ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 41歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

オーレリアン・ヴェルデ ブルゴーニュ オート・コート・ド・ニュイ・ブラン ル・プリュレ2015年 750ML

3,425円(税254円)

定価 3,996円(税296円)
販売価格 3,425円(税254円)
在庫数 4本
購入数
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


オーレリアン・ヴェルデ
ブルゴーニュ オート・コート・ド・ニュイ・ブラン ル・プリュレ2015年です。

前年ビンテージ2014年がすごい評価そして凄い売れ方でしたね
当店としてみ久しぶりに
ブルゴーニュ物として
完売して追加してもまた完売
そんなこんなしているうちにインポーター様完売
再入荷もまた完売・・・みたいな
価格がお手頃なのもあり特にブルゴーニュ・ルージュ アン・リュトゥニエール2014年は
あっという間になくなりました。

そして2015年です。
収量も例年並みそしてビンテージとしてもビックビンテージと騒がれている
2015年
先日のフレデリック・コサールの試飲会でも
その2015年の素晴らしさに驚愕したところですが

09にあったような果実味過多なそんな心配もなさそうなビンテージ
そう思っておりましたが
今回まずリリースされた
オーレリアン・ヴェルデ
ブルゴーニュ・ルージュ アン・リュトゥニエール2015年
ブルゴーニュ オート・コート・ド・ニュイ・ブラン ル・プリュレ2015年
ヴォーヌロマネV・V2015年であります。

正直ですが
良年らしい黒さ厚み予想どうり2015年の良さがでた仕上がり
素直にビンテージの良さがあらわれたワインと言えるかと思います。
ただ個人的に
もう一歩もう一歩何かが欲しかった
確かに良いワインだと思います。
しなやかな力に満ち溢れ重心もやや低めで黒さが上品に出たワイン
まだ若干早い段階なのかもしれませんが
なんとなく抜けの悪さというか感動に至る何かが足りないような気がしてなりません。
今の時代考えればこの価格でこの品質のブルゴーニュワイン飲めるのは
確実に高いクオリティ
コストパフォーマンスあるワインだと思います。
アン・リュトゥニエール2015年も
ロースト香が上品に赤果実に今後もっと本格化しそうな黒果実もあり
クリアーでもふっくら感香りの広がりもブルゴーニュ・ルージュとしては申し分無しと
言えるかと思います
安定感も抜群で誰が飲んでも親しみやすく美味しい!と言えるワインでも
あると思います。

なんでしょうか
その後のコメント
なかなか続かない・・・
高望みしすぎなのか
あと半年、一年
その時また飲んでみたいと思いますが

そんなこんなで
ヴォーヌロマネV・V2015年も気になり抜栓
よりロースト香も焦げが入るような重厚で深いもの
液体はクリアーで赤黒のバランスすでにしっかりとはっきりと
厚み重厚さもさらに増してヴォーヌロマネらしい甘い高級感あるそしてシュールな果実感
そして・・・
その先その先を求めてしまう。
やはりなんかコメントが続かないような
ヴォーヌロマネV・V2015年も
間違いなく素晴らしいワインと太鼓判推せそうな
誰が飲んでも素晴らしいワインですねと言いたくなりそう
でも言ったあとに
うん!?
ちょっと出来過ぎているのでは!?とか
なんとも言えないいいけど
オーレリアン・ヴェルデと言える個性とか
それをリリースしたての今求めるのは酷なのかもしれませんが
やはりあと半年、一年後また飲んでみたい
でも素晴らしいワインなんだと優等生なワインなんだと思います。

白のル・プリュレ2015年は飲んでいないのですが
2015年赤も素晴らしいですが白さらに良い感じのワイン多い気がいたします。
エキスの厚みも酸もミネラルもちゃんと存在して
バランスを取るそんなワイン多いので
オーレリアン・ヴェルデのル・プリュレ白
前年も麦様のミネラル明るく溌剌とした中に柔らかなエキス感が伸びる白で
期待です。

以下インポーター様情報

○ブルゴーニュ・ルージュ アン・リュトゥニエール2015年
ヴォーヌロマネ村の国道を挟んで東側にある畑「アンリュトゥニエール」のピノノワールをステンレスタンクで発酵、木樽でマロラクティック発酵後18 ヶ月熟成しました。明るいルビーの色調からバラやベリー系のアロマが拡がります。収穫が早まった2015年ならではの完熟ぶどうの面影を残しながらも上品な酸が溶け込んだスルスルと飲みやすい瑞々しさで今まさに飲み頃を迎えています。

○ヴォーヌロマネV・V2015年
ブルゴーニュが世界に誇る銘譲地ヴォーヌロマネ、標高330m東向き斜面、粘土石灰土壌で育つピノノワールをステンレスタンクで発酵、樫樽でマロラクティック発酵後18 ヶ月熟成しました。色調は赤紫で赤系果実やミネラル香を感じます。密度の高い果実に黒系スパイスと柔和な酸が溶け込む複雑味のあるピュアなボディは15年らしい瑞々しさに溢れ、エレガントで美しい極上の逸品です。

○ブルゴーニュ オート・コート・ド・ニュイ・ブラン ル・プリュレ2015年
本拠地のアルスナン村に所有の区画「ル・プリュレ」の粘土石灰土壌で育つ樹齢 40年のシャルドネを228Lの木樽で発酵後、新樽比率20%で12ヶ月熟成しました。淡いイエローの色調に、フローラル香やメロン、樽由来のバニラ香を感じます。少しとろみのある口あたりは溢れんばかりの果実が拡がり程よい酸とミネラルが溶け込んだ瑞々しい液質はミレジムの恩恵を多聞に受けた証です。


以下2014年ご紹介文
オーレリアン・ヴェルデ
ブルゴーニュ オート・コート・ド・ニュイ・ブラン ル・プリュレ2014年です!



リアルワインガイド最新号で
褒め殺しとなったオーレリアン・ヴェルデのワイン群
そのワインも素晴らしい評価で
なんと
2007年のフーリエ以来とも言われるほどに凄い評価
誌面を見ればわかるのですが
生産者の全体の評価のページだけでも2/3もの範囲を割いて
とにかく高い評価いただいているオーレリアン・ヴェルデ
確かに2013年のブルゴーニュ・ルージュ アン・リュトゥニエール
素晴らしかった
そして実店舗においてもこのワインで
どれだけのお客様がブルゴーニュワインって美味しいのですね!といっていただけたことか
わからないほどに活躍していただけたワイン

ということで今回2014年
この2014年ですがインポーター様の情報でも
驚いたのが亜硫酸の添加量です。
オーレリアン・ヴェルデのワインはオーガニック栽培は昔からですが
SO2の添加量に関してはそんなに極少量というイメージはワインからは伝わってこなかったのですが
最近より減らしているのか情報みると
約20〜30mg/L程度
ものによっては10mg/Lなんて極少量のものもあるようで
リアルワインガイドでの評価でも
そのナチュラル感や梅キノコ香という以前のフィリップ・パカレのワインに出てくる
そんな表現がかなりでてきていると感じました。
今までの黒いしなやかなワインからより繊細さと集中力備え
さらにナチュラル感もこれからいっそう増していくワインとして進化していくのではと
期待しております。

今回入荷ワインということで
今までは
ブルゴーニュ・ルージュやオート・コート
村名格のワインでしたが
今回上位ワインそして白のオート・コートそしてニュイ・サン・ジョルジュ2014年と
期待のワイン入荷です。

オーレリアン・ヴェルデ
●ブルゴーニュ オート・コート・ド・ニュイ・ブラン ル・プリュレ2014年
リアルワインガイドにて89点獲得のオート・コートの白ル・プリュレですね
2014年は赤だけでなく白も高い評価にあるようで
ブルゴーニュらしいナチュラルな香りから
密度感もあるようで
柑橘とミネラルと蜜の風味が楽しめる白良くできていると評価の高いワインであります。

インポーター様情報
本拠地のアルスナン村に所有の区画「ル・プリュレ」の粘土石灰土
壌で育つ樹齢40年のシャルドネを228Lの木樽で発酵後、 新樽比
率20%で12ヶ月熟成しました。淡いホワイトイエローの色調に、キ
ウィやレモングラスの奥からバターや焦げたニュアンスが香りま
す。抜栓してすぐ開いた印象で美しく高めの酸、ふくよかで戻りのあ
るアフターは円熟したブドウと高地がもたらす産物です。

●ニュイ・サン・ジョルジュ2014年

村名格のワインとしては最後に入荷となったニュイ・サン・ジョルジュ2014年
他の村名格のワイン同様にほぼ一級並みの点数となったワイン
こちらはディオニーさんの試飲会で出品されておりましたので
テイスティングいたしました。
まず実の詰まった感ある黒さも感じる液体
香りがまず柔らかい!
わかりやすい赤系果実に黒果実もあり
素直さがまず第一そして香りに高級感もある
味わうとなんとも言えない安心感柔さしく包まれる包容力ある液体で
味わいと同時に土系のしっとりとしたニュイサンらしいもの
そしてスパイシーさもある
液体のソフトな質感あり果実の甘さコクとバランスと伸びの良さ
抜群ですね

以下インポーター様情報
砂混じ りの粘土石灰土壌に植わるピノノワールをステンレスタンク
で発酵、樫樽に移しマロラクティック発酵を経て熟成しました。少々
茶を帯びたルビー色の外観からは、ラズベリーやフランボワーズの
アロマを感じます。柔和なテクスチャーですが高貴でアッパーなスト
ラクチャー、イチゴ系の甘酸っぱさを包括しつつナッティーな香ばし
さとふくよかな果実の透明感が細く長く続きます。

●ニュイ・サン・ジョルジュ1erCruオー・ブドー2014年

オーレリアン・ヴェルデのトップキュヴェの一つ
ニュイ・サン・ジョルジュの一級オー・ブドー2014年であります。
こちらは割り当ても極少量で数本のみ
ディオニーさんの試飲会にも出品は無しでしたので
飲めません・・・
でも今回試飲会で飲んだニュイサンの完成度の高さ
そして実は数少ない中
ヴォーヌロマネ1erCruレ・ボーモン2014年飲みました・・・本当に驚くべき品質で
複雑さ深遠さこれからの成長がどこまで行くのか想像すらできない
レベルにあるワインでありました。
そんなレ・ボーモン同様に
オーレリアン・ヴェルデのトップキュヴェの一つ
オーブドー2014年
リアルワインガイドの評価でもグランクリュ品質にある点数となり
現段階で閉じ気味ではあるようですが
ナチュラルさと深遠さに驚くワイン
あと1〜2年で良くできたグランクリュのような魅惑の味となるとのことで
これも期待できるワインであります。

以下インポーター様情報
ヴォーヌロマネを見下ろす標高250m東向き斜面、粘土石灰土壌で
健康に育まれたピノノワールをステンレスタンクで発酵、木樽に移
しマロラクティック発酵後18ヶ月熟成しました。ガーネットの外観、ベ
リーソースやブドウの果肉の香りを感じます。かつおぶしの旨みが
じわりと拡がるミネラルにくるみの渋皮の苦味少々、すべての要素
が溶け込んだ上品でジューシーな味わいに一同脱帽です。

●ヴォーヌロマネ1erCruレ・ボーモン2014年

来ました!
フーリエ以来のすんごい評価とも言われるオーレリアン・ヴェルデ2014年
その中でも最高評価となった
ヴォーヌロマネ1erCruレ・ボーモン2014年
歴史の生き証人ともなるべく数少ないなか今回テイスティングいたしました。
そしてリアルワインガイドの評価同様にぶっ飛びました!
リアルな視点で伝えられるワイン雑誌
リアルワインガイドですが
そんな〜おおげさじゃないの?とかそう思うことも無いともいえないのですが
今回のこのワイン
私も同様な印象ですね
その様子ですが
グラスに注いだ液体は
赤、紫、黒混ざり合い健全で色の集中力ありクリアー
黒系果実の太さというか重いわけでなく集中していて密度感が半端ない
炭素系のニュアンス奥にあり上質ロースト
長い余韻
正直香りの上品さとなんとも言えない妖艶さに
いつの間にか口に液体を運んでしまっているそんな魅惑の液体
肉厚でいてなめらかにしっとり
ボテッとしたワインではなくでも要素が多量で膨大複雑!
これだけの要素や複雑性を伴いながら破たんすることなく
またがちがちに閉じているわけでもなく
ちゃんとバランスあり複雑で深遠
このオーレリアン・ヴェルデが持つ研ぎ澄ましすぎないこの少々ある遊びというか
優しさ豊かさこれがリリースして早い段階でも
このワインの凄さを感じることできるのではと思います。

あと2年後そしてその後6年後また出会ってみたいワインですね

以下インポーター様情報

2009年からの借地で斜面に位置するレボーモンの畑に植わる平均
樹齢45年のピノノワールを ステンレスタンクで発酵、木樽に移しマ
ロラクティック発酵後13ヶ月熟成しました。深いガーネットの外観か
らバラやすみれのアロマを感じます。口に含んだ瞬間からすべてが
溶け込む素直さと、ヴォーヌロマネらしい瑞々しい果汁に上品なタ
ンニンが流れ戻りのあるアフターを美しく演出します。


以下前回入荷ワイン

オーレリアン・ヴェルデ
●ジュヴレシャンベルタン2014年
リアルワインガイドよりですが
ジュヴレシャンベルタンらしい黒い風味と力強さが加わったメチャクチャいい香り。
そしてナチュラル感も加わるとの表現もあるようで
村名格のジュヴレシャンベルタンながら
”参りました”と言わせるワインとのこと
今飲んで92点 ポテンシャル93点と
村名格をはるかに凌駕する品質とのことなんとグランクリュ品質にあるとの話もあるようで
それでこの価格は本当に驚きです!

●シャンボールミュジニー レ・コンドゥムンヌ2014年
シャンボールらしさもあり大地香も楽しめるシャンボールのよう
オーレリアン・ヴェルデ節炸裂の1本とのこと

ビオロジック
SO2
発酵前と瓶詰め時:10mg/L トータル:22mg/L

ビオロジック栽培を行う親交のある生産者と契約し、オレリアンが
収穫から参加し、ブドウを買い上げて醸造を行っているキュヴェで
す。セメントタンクで発酵、木樽に移しマロラクティック発酵後
15 ヶ月熟成しました。赤紫の色調からプルーンやブラックベリー、
ダークチェリー、ミントの香り、目の詰まった赤系果実のアタックに
石灰のほろ苦さと塩気、綺麗な酸が冷涼感を醸し出しています。

●モレ・サン・ドニ2014年
梅キノコ香と大地香楽しめるモレとのこと
こちらもモレの特徴、オーレリアン・ヴェルデのスタイルとビンテージの良さが
楽しめる高品質な1本となっているようです。

ビオロジック
SO2
発酵前と瓶詰め時:10mg/L トータル:56mg/L

モレサンドゥニ村内で7 つの小さな区画に分かれた借り畑をオレ
リアンがビオロジック栽培し醸造を手掛けています。セメントタン
クで発酵、木樽に移しマロラクティック発酵後15ヶ月熟成しました。
やや深いルビー色の液面からフランボワーズやプラム、小さなバ
ラ、オレンジピールの香り、ジャミーで凝縮感のある口当たりに黒
コショウのスパイシーさが織り交じり長い余韻となって続きます。

●ヴォーヌロマネV・V2014年
ヴォーヌロマネの端正で正確さ華やかさの楽しめるワイン
オーレリアン・ヴェルデの特徴でもある美しくともグリップ感もある
緻密な造りも感じていただけるワインのようです。

ビオロジック
SO2
発酵前と瓶詰時:10mg/L トータル:22mg/L

ブルゴーニュが世界に誇る銘譲地ヴォーヌ・ロマネ、標高330m東
向き斜面、粘土石灰土壌で育つピノノワールをセメントタンクで発
酵、樫樽でマロラクティック発酵後18 ヶ月熟成しました。紫の濃い
ルビー色、フランボワーズやカシス、スワリング後にはナツメグや
腐葉土の香りが上がります。甘い果実味と柔和なタンニンが広がり
塩気や苦みが交わったトータルバランスは群を抜いています。