが
ロゼのほうは同じ2016年でも大人っぽさ色っぽさあるマルヴァジーアです。
果実感もなんでしょう
プラム?すもも?はだんきょう?的な白っぽい果実感あり大根も入りそうな
甘いバラもありより複雑性もありいいですね
シュワドライほんのり甘みあり
キレも良く気持ちいい!
いくらでもいけちゃう・・・でもけっこうフリッザンテとしてはアルコールもあるので
気持ち良くのみすぎちゃうと後がやばいですね
時間の経過で小豆感もどこかあり
この変化なども楽しいフリッザンテです!!!

そして最後が
今回当店では初めてかな?
ボナルダ・ドルチェ・フリッザンテ2016年です!
赤・甘口・微発泡です!
エミリア・ロマーニャということで
ボナルダもありますよね
イル・ヴェイなんかでもボナルダは他の品種と違い存在感もあり
黒いエキスがしっかりとでる
そのニュアンスを引出しかも大人っぽくコクありさらに残糖もあるシュワシュワに仕上がっております。
今回飲みましたが
旨し!
甘〜とろ〜リキュール様な果実感
ブルーベリーやフランボワーズ
そんな感じの果実感が密度感あり広がり
シュワシュワジューシーです。
そんな複雑性あるタイプではないのですが
残糖も加わりでもべったりと残るような甘さではないので
シュワッと抜けてくれるそして甘みもちゃんと感じられる
甘口タイプはそんなに量飲めないワイン多いですが
これはガスもあるのでけっこういけちゃいます。
ザクロ感やブルーベリー感が口中で広がりこんなん好きなかたけっこういるのではと
思います。
ぜひ試してみてください!!


ということで以上
カミッロ・ドナーティでした。
初夏〜夏終わりまで
グイグイ活躍するのではと思うフリッザンテです!

その後の
2017年は微発泡になるかどうかあやしかったり
仕上がるまでに時間がかかりそうなので
今のうちの2016年ゲットです!

以下2015年ご紹介文
カミッロ・ドナーティ
ソーヴィニヨン・フリッツァンテ2015年です!

困難なビンテージとなった2014年を乗り越え
2015年入荷です!
カミッロ・ドナーティの場合
2014年でも変わらぬ美味しさシュワ旨系の抜群の美味しさ誇っておりましたが
2015年はさらに果実味濃い〜感じで旨味たっぷりの仕上がりとのこと
今回入荷は無いのですがランブルスコに関してはアルコール15%こえたりと
あまりに葡萄の力強く以前あったように
微発泡しない!?なんてことにならないように
ロッソ・デッラ・バンディータにブレンドしたりと
良年すぎて元気すぎてみたいなビンテージ2015年となっているようです。
そんなこんなで
カミッロのフリッツァンテ2015年

今回の入荷は
まず
ソーヴィニヨン・フリッツァンテ2015年
そして
マルヴァジーア・フリッツァンテ2015年です。
どちらも丸い果実感ありジューシーでシュワシュワな旨味誇る二種ですが
ソーヴィニヨンはより爽快さもあり旨味の重量感もある微発泡ワインで
リリース直後のフレッシュ感あり若々しさ楽しむのも良しですし
以前は2008年のソーヴィニヨンフリッツァンテ
友人の飲食店様にご紹介したことあり2015年だったと思いますが
まだまだ生きているし旨味が凝縮して派手さはなくなりつつも穏やかなまったりとした旨味
楽しめるフリッツァンテだったと
そして
マルヴァジーア・フリッツァンテ2015年ですが
こちらも2014年飲みましたが好きですね
より南国系果実もバナナっぽさというか深くあり
泡の感じと旨味のまったり感でクリーミーに素直に染みるフリッツァンテ
ソーヴィニヨンよりもより複雑性なんかも出てくるマルヴァジーアで
好きですね〜

年末年始など泡ものお飲みになる機会は増えるかと思いますが
これはおすすめですぞ〜



以下2014年ご紹介文
カミッロ・ドナーティ
ソーヴィニヨン・フリッツァンテ2014年です!

すでにご存じの方も多いですね
イタリアはエミリア・ロマーニャのフリッツァンテ微発泡ワインとなります。
少し前にも当店でも
大人気となった
ロッソ・デッラ・バンディータもあれだけの本数ありながら
完売してしまったワインもこのカミッロ・ドナーティのワインでした。
微発泡ワインのスペシャリストですが
落としどころがなんとも上手いほんと素晴らしいのですが
それもできるだけ自然な形で仕上げてこの美味しさ
センスの良さそして努力なんでしょうね

確かに今までもやや不安定さあるボトルも全くなかったわけではありません
でもそれは今までこんなに良心的な価格でそしてこれだけ魅力たっぷりのフリッツァンテを
送り出してきてくれたこと考えれば大したことではなく
さらに少しぐらい不安定さあるワインだって
この微発泡で冷やしてクイクイっとやれば
全然いけちゃう美味しさなんですね

でも今回のものはメインのいやどれもメインかとは思いますが
大プッシュの三種ご紹介です!

カミッロ・ドナーティ
マルヴァジーア・フリッツァンテ2014年
トレッビアーノ・フリッツァンテ2014年
ソーヴィニヨン・フリッツァンテ2014年です!!!

トレッビアーノはドライでシュワシュワキンキンしたミネラル感が
頭も心も爽快にしてくれること請け合いです
ソーヴィニヨンはよりジューシーで旨味の丸く柔らかい果実味楽しみながら
ゆったりと楽しめる微発泡ワイン
そして
今回三種の中でテイスティングの
マルヴァジーア・フリッツァンテ2014年
すんごいいいです!

王冠シュポンといけば
やんわり黄色の液体流れゆき
ほんのり濁りありで
卵の黄身のような色クリーミーで健全で
ガスがシュワシュワしゅわ〜っと広がります。
洋梨、バナナ、かりん系たっくさんでてくるし
小躍りしたくなるそんないいかんじ
旨味はジューシーになんでしょうかねこの安心感
そしてストレス抜ける感じのゆる〜い旨さ
かといってダレた感じじゃないのがカミッロ・ドナーティの良さ
これから春に向けてこんな微発泡フリッツァンテもう飲まない手はないですね
絶おすすめです!!!

以下インポーター様情報
現当主カミッロの祖父であるオルランドが1930年に植えたブドウによる自家消費用から始まったワイン生産をカミッロが商業化。畑においては有機農法を実践。ワイナリーで
も伝統的な手法にこだわり、全てのブドウに対してマセレーションを行い、一切の温度管理を行わず、フィルタリングも木綿の袋を使い重力以外の圧力をかけずに行う。ランブ
ルスコを始めとするフリッザンテのワインは、かつてこの地方で行われていた、ワイン内のわずかな残糖分とブドウに付いていた野生酵母を利用して壜内2次醗酵を行わせるこ
とで生産される。