ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 41歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

シルヴァン・マルティネズ ガズゥイ2014年 750ML

3,333円(税247円)

定価 3,888円(税288円)
販売価格 3,333円(税247円)
在庫数 10本
購入数
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


シルヴァン・マルティネズ
ガズゥイ2014年です!!!

毎年忘れられないワインってありますよね
気になるワイン
そんなワインの一つが
このシルヴァン・マルティネズのガズゥイです。
ビンテージによっても違いますが
シュワシュワ細やかなガスがあって
その後シュナンブランの熟リンゴが穏やかにやさしく
クリーミーに伝わるワイン
その中で少し陰のあるニュアンスあったり
シュワシュワが元気で明るい仕上がりだったり
シュナンのなめらかで高貴なそのへん伸ばしたワインともまた違い
まさに生きているそんな人間臭いワインでもあります。

今回2014年
今回は飲んでおりません
飲みません
いやもう少し落ち着かせて飲むかも
飲まずにいられないかも・・・

でも入荷したばかりで
もう少し待ってから楽しみたいような

今回2014年詳細お伝えできませんが
どんな形であれ
その年その年のガズゥイのさえずり聞いていただきたい
そんなワインであります。


以下2013年ご紹介文
シルヴァン・マルティネズ
ガズゥイ2013年です!!!

2012年大ブレイクしたガズゥイ
私だけ?いや違いますね
シュナンブランで造られる微発泡白でゆるヤワ〜な旨さの虜になったかた
少なくないのではと思います。
SO2無添加仕上げのワインですが
本当に素晴らしい仕上がりのワインでありました。
ただガズゥイ2012年ははじめのリリースその後別ロットでのリリースもありましたが
そのへんが変わればまたワインの状態も変わってくるのがあたりまえ
そうなんです!

どのワインだって生きた表現ワインに映し出す
できるだけ人の手を介さずに仕上げたいわけで
そのために土壌を活性化健全化させるために日々努力それも並大抵の努力ではなく
自然の声に耳を傾けそれだって今の世界の天候など想像を絶する今までにない天候もあったり
一年だって同じ気候はないわけであります。
その中生み出しし産物
毎回同じ最高の仕上がりだったら逆に恐ろしいわけで
それを含めてそれを応援する共有することがこの愛でるべきワインには必要なんだと
思います。

販売する側の自分にはそれが本当の意味でできているのか常に心配であります。
ついついこのビンテージは少し様子見ておくかとか
スルーしておくか・・・なんて
んじゃ当店も最近は魅力ないからスルーしておくか・・・となってしまいますよね
そんな商売したいわけではないし
目指しているものは違うはずです。

やや脱線しておりますが
なんか上手く伝わらないでも
目の前にあるワインの味わい、欠点、完成度、価格
それだけを求めるのでしたら
こんな商売やるべきではないんですよね

それは自分自身ももっと深く考え
そしてそんな愛でるべき自然派ワイン愛するお客様とも
一緒に考えたいなと思います。

ということでどういうことですか
わかりませんが
シルヴァン・マルティネズ
ガスゥイ2013年です。
2012年は微発泡ありでゆる旨〜で最高でしたが
このワインはその緩さだけではなく
シュナンブランの高貴な部分がきっちりとワイン奥で支え
美しく進むゆえに感動を与えてきたワインでもあると思います。
今回2013年テイスティングして
その本質の美味しさ
それを感じたのかなと思います。
正直香りにはやや癖があるかなと今そういった段階なのか
またはボトル差でのそういった状態なのかと思います。
これは期間おいてまた試してみたいと思いますが
無添加仕上げでやや残糖あるそして微発泡あるタイプと言えば
すべてのボトルが同じ状態ではない可能性もあるかと思います。
現にインポーター様確認しても
テイスティングした際にそういったニュアンスは無かったようですので
やや生っぽい果実のニュアンス海のミネラル系の
個人的にそう感じたのですが
その中にガズゥイのもつトロンと洋梨系のゆったりとした香りもあり
微発泡がシュワシュワウマウマで
液体の黄金色この熟したニュアンス物語っております。
そして味わいが最高
ジューシーさありながら口中から体へと広がる果実感
シュナンブランのやや残糖あるタイプのワインのこの旨味が
上品さありミネラル感もあり広がっていくんですね
熟した醸し系のニュアンスもありながらまだまだフレッシュな若々しさも同居するし
少し前に飲んだ
サンソニエールのラ・リュンヌのシュナンブランのニュアンス
それとまた違いますが
素のシュナンの魅力出ている点では共通するところもあります。
飲んで本当に美味しい個人的にはもう少し先で
残糖落ち着いたときまた美味しいだろうなと想像いたします。
二日目になっても三日目になってもこの味わいの癖になる美味しさ
止まらないですね


そして次に

ピノドニスのワイン
シルヴァン・マルティネズ
オニス2014年です。

ピノドニス100%の赤ワインです。
ロワールのピノドニスこれは好きなんです
でも土着品種で造っている生産者も限られるのですが
ロワールでも時代の流れでピノドニスを引き抜き別な品種を栽培する動きが
あったようでそれが起因しているようですね
でも素晴らしい個性あるワインとなります
クリスチャン・ショサールのピノドニス
そして
ティエリー・ピュズラのピノドニス
それぞれ表現に違いはありますが
共通する土や腐葉土など少し重めで暗めの表現でたり
熟成してくるとエレガントでオレンジ系のニュアンス紅茶系のニュアンスも楽しめる
好きな品種でもあります。
今回シルヴァン・マルティネズのピノドニスということで
期待です。
その感じですが
素晴らしい!
2014年ということでまだまだ若い段階ですが
色はけっこうクリアーで少し赤茶の落ち着き感じるもの
若さはあってもドニス系の落ち着き感じるもの
まずワインから感じる落ち着き
素朴さナチュラル系ワインでもナチュラルなだけのワインではない懐の深さあり
ドライでも静かな力がワインに宿り
旨味もざらつく感じではなくなめらかに伸びる旨さ
キュッと締まる若さまだありますので今後もっと良くなっていくと感じるポテンシャルも
あります。
旨味も集中していくワインやはりピノドニス好きですね
素晴らしいピノドニスです!

そして今回二種
ガスゥイ2013年
オニス2014年ですが
インポーター様タイムセールで少しだけお安くご紹介のワインとなります。
この機会にぜひシルヴァン・マルティネズ
感じていただけたらと思います。



以下2012年ご紹介文
シルヴァン・マルティネズ
ガズゥイ2012年です。

再入荷です!
2015年2月20日人気のガズゥイ2012年
再入荷予定とのことで
若干価格上がりましたが
企業努力にてなんとか
お手頃価格に仕上がっております。
ぜひ!

ロワールのシュナンブランになります。
2012年は微発泡の仕上がりということで
優しくクリーミーな泡が広がります。
もともとのこのワインにあるまったりとした柔らかさ
ほどよくボリューム感ある旨味と相まって
完全に癒し系のふんわりワインであります。

シュナンブランのワインって
どこかキリリしていたりちょっと上から目線だったりするワイン
少なくないのですが
全然腰が低くそして親しみやすく田舎の・・・・好青年的な
ここの造りは
かなりこてこての自然派系のようですが
バランスもよく安定感もございます。
ですので
個人的には多くの方にSO2無添加のワインの美味しさ知ってもらえる
その入り口となっていただけるワインではと思います。

オリもあり浮遊する固体形のものもけっこうございますが
飲んでいて全然気にならないのが不思議な魅力でもあります。

こてこての自然派系ということで
ビオロジックで耕作は馬で
そこはけっこうこだわりあるようです。
木製垂直式(手動タイプ)など
そしてSO2無添加ということで
ほんとにこだわりまくっているというか
昔ながらそのままに
そして自然と一体化するその喜びを感じながら造り上げる
ワインのようであります。

今回テイスティングしても二日目など
というか一日目で約2/3はいってしまいましたが
二日目となると色の酸化なども
出てまいりますが
若干香りに酸化傾向強まる程度でそこまでバランス崩れることも
無くより落ち着きガスも抜け美しい橙ワインとなっていきました。
そのまま
というかもう少し飲みたい気分でボトルアップしてしまいますので
なんかまた飲みたくなるそんな気分になるワインです。

香りもシュナンの熟リンゴ系色も飴色のいい感じのタユタユしたもの
微発泡がリンゴ系の甘いニュアンスをより弾ける液体へといざない
旨味の広がり方も期待どおりのじゅわ〜旨〜でふくらむそしてサッと引く残るはナチュラルな余韻が・・・
だんだんと落ち着いていくと
その液体の持つコクがやんわりと染みだしてくるので
うんまいですね

最終的には
もっと早くからお取扱いしていればと後悔するほどの
気持ちになったワインであります。

こいつはいい!
そして同じく入荷で
ガズゥイ2012年も入荷しております。
こちらはガス無しのようですが
その分まったりとなめらかなおいしさあるシュナンブランとなっているのではと
思います。