ホーム マイアカウント お問い合わせ

楽天ペイ
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 42歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

ジュリアン・ペイラス ロゼ・ボエム2016年 750ML

2,571円(税190円)

定価 3,000円(税222円)
販売価格 2,571円(税190円)
在庫数 2本
購入数
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


ジュリアン・ペイラス
ロゼ・ボエム2016年です!!!

ラングドックの若手生産者
今非常に勢いある造り手の一人ですね
なんででしょうか
若いその先の希望に満ち溢れた造り手のワイン
やっぱりエネルギッシュな表現に満ち溢れるワインとなるんですよね
その中で
どんな表現を引きだしてくるかですが
ジュリアン・ペイラスのワインは
どのキュヴェもメッセージ性の強いもので
ロゼだったらロゼのこの微妙なラインをどうですか?と訴えかけてくるような
力があります。

このロゼ・ボエムはジュリアン・ペイラスのワインと初めて出会った際に
飲んだワインで
それはなかなかに衝撃的なワインであり
甘露、杏など熟れたそして酸化的なニュアンスも含んで
複雑
甘やかなニュアンスも優しく肉厚にありながら
基本最後はドライにそして特徴的なミネラル感が
ジュリアン・ペイラスのロゼにはありました。
この2016年
エキゾチックな表現あり飲みごたえもあるロゼワインとなっているとのことで
非常に期待できるワインであり
初めて飲まれる方に衝撃を与えてくれるワインではと思います。

以下インポーター様情報
Rose Boheme 2016 [ NEW ]
ロゼ・ボエム
品種:グルナッシュ40%、ムーヴェドル60%
樹齢70歳のグルナッシュと樹齢10歳の若木のムーヴェドル。24時間マセラシオンをかけたロゼ・セニエです。
果実味にあふれエキゾチックな雰囲気あふれる味わい。飲みごたえいっぱいの南仏ならではのロゼです。

メキメキと酒質をあげるラングドック期待の造り手
真面目で誠実なジュリアン。その人柄で多くの生産者から愛されています。多くの先輩のアドバイスを受け、年々ワインの酒質を上げています。同じくラングドックの
造り手、ドメーヌ・フォンテディクトのベルナールを師匠とあおぎ、毎週末にお互いのカーヴを行き来して醸造・栽培について話し合っています。自然を愛し、自然な
ワイン造りにかける情熱は真っすぐ。畑仕事が大好きなジュリアンは、畑をパラディ(天国)とよび、そこで過ごす葡萄との時間を大切にしています。2007年が彼の
初ミレジム。完全無添加でワイン造りをしています。もちろんその難しさにも直面しつつ、それでも信念を貫きワイン造りに挑んでいます。ベルナールもその真っすぐ
な人柄に打たれ、葡萄造り、ワイン造りを教えているのだと思います。ナチュールなワイン造りではなかったジュリアンの父親も、今ではジュリアンの造るワインを誰
よりも応援する一人になりました。今年二人目の娘さんも産まれて、より家族の絆が深まりました。真剣なワインの話から子供の話に切り替わると笑ってしまうくらい
顔がゆるみまくる子煩悩なジュリアンです。ベルナールとの師弟の絆も厚く、着実に前進し続けています。

以下2014年ご紹介文
ジュリアン・ペイラス
ロゼ・ボエム2014年

二番通り酒店様を知ってからこのジュリアン・ペイラスのワイン
このエチケットなんか気になっていたワインです。
今回入荷は二種
ラタナンデュ白2013年
そして
ロゼ・ボエム2014年
二種こちらも飲みましたが
まず一番に感じるのが南仏ラングドックといえば旨安ワイン天国であり
黙っていてもある程度良質な果実味たっぷりなワインのできる産地
そんなイメージあります。
でもその中でいかにその葡萄の個性や土壌のポテンシャル引き出すかそのへんの表現力あるワイン
それもあるかと思います。
さらにジュリアン・ペイラスのワインには
ラングドックの天候の良さや無駄なものを引き算して
さらにそこにより表情の豊かさだったり葡萄の持つ個性を引き出すような
醸造の手法も加わって出来上がるワインなのではと感じるところです。
ロゼ、白入荷ですが
白は品種も多彩でそれらの個性を絡み合わせ
俗にいうオレンジワインということで果皮から染みだす旨味や複雑性
ボディもあり面白い個性を表現していると感じます。
ロゼはロゼでこれでもかとナチュラル感と疾走感あるような染み入るロゼ
フレッシュ感も存分に感じながら
いくらでも飲めてしまう感じ
それでいて単調過ぎない個性も併せ持つという
この二種飲んでセンスの良さというか単なるナチュラルワインではない
ワイン造りを楽しんでいる遊んでいる
葡萄で遊ぶそんな印象持ちました。
楽しさがワインにも出ていて飲み手にも伝わるそんなワインではないでしょうか

テイスティングの様子ですが
ラタナンデュ2013年
めっちゃオレンジ!これでもかとオレンジワイン
茜色
オレンジワインと呼ばれるワイン果皮の漬け込みマセラシオンですが
その果皮から来るボディ感や複雑性もありながら
しっかりと酸化熟成のニュアンスをワインに取り込んで若干のシェリー香などもあるようで
エキスの濃さもあり味わいも濃密でどこかエキスの甘さも感じられる
葡萄品種もクレレット、ルーサンヌ、グルナッシュ・ブランと多彩で
それだけにまとめるのが難しいのではと思う中
これだけの驚きや表情の豊かさを演出するワインとなっている
オリもたっぷりあり万人におすすめはできないかもしれませんが
でもこんなワインもたまには楽しんでワインの面白さ楽しんでいただきたい

ロゼ・ボエム2014年
これがまたガツンと衝撃受けるロゼ!
色の美しさオリなどもありますが美しい色
まさに生きている感じ
甘露、杏など甘やかな香りがスッと素直に出てきて
味わいは軽快で冷涼感ある中に果皮の感じもバランス良く加わる
力の入れ具合が絶妙で
軽いようでキュッと力の入るところやちょっとした苦味など
アクセントとなるところがなんかいい感じで
でも基本はスルスル〜っと楽しく飲めてしまうロゼ
しかもすごく癖になる忘れられないロゼです。

以下インポーター様情報
メキメキと酒質をあげるラングドック期待の若手
真面目で誠実なジュリアン。その人柄で多くの生産者から愛されています。多くの先輩のアドバイスを受け、年々ワインの酒質を上げています。同じくラングドックの
造り手、ドメーヌ・フォンテディクトのベルナールを師匠とあおぎ、毎週末にお互いのカーヴを行き来して醸造・栽培について話し合っています。自然を愛し、自然な
ワイン造りにかける情熱は真っすぐ。畑仕事が大好きなジュリアンは、畑をパラディ(天国)とよび、そこで過ごす葡萄との時間を大切にしています。2007年が彼の
初ミレジム。完全無添加でワイン造りをしています。もちろんその難しさにも直面しつつ、それでも信念を貫きワイン造りに挑んでいます。ベルナールもその真っすぐ
な人柄に打たれ、葡萄造り、ワイン造りを教えているのだと思います。ナチュールなワイン造りではなかったジュリアンの父親も、今ではジュリアンの造るワインを誰
よりも応援する一人になりました。今年二人目の娘さんも産まれて、より家族の絆が深まり、ベルナールとの師弟の絆も厚く、着実に前進し続けています。

ラナタンデュ
品種:クレレット、ルーサンヌ、グルナッシュ・ブラン
クレレットは2週間マセラシオンをかけてから、ルーサンヌとグルナッシュは直接プレスされる、エキゾチックなオレンジワイン。
「予期せぬ」というキュヴェの名前の通り、異なった品種、醸造、熟成のワインを混ぜて造られる、驚きあふれる味わいです。

ロゼ・ボエム
品種:グルナッシュ、ムーヴェドル
30hl/ha。30〜35歳のグルナッシュ、ムーヴェドルを12時間スキンコンタクトしてからプレスされます。
ベリーの果実いっぱい。かわいらしいロゼです。特に女性にお勧めしたいワインです。

二番通り酒店様のご案内です。
酒店とありますので小売業もする傍らワイン輸入も手掛けるインポーターでもある
北海道は札幌からの二番通り酒店
小林様が自分の足で探して体で感じてパッション感じるワイン
そんなイメージであります。
ワインの梱包の厳重さ、そしてその都度手書きのメッセージを同封いただける
そんな小林様のご紹介のヴァンナチュール
100%そんなワインだけのこだわりよう
セレクトにもこだわりがあるようで

”無農薬、少量生産、手造り、酵母は使わず自然発酵、酸化防止剤は無添加、
もしくは極少量の造り手のワインを選んでいます。”

とのこと
それは今回テイスティングしたワインで確かに伝わるものです。
経歴もロワールのドメーヌで働いた経験があるようで
その後なんと400軒もの生産者を訪ねてその中から本当に美味しいと思えるワインだけを厳選しているとのこと

当店は本当にたまたま繋がったのですが
東京で独立する友人がおりまして
あるインポーター様とのお取引などを少しだけ後押しし
その後話の中で出てきたのがこの二番通り酒店様
面白いワインあるようだとのことで
私もこの機会大事にと思い繋がりました。

ということで当店新しいお取引先インポーター兼酒屋の二番通り酒店様
よろしくお願いいたします。

その中の
初めて入荷の際8種類入荷ですべてテイスティングいたしましたが
凄いですね
どのワイン飲んでも何か主張がある
個性があるワインそれだけに飲み倒してきてセレクトしたワインであることが
わかります。