ホーム マイアカウント お問い合わせ

楽天ペイ
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 42歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

フレデリック・コサール ヴォーヌロマネ レ・シャン・ペルドリ2016年 750ML

13,886円(税1,029円)

定価 16,200円(税1,200円)
販売価格 13,886円(税1,029円)
在庫数 1本
購入数
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


フレデリック・コサール
ヴォーヌロマネ レ・シャン・ペルドリ2016年です!!!

来ました!
ドメーヌ・ド・シャソルネ&フレデリック・コサール2016年です!
毎年新ビンテージがリリースされ始まる3月4月頃になると
ざわざわしてくるのですが
新ビンテージ仕上がりはどうなのかな?
雹害や霜害で生産量は?とか
全体像が見えてきてその後生産者単位の凄くうまくいったとか
ちょっと足踏みの年とか
醸造担当者が変わってややキャラがかわったとか
親族間のゴタゴタあってちょっと落ち着かないワインになったとか
体調の関係とか
なんというか
本当にそんな最終的に家族が人が
ワインの仕上がりに如実に現れるのですね
最終的に”人”まさにそうなんですね

そしてその新ビンテージがリリースされる中
かなり早い段階でいつもリリースされるのが
フレデリック・コサールのワインとなります。

以前インポーター様からもほかの生産者の動向が見えない状態で
手探りの中リリースしていかないといけないので
価格設定とか仕上がりの観点でも
難しさもあるようです。

ショップとしても新ビンテージの仕上がりをしっかりと見極めて
生産者の数を増やしてテイスティングの回数を重ねていくことでそのビンテージのキャラクターが
少しずつつかめてきて
その中でどう仕上げてきたのかこちらもある意味手探りの中
そして飲み手のお客様も最近は有名なワイン評価だけじゃなく
もっと細かいところのいくつもの情報を自分なりに判断しての
買いか否かを考えるのではと思います。

そしてドメーヌ・ド・シャソルネ&フレデリック・コサール2016年
まず収量に関してですが全般的にやはり収量は少な目で
かなり雹害や霜害の影響などもあり中にはあまりに数が少なくて
リリース無しのワインもあったようです。
けっこう痛いのはここ近年の良さが光るワイン
いぶし銀な魅力たっぷりのヴォルネイ系がリリース全く無し
ポマールも今回無しです。
ネゴシアンワインですので供給元が収量少なく買えなかったのかなと・・・
でもその代りこのビンテージに合わせて
今までコサールが温めてきたプロジェクトが始まり
なかなかに個性豊かなワインが増えました!

まずは
○ロングマセラシオン
サンロマン白やサンロマン赤のロングマセラシオンが初登場です!

そして注目の
○ジュラのネゴスワイン!
コサールが手掛けるジュラワイン
これも注目ですね

そして
○復活のシャソルナード!
昔あったシャソルナードそれが復活です。

ということで
リリース無しとなったワインもございますが新しくリリースとなるワインも多数あり
結局キュヴェ数自体はかわっていないくらいかなと
それ以上にジュラワインや微発泡ワインにロングマセラシオンと
新しいことに挑戦しまくりのフレッド2016年です!

そして気になる仕上がりのほうですが
各キュヴェごとの印象は後でご紹介ですが
まずブルゴーニュワインの2016年の全体的な印象です。
コサールからの情報としても
ブドウが晩熟でフェノールがしっかりと熟した2008年、エネルギッシュで芳醇な2012年、果実感が豊かな2015年の3ヴィンテージの特徴を併せ持ったハイバランスな年」と評価しています。
そう私も似たような印象持つ2016年です。
2015年とは全然別ものですが
基本柔らかで繊細細やかな表現が伝わるビンテージであり
かといって線が細いわけではなく
一本しっかりとした芯がありそれが晩熟で広がりを見せるのではと感じる部分あります。
ということで
期待できる2016年なんです!

そして各キュヴェごとですが
今回は試飲会に参加しての出品全キュヴェテイスティングとなりました。
まず順番に
○オークセイ・デュレス・ブラン レ・クレ2016年白

いつもこのオークセイ・デュレスは赤、白ともにですが
ちょっとした特別感あるワイン
フレッドのワインでもビンテージに関わらず一貫した造りを貫き通すワインとも感じております。
それ故にでしょうか
けっこう早い段階で完売となってしまうワイン追加もまず効かない貴重ワインです。
今回も一発目に飲んだワインがこのオークセイ・デュレス・ブラン レ・クレ2016年
そしてこのワインを飲んで2016年のフレッドのワイン成功したというか
2016年のキャラクターやその細やかな中に奥深い表現が込められたワインであり
そのバランス感覚あり決して押しの強いビンテージでは無くとも繊細な中にフレッドらしい力の出し入れあるワイン
しなやかなエキス感切れ目のない流れの中にあり清楚な和美人を感じる白
美しい中にキリッとするところは締まりがある、崩れないバランス感覚が持続するワインです。

次に
○サンロマン・ブラン コンブ・バザン2016年です。
オークセイ・デュレスと比べ一気に明るさや果実感もトロピカルなニュアンスも出てきて
親しみやすくすんなり入る
飲み手もそれほど緊張感を必要としなく楽しめますが
かといってダレタような方向へいくわけではなく、ややドライフルーツっぽいニュアンスも少々入り
今後もう少し密度感も出てきそうな予感の白

そして
○VdFスキン・コンタクト コンブ・バザン2016年
来ました!
初の試みロングマセラシオンのワイン
通常のコンブ・バザンと比べると全然キャラクターは変わってきますね
少々濁りある色調、香りなども少しこもり気味野菜系のニュアンスもある?
でも口にいれた瞬間スッキリ靄が晴れる感覚
ドライで骨太パイン、ヤシの実もありそうな面白いワイン
好き嫌いはあるかもですがコサールらしいエネルギッシュでアクティヴなワイン

○サンロマン・ルージュ スーロッシュ2016年
こちらもコサールのワインではブドーに次ぐスタンダードワインですが
なかなかに2016年のキャラクターと合致していい感じの仕上がり
やや暗さもあり下草や森系
冷涼感もあり液体がツルスベ細やかなタンニン、コアも主張するものではなく
ぼんやりとでも確実に存在して
ナチュラル感とともに楽しめるワイン

○VdFスキン・コンタクト スーロッシュ2016年
こちらは赤のサンロマンのスキンコンタクト
スキンコンタクトというと白のほうが顕著に違いも出ますが
赤こちらももとのサンロマンとはだいぶ趣が違い
グラスにはこもる感覚温もりがありこのへんはスキンコンタクト共通のもの
まだまだ早い段階で酸の強さ揮発酸も少々あり落ち着きが無いですが
やや荒れた中に感じるポテンシャルの高さというか熱量ですね
インパクトあり細見の強さ
今後どう成長してまとまっていくのか楽しみです。
でも未知数な部分もありますね

○VdFスキン・コンタクト ブドー2016年
こちらはブルゴーニュ・ブドーのスキンコンタクト
正直こちらブドーのスキンコンタクトのほうがバランスよくというかある程度まとまりあるのかと
思いますが
スーロッシュのスキンコンタクトよりもクリアーで少々のダークさや赤い実、紫の花などもあり
ほんのり広がる甘い果実感が柔らかで凄くいい
少々の果皮感など奥深さにつながりタンニンも通常のブドーよりも感じる印象
揮発酸も少々あるかなといった程度

○ブルゴーニュ・ブラン ビゴット2016年
スキンコンタクト続いた後に通常のビゴットで
一気に端正な白そして明るいトロピカルフレーバーなど
2016年的な清楚だが明るく親しみあり、いつもの溌剌としたフレッシュ感に若干ピリリとガス感もあり
黄色フルーツだけじゃなく樽のニュアンスなどもほどよく加わり男っぽさも出てくる

○リュリー1erCruアン・ヴォーヴリー2016年
フレデリック・コサール名義のネゴシアンワインですね
その中でも手ごろなリュリーですが近年のリュリーは価格的にも良心的だし
なによりワインが早い段階でもわかりやすいビゴットから一気に液体の輝きましてリュリーらしい果実の厚みが
本格化、黒糖、樽、重厚さもありバニラも加わる
南っぽさリュリーらしい白
通常反面単調にもなりがちなリュリーですがコサールのリュリーはそれを感じさせない彫りの深さあったり
細やかな表情の変化などもありエキスのねっとり感も充実です。

○ボーヌ・ブラン レ・ブレッサンド2016年
リュリーから一転ボーヌの白
大人しい立ち上がりからよりクッキリとミネラル感が浮き上がり瑞々しさあるエキス
黄色系果実に白い花で清楚
その割にアルコリックさもあり強さもある今後の伸びが期待できそうなボーヌ・ブランです。

○ピュリニーモンラッシェ ヴォワット2016年
来ました!コサールのネゴスワインでも近年好調というか
コサールとの相性も良いのではと思うピュリニーモンラッシェ
価格はなかなかのハイクラスではありますが
それに見合う内容あるワインです。
ヴォワットはピュリニーらしいミネラル感ありドライで大人っぽさはじめは大きさは感じずとも
じょじょに力増していく感あり口中で樽感そしてコクが広がる
リアルフルーツな甘いエキス感じょじょにスケール感も増していき
旨味も後から後からにじみでてくる感覚

○ピュリニーモンラッシェ1erCruシャン・カネ”クロ・ド・ラ・ガレンヌ”2016年
グラスに注ぐとそのいでたちからまず風格ありテリや輝きが一段あがる
樽もマロン系のニュアンスにそして黒糖
ネットリとしたエキスの凝縮感
口中で弾力性もしっかりとありコサールのピュリニーはやはり素晴らしい!
ドライパインなど白桃などもあり黄色果実がたっぷりと楽しめるワイン

○ピュリニーモンラッシェ1erCruレ・フォラティエール2016年
クロ・ド・ラ・ガレンヌでコサールのピュリニーの素晴らしさを十分に感じたはずが
また違った切り口でその凄さを感じるワイン
レ・フォラティエール
集中力の違い香りの要素がより多彩にでも1本の縄に寄り集まる感じ
これで2016年!?と思ってしまうスケール感やボリューム感
でも不思議すぐに隠れてしまう
一瞬感じたこのワインのポテンシャル
黒蜜など旨味の塊でもすぐに閉じてしまい
ほどけ行くまでには年数はかかりそうなでも期待大なワインです。

○ブルゴーニュ・ルージュ ブドー2016年
いつものシャソルネ香
ひんやりそして下草シュールなバラがあり
質感はなめらかで清楚
明るさもじょじょに広がり親しみやすくなめらかに楽しめる
熟成していくとよりダークなコクが出てきそうな予感もある

○ニュイ・サン・ジョルジュ レ・ダモード2016年
黒系のニュアンスが内包し広がりをみせつつも
2015年との違いはよりドライでクリアーさあるエキス
果実味の厚みなどで勝負というよりは輝きやよりニュイサンの持つ官能的なニュアンスで勝負しているような
バラそして棘もある彫りの深さもありながらドライな世界の中広がる
集中力あり繊細な甘みふっくらと綺麗に伸びそして広がる旨味の余韻も長い

○シャンボールミュジニー レ・ゼルヴュ2016年
2016年より区画名が名乗れるようになったコサールのシャンボール
コサールのシャンボールは村名格ながらその香りの妖艶さは集中力はクラスを超えるもの
ニュイサン同様の色調ながら
バラ系にミネラルがシャンボール的にビシッと決まる
もちろんまだまだ赤系の硬質感あふれるらしいワイン
クリスタルを思わせる中厳しさも持ちあわせる少し乾いた印象もありながら
その中に美しい色香も含むワイン
熟成して素晴らしいワインへと成長しそうな予感 

○ヴォーヌロマネ レ・シャン・ペルドリ2016年
毎年注目してしまうヴォーヌロマネ
シャン・ペルドリという好ロケーションのヴォーヌロマネゆえに期待はいつも高く
そしてそれに見合う内容となるワイン
今回特に良い!
色に違い明確、黒、赤の香水入る
香りもヴォーヌロマネ的な甘く黒い香水へと
品のある甘さありながらも極ドライで
ワインは肉厚じゃなくとも強靭な酒躯を持ち合わせ長い余韻
太さは無くともストイックに突き詰めるワイン
ポテンシャルの高さも素晴らしいワイン

○モレ・サン・ドニ1erCruレ・モンリュイザン2016年
やや色に感じる熟成やどこかややオレンジ入るようなニュアンスのモレ
香りもヴォーヌロマネから一変
果皮、なめし革、など
でもエキスのふくらみなどモレらしい
ニュイサンジョルジュの仕上がりとも違うドライな厚みドライでも骨太
そして温もり
じょじょに甘リキュール感赤黒リキュールへと繋がる凄さ

○VdFラ・シャソルナード白・泡2016年
これだけテンション高いワイン続いてきての〜シャソルナード
一気に弾ける!
ラムネ、ライムフローラル白濁りでシャキッシャキ
やや還元ありも関係ない!とばかりにシュワ旨の極致
言うこと無し
一杯欲しいいつまでも飲んでいたい
本当にずっとずっとたくさん飲んでいたい
ほんのり甘みと締めにキレがギリリとあり
バランス良しピクニックにもっていきたい
でも数は極少量のアリゴテのスーパーワイン

○VdFシャルドネ2016年
来ました!コサール初のジュラネゴスワイン
リリース前からジュラのワインあるらしい!?!?との情報でみんな興味津々ですね
もちろん私も今回試飲会に参加したのは
ある意味このジュラワインあったからというのも一つの理由かもしれません。
実際たぶんそうだろうと思っておりましたが
やはり数は極少量
入荷を待ってテイスティングとなったらこのジュラワインは飲めないのは明白でしたので
試飲会に参加してよかったと思います。
ただその期待や希望が大きかった部分もありますが
まだ理解しきれていない部分もあり
でも初のジュラワインともなればやはりいきなり冒険はできない?(でもスペシャルキュヴェは凄い冒険してますが)
あとよくよく考えれば
基本フレデリック・コサールはブルゴーニュワインの生産者
ワインを美しくそして生きたエキス感を与えるそれがフレッドのワインですので
そうだなと思う部分も
そしてまずは
シャルドネ2016年ですが
まる色みは意外に普通というかクリアーで健全さあり
香りもシュガー系の甘いニュアンス若々しい果実感も広がり
口中で広がるワインもなめらか伸びのある旨味と
けっこう綺麗でまとまりあるシャルドネ
た〜だ正直フレッドの初のジュラワインこのような優等生なジュラワイン期待していたわけでは
無かったと思います。
とその場では考えました。ヴァンクゥールさんにもなんでジュラワインだしたんですかね?と聞くも
2016年収量が少なくその代わりにと造られたとの話は
もちろんですね
でもネゴスワイン他の地域のブドウでも良かったわけで
そこをあえてジュラにした理由など・・・・あればと思いましたが
まだ答えは出ないまま
でもフレッドらしさはあるワインでもありブルゴーニュへと繋がるワインなのかなと

○VdFサヴァニャン2016年
シャルドネに
続きでサヴァニャンですが麦わら色クリアーさもありながら黄色が強め
香りにも黄色フルーツが出て熟したニュアンスもあり
酸味しっかりとありふくらみ明るさもある酸度はサヴァニャンらしく
そしてミネラル感もしっかりと出たワイン
こちらもサヴァニャンとしてはまとまりや美しさもある仕上がり
シャルドネ、サヴァニャンと飲んで感じるのは
やはりこのリリースのタイミングもあるのかなと
ブルゴーニュワインのリリースと一緒ですので
正直ジュラワインもっとリリースを遅らせても良かったのではと
でもそのへんは大人の事情もあると思いますし
難しいところですね

○VdFスキンコンタクト”サヴァニャン”2016年

前のシャルドネ、サヴァニャンを経て
サヴァニャンのスキンコンタクト・・・
まず色のインパクト大!そしてグラスにこもるモワン香、醗酵系の香りや還元などもあり
インパクトあります。
果実の熟したニュアンスもありますし重厚さもある果皮の感じも出ていて
蜜蝋のような感じも
でも口に入れると意外にスカッとしたところもありでも重厚なところもありと
面白いワインです。
でもまだこの先どうまとまり成長していくのか未知数!

○VdFスキンコンタクト”ズィズィフレッド”2016年
こちらはローヌのブドウで造るスペシャルキュヴェですが
品種はブールブーラン、グルナッシュグリ、ミュスカ・ダレクサンドリーヌとなります。
インパクト大!
濁りワインで明るさありも還元そして醗酵系などの漬物?的な
その後卵っぽさそしてさらにミュスカ系のマスカット!と
頭の中は?なグルんグルんで
短い試飲会の間では理解しきれずに
確かに凄いがどうなるのか未知数で
でもこのワインの飲みごろってどう判断すれば?と思うところも
極少量のワインですし
なんとも難しいワインです。

○VdFピノノワール2016年
こちらもジュラネゴスワインのピノノワール
より素の赤ピノノワール
クリアーで朝もやが少々かかるくらい
穏やかで滋味深い
要素が多彩だったりスケール感あるワインでは無いのですが
ジュラらしい魅力がにじみでるそしてフレッドの生きた果実感勢いも感じるワイン
ただまだまだその後の深みなどはもちろんまだで
枯れてきたころの魅力などどう出てくるのか楽しみです。

○サン・タムール2016年

今度はボジョレーのクリュものサン・タムールですね
ここ数年リリースされるクリュボージョレ
サン・タムールとムーラン・ナ・ヴァン
サン・タムールのほうは
正直試飲会の時はちょっと豆っていて良さがさえぎられてしまった感ありました。
でも紫クリアーサン・タムールの美しいエキス感ありながら
少々ダンディさもありクリアーなガメイ
その先のミネラル感などそしてしなやかな果実味などやや今の状態では
良さ隠れてしまっておりましたが
今後状態戻ってくればサン・タムールらしい良さが出てくるかと思います。

○ムーラン・ナ・ヴァン2016年
こっち状態も最高でムーラン・ナ・ヴァンらしい男っぽさ
男気感じるワイン
スラッと背筋の通ったいい男であります。
ガメイの骨格あり土壌のスパイスが入り
男っぽくともなめらかさやしなやかな果実味も感じられる
ワインがまさに生きているフレッドらしいワイン

以上です!!!

ジュラネゴスワインは今後どう成長していくか
そして何を伝えてくれるのか
そこに注目していきたいと思います。
ブルゴーニュはバランスよく大きさあるワインじゃないので
その分細やかな表現が感じられさらにそこにフレッドのワインらしい
勢いや生きたニュアンスもあるワインいいです!

でも全体的に数が少なく気になるワインはお早めにご検討いただくこと
おすすめいたします。

以下インポーター様情報

○オークセイ・デュレス・ブラン レ・クレ2016年
テイスティングコメント
リンゴ、パパイヤ、マンゴスチン、アカシア、ハチミツ、火打石の香り。ワインは上品かつフルーティーでフィネスと透明感があり、ダシのように澄んだ旨味エキスに緻密でチョーキーなミネラルが綺麗に溶け込む!

ちなみに!
収穫日は2016年9月28日。収量は12hL/ha!霜とベト病の影響で1樽分しかできなかった。レ・クレは区画名で名前の通り畑の土壌がチョーク(クレ)質で石灰が多い。畑面積は0.25 ha。新樽100%!(前年の新樽と古樽の比率は30:70)

○サンロマン・ブラン コンブ・バザン2016年
テイスティングコメント
梨、黄リンゴ、シトラス、スイカズラ、白いバラ、乾パン、フュメの香り。ワインはピュアかつフルーティーで透明感があり、ダシのように澄んだ旨味エキスと繊細な酸、キメの細かいミネラルがきれいに同調する!

ちなみに!
収穫日は2016年10月3日、4日。収量は27 hL/ha!区画はコンブ・バザンの中でも上方に位置する。2009年の地質調査でコンブ・バザンはモンラッシェと同じ地層にあることがわかった!畑面積は2.5 ha。新樽は30%、残りの70%は2〜3年樽を使用!(前年の新樽と古樽の比率は20:80)

○VdFスキンコンタクト コンブ・バザン2016年
テイスティングコメント
パッションフルーツ、オレンジ、桃のコンポート、金木犀、ジャスミン、ジンジャーの香り。ワインはフルーティでストラクチャーがあり、凝縮した旨味エキスに強かな酸とほんのりビターなタンニンが溶け込み長く余韻に続く!

ちなみに!
収穫日は2016年10月4日。収量は27hL/ha!スキンコンタクトは、樽からくる香りにマスクされない、100%ブドウだけの味わい余すところなく引き出すために、フレッドが独自の醸造にこだわったスペシャルキュヴェ!収穫したブドウを全房のまま常時0.2気圧の嫌気状態を維持できるステンレスタンクに入れ、空気を完全に遮断し何も手を加えず密閉放置したまま8ヶ月間ロングマセラシオンを施した!

○サンロマン・ルージュ スーロッシュ2016年
テイスティングコメント
グロゼイユ、グリオット、パッションフルーツ、シャクヤク、オランジェットの香り。口当たり滑らかかつ芳醇でしっとりと染み入るような優しい果実味があり、後から鉱物的なミネラルとキメの細かいタンニンが余韻を引き締める!

ちなみに!
収穫日は2016年10月3日、4日。収量は30 hL/ha!スー・ロッシュは区画名で名前の通り薄い表層土のすぐ下を分厚い石灰岩層が続く。畑面積は1.2ha。新樽は30%、残りの70%は2〜3年樽を使用!(前年の新樽と古樽の比率は40:60)

○VdFスキンコンタクト スーロッシュ2016年
テイスティングコメント
グリオット、梅、シソ、シャクヤク、バルサミコ、シャンピニオン、黒鉛、ハイビスカスティーの香り。ワインはしなやかかつチャーミングでしっとりと染み入るような優しい果実味があり、鉱物的なミネラルと強かな酸がきれいに溶け込む!

ちなみに!
収穫日は2016年10月2日。収量は30hL/ha!スキンコンタクトのコンセプト、醸造方法は前述のコンブ・バザンと同じ!フレッドがスキンコンタクトで実現したかったことは、完全マセラシオンカルボニック、すなわちブドウが潰れず房の原型を保ったまま長期マセラシオンを行うことで、ブドウの粒が梗に付いたままでマセラシオンと発酵が完結するので、硬のエグ味がない100%果実のみのマセラシオンカルボニックが実現できる!

○VdFスキンコンタクト ブドー2016年
テイスティングコメント
グリオット、キルッシュ、クレソン、トマト、ビーツ、ハイビスカスティー、プラリネの香り。ワインはしなやかかつ芳醇でコクと深みがあり、しっとりと染み入る濃厚な果実味に優しくキメ細やかなタンニンがきれいに溶け込む!

ちなみに!
収穫日は2016年10月7日。収量は8hL/ha!スキンコンタクトのコンセプト、醸造方法は前述のコンブ・バザンと同じ!名前はブドーだが実際ブドーのブドウは入っていない!オークセイ・デュレス、HCBピュイ・ド・ショー、サヴィニー・レ・ボーヌの霜の被害に遭ったブドウがアッサンブラージュされたスーパー・ブドー!

○ブルゴーニュ・ブラン ビゴット2016年
テイスティング
コメント
パイナップル、黄桃のコンポート、ゼスト、
ミモザ、火打石の香り。ワインはピュアか
つフルーティーで透明感のあるふくよかな
旨味エキスがあり、洗練されたミネラルと
やさしく強かな酸とのバランスが絶妙!

ちなみに!
収穫日は2016年9月23日、24日。収量は
20 hL/ha!霜の被害に遭ったHCBピュ
イ・ド・ショーが20%入っている!ビゴットと
は「信心に凝り固まった人」という意味。買
いブドウの畑は1.9 haで、ピュリニー村内
の区画とヴォルネイとポマール近辺との
区画のブドウが主。新樽は30%、残りの
70%は2〜3年樽(10 hLの大樽を含む)を
使用!(前年の新樽と古樽の比率は20:
80)

○リュリー1erCruアン・ヴォーヴリー2016年
テイスティング
コメント
青リンゴ、グレープフルーツ、ニワトコの
花、杉、ブリオッシュの香り。ワインはピュ
アかつ柔らかくスマートな落ち着きがあ
り、凝縮した上品な旨味エキスと緻密な酸
とミネラルが見事なバランスで融合する!

ちなみに!
収穫日は2016年9月22日。ブドウの収量
は17 hL/ha!フレッド曰く、アン・ヴォヴ
リーは1級なのにサン・ロマンと同じ価格
帯で、ワインにキレがあり、ピュリニーや
ペルナン・ヴェルジュレスのような個性が
あるとのこと!買いブドウの畑面積は
0.40 ha。新樽は30%、残りの70%は2〜
3年樽を使用!(前年の新樽と古樽の比
率は25:75)

○ボーヌ・ブラン レ・ブレッサンド2016年
テイスティング
コメント
黄桃、みかんのコンポート、シトラス、レモ
ンタルト、ハチミツ、黒豆、潮の香り。ワイ
ンはピュアかつ静謐で滑らかな白い果実
の旨味エキスがたっぷり詰まっていて、繊
細なミネラルを優しく包み込む!

ちなみに!
収穫日は2016年9月21日。ブドウの収量
は20 hL/ha!ボーヌの区画は
Bressandes(ブレッサンド)で、白はとても
貴重!買いブドウの畑面積は0.35 ha。新
樽は30%、残りの70%は2〜3年樽を使
用!(前年の新樽と古樽の比率は25:75)

○ピュリニーモンラッシェ ヴォワット2016年
テイスティング
コメント
グレープフルーツ、白桃、黄リンゴ、スズラ
ン、フェンネル、オレンジケーキの香り。ワ
インはふくよかかつ輪郭がはっきりとして
いてあり、凝縮した旨味と滋味あふれるミ
ネラル、骨格のある酸が一体となりそのま
ま余韻に続く!

ちなみに!
収穫日は2016年9月22日。ブドウの収量
は31 hL/ha!ヴォワットの畑は1級畑クラ
ヴォワイヨン、レ・ピュセルの下150 mくら
い離れたところにある!買いブドウの畑面
積は0.22 ha。新樽は30%、残りの70%は
2年樽を使用!(前年と同比率)

○ピュリニーモンラッシェ1erCruシャン・カネ”クロ・ド・ラ・ガレンヌ”2016年
テイスティング
コメント
洋ナシ、リンゴ、西洋菩提樹、アロエ、カ
シューナッツ、杉、火打石の香り。ワイン
はピュアかつ透明感のあるエキスにフィネ
スがあり、ダシのような旨味の中に骨格の
ある酸と凝縮したミネラルがきれいに溶け
込む!

ちなみに!
収穫日は2016年9月22日。ブドウの収量
は33 hL/ha!レ・ガレンヌはウサギの巣
穴という意味がある!2016年から所有者
の許可により正式にClos de la Garenne
の区画をラベルに表記できるようになっ
た!畑の所有者はレ・フォラティエールと
同じで、レ・フォラティエールからわずか50
mしか離れていない!1樽分(畑面積0.07
ha分)のブドウしか買えない!前年同様
に新樽100%!

○ピュリニーモンラッシェ1erCruレ・フォラティエール2016年
テイスティング
コメント
蜜入りリンゴ、パイナップル、アカシア、シ
トラス、レモンタルトの香り。ワインはふくよ
かで重心が低くしっかりとしたストラク
チャーがあり、濃縮した旨味エキスを骨格
のある酸と緻密なミネラルが支える!

ちなみに!
収穫日は2016年9月26日。ブドウの収量
は16 hL/ha!ピュリニーの区画はレ・フォ
ラティエールで、フレッドが世界で一番好
きな白ワイン!買いブドウの畑面積は
0.14 ha。前年同様に新樽100%!

○ブルゴーニュ・ルージュ ブドー2016年
テイスティング
コメント
グロゼイユ、フランボワーズ、シャクヤク、
シソ、プラリネ、潮の香り。口当たりしなや
かかつ果実味がジューシーで明るく旨味
がきれいに溶け込んでいて、後から緻密
なタンニンの収斂味が余韻をタイトに引き
締める!

ちなみに!
収穫日は2016年9月27日。収量は25
hL/ha!2016年は霜の被害でブドーの収量が
12 hL/haと少なかったので、フレッドの所有す
るアン・カラン・ラ・クロワ・ド・ベルナールのブド
ウとポマール近隣の買いブドウが加わってい
る!ブドーは「カトリック司祭の案内係」という
意味で、ピュリニーとサシャーニュの間の教会
の近くに1 haの買いブドウの畑がある。新樽
は30%、残りの70%は2〜3年樽!(前年と同
比率)

○ニュイ・サン・ジョルジュ レ・ダモード2016年
テイスティング
コメント
フランボワーズ、グロゼイユ、クランベ
リー、バラ、ローズマリーの香り。ワインは
ピュアかつチャーミングで果実味に照りが
あり、しなやかで染み入る旨味を洗練され
たミネラルとキメの細かいタンニンが優しく
引き締める!

ちなみに!
収穫日は2016年9月23日。収量は30
hL/ha!フレッドがかつてのアルジリエー
ルと同等の品質をニュイの中の対極にあ
るレ・ダモードに求めた秀逸ワイン!買い
ブドウの畑面積は0.30 ha。新樽は25%、
残りの75%は2年樽を使用!(前年の新
樽と古樽の比率は50:50)

○シャンボールミュジニー レ・ゼルヴュ2016年
テイスティング
コメント
グロゼイユ、ザクロ、イチゴジャム、スター
フルーツ、シャクヤク、ミュスクの香り。ワ
インは芳醇で果実味にコクと艶やかさがあ
り、柔らかくジューシーな旨味を繊細でほ
んのりビターなタンニンが優しく引き締め
る!

ちなみに!
収穫日は2016年9月28日。収量は34
hL/ha!区画はレ・ゼルビュ!2016年から
所有者の許可により正式に畑名をラベル
表記できるようになった!買いブドウの畑
面積は0.20 ha。新樽は30%、残りの70%
は2年樽を使用!(前年と同比率)※これ
までの区画名に誤りがありました。当初
からレ・ゼルビュになります。申し訳ござ
いません

○ヴォーヌロマネ レ・シャン・ペルドリ2016年
テイスティング
コメント
ミュール、プルーン、イチジクのジャム、ス
ミレ、タイム、カカオ、タバコの葉の香り。
ワインはしなやかかつ男性的で、濃厚な
果実の凝縮味が繊細な酸、骨格を支える
緻密なタンニンと共に口の中で上品に溶
け合う!

ちなみに!
収穫日は2016年9月30日。収量は20
hL/ha!区画はオー・シャン・ペルドリ!ラ
ターシュのすぐ上で、まわりがグランクリュ
に囲まれている!仕立ては全てグランク
リュに見立て栽培!買いブドウの畑面積
は0.35 ha。新樽は75%、残りの25%は2
年樽を使用!(前年の新樽と古樽の比率
は50:50)

○モレ・サン・ドニ1erCruレ・モン・リュイザン2016年
テイスティング
コメント
グロゼイユ、ザクロ、オレンジピール、ゼス
ト、キンカン、シャクヤク、ラベンダー、青
竹の香り。ワインは上品かつ艶やかでフィ
ネスがあり、柔らかく染み入るような旨味
と繊細でキメの細かいタンニンのバランス
が絶妙!

ちなみに!
収穫日は2016年9月29日。収量は40
hL/ha!区画はクロ・ド・ラ・ロッシュのすぐ
上に隣接しており、フレッドが例えるに「プ
リューレロックのクロ・ド・ベーズがシンプ
ルになったような味わい!」とのこと!買
いブドウの畑面積は0.15 ha。新樽は
50%、残りの50%は2年樽を使用!(前年
と同比率)

○VdFレ・シャソルナード2016年白・泡(アリゴテ)
テイスティング
コメント
青リンゴ、ライム、グレープフルーツ、ジャ
スミン、西洋菩提樹、若いアーモンドの香
り。ワインはタイトかつミネラリーでシャー
プな酸にキレと締まりがあり、繊細な泡が
鉱物的なミネラルと共に口の中でやさしく
溶けて消える!

ちなみに!
収穫日は2016年10月4日。収量は20
hL/ha!シャソルナードがアリゴテで復
活!今回はレモネード瓶を使わず、コルク
の上に王冠を付けたペティアンボトルを使
用!残糖は4 g/L以下!ガス圧は5気
圧!区画名はVevesでブドーの畑に隣接
する。畑面積は0.20 ha。

○VdFシャルドネ2016年(ジュラ)
テイスティング
コメント
黄桃、洋ナシ、焼きリンゴ、アカシア、シト
ラス、フュメ香、潮の香り。ワインはピュア
かつエキスに透明感があり、ダシのように
澄んだ旨味に張りのある酸と潮のフレー
バーを含んだミネラルが上品に溶け込
む!

ちなみに!
収穫日は2016年10月3日。収量は霜の
被害により15 hL/ha!ブドウはジュラ南部
のサン・タニエス村の生産者から購入!
全てドメーヌと同じ醸造方法で仕込んでい
る!新樽を使わず3年樽を使用!

○VdFサヴァニャン2016年(ジュラ)
テイスティング
コメント
熟したパイナップル、パパイヤ、キャラメ
ル、ヨーグルト、パネトーネの香り。ワイン
はピュアかつ滑らかで透明感のある旨味
エキスが詰まっていて、塩辛く緻密なミネ
ラルとシャープな酸が余韻に連れてじわっ
とせり上がる!

ちなみに!
収穫日は2016年10月6日。収量は霜の
被害により10 hL/ha!ブドウはジュラ南部
のサン・タニエス村の生産者から購入!
全てドメーヌと同じ醸造方法で仕込んでい
る!新樽を使わず3年樽を使用!

○VdFスキンコンタクト サヴァニャン2016年(ジュラ)
テイスティング
コメント
カリン、ドライアプリコット、ゼスト、ニワトコ
の花、フェンネル、シャンピニオンの香り。
ワインはピュアかつミネラリーでストラク
チャーがあり、透明感のあるやさしいエキ
スをキメの細かく繊細なタンニンがきれい
に支える!

ちなみに!
収穫日は2016年10月6日。収量は霜の被
害により10 hL/ha!ブドウはジュラ南部の
サン・タニエス村の生産者から購入!スキ
ンコンタクトは、樽からくる香りにマスクさ
れない、100%ブドウだけの味わい余すと
ころなく引き出すために、フレッドが独自の
醸造にこだわったスペシャルキュヴェ!

○VdFスキンコンタクト ズィズィフレッド2016年(ローヌ)
テイスティング
コメント
グレープフルーツ、白桃、はっさく、黄色い
バラ、ジャスミンティー、ジンジャーの香
り。ワインはフルーティーかつ上品で心地
よいパンジェンシーがあり、柔らかな旨味
と滋味なタンニンが口の中で優しく溶け
る!

ちなみに!
収穫日は2016年9月19日。収量は20
hL/ha!買いブドウはコーロ・デュ・ローヌ
のフレッドの友人から!スキンコンタクト
は、樽からくる香りにマスクされない、
100%ブドウだけの味わい余すところなく
引き出すために、フレッドが独自の醸造に
こだわったスペシャルキュヴェ!ワイン名
はLe Fred Ziziという第二次大戦前に流
行ったアペリティフを逆読みしフレッドの愛
称Fredoを引っ掛けている!

○VdFピノノワール2016年(ジュラ)
テイスティング
コメント
フランボワーズ、クランベリー、グミ、梅、
バラ、プラリネ、お香の香り。ワインは
チャーミングかつ明るく上品で、みずみず
しくピュアな果実味に繊細なミネラルとキメ
の細かいタンニンがきれいに溶け込む!

ちなみに!
収穫日は2016年10月3日。収量は20
hL/ha!ブドウはジュラ南部のサン・タニエ
ス村の生産者から購入!全てドメーヌと
同じ醸造方法で仕込んでいる!新樽を使
わず3年樽を使用!

○サン・タムール2016年
テイスティング
コメント
フランボワーズ、イチゴジャム、キウイ、
シャクヤク、メイプルシロップ、生肉の香
り。ワインは芳醇かつジューシーで、染み
入るように滑らかな果実味を鉱物的でタイ
トなミネラルが引き締める!

ちなみに!
収穫日は2016年9月25日。収量は30
hL/ha。2016年はダミアン・コクレがフレッ
ドの醸造方法に基づき単独で仕込んでい
る!果実味を生かすためにステンレスタン
クで熟成!

○ムーラン・ナ・ヴァン2016年
テイスティング
コメント
ブルーベリー、プルーン、メンソール、ピー
ナッツバター、お香、タバコの葉の香り。ワ
インは滑らかかつチャーミングで、明るくエ
レガントな果実味にキメの細かいタンニン
がきれいに溶け込む!

ちなみに!
収穫日は2016年9月20日。収量は35
hL/ha。果実味を生かすためにステンレス
タンクで熟成!ジュリエナ、サン・タムール
に次ぎ自然派生産者があまり手を付けな
いクリュボジョレーで最高のワインをつくる
プロジェクトにムーラン・ナヴァンが選ばれ
た!(ムーラン・ナヴァンはフレッドが単独
で仕込んでいる)