ホーム マイアカウント お問い合わせ

楽天ペイ
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 42歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

パゴ・デル・ナランフエス ピノ・ネグラ2011年 750ML

5,554円(税411円)

定価 6,480円(税480円)
販売価格 5,554円(税411円)
在庫数 4本
購入数
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


パゴ・デル・ナランフエス
ピノ・ネグラ2011年です。

今回ご紹介のワイン
実はまったく新しい出会いからでありました。

全く新しい出会い・・・

全く新しい切り口とも言いましょうか
さすがラシーヌさんですね
2月8日に試飲会東京の新オフィス新テイスティングルームで行われましたが
以前のオフィスもラシーヌさんのそれは
独特の雰囲気というか美術館にでも来たかのような感覚になるのですが
ところどころにおかれる装飾品はどれもが特別なものに見え
手の届くところのあるようで
触れてはいけない存在のようでもあり
そのスペースへ続く道には
圧倒的な量を誇るワイン関連の蔵書があったりと
私はワインという飲み物
家族で楽しむもの家族で楽しめる空間造り
そんなの大事にしていると思っておりますが
このラシーヌさんのオフィスだけはなんとなく
子供連れてくるのは憚れるそんな特別な空間なんです。
だから試飲会などもこちらとしても気合を入れていかないと圧倒されてしまうばかりですし
その張りつめた空気感
心地よい緊張感そしてきびきびと無駄の動きのないスタッフと
それらに田舎者が混じるのはなかなかのハードルでもあります。

そしてその中心にあるのは紛れもなく光り輝く個性あるワインなんですね
中心はある意味両巨頭という考えも一つですが
それもまたそこに整然と並べられたワインを光り輝かせる存在の一つなんでしょうね
一方では柔らかな立ち振る舞いそして引き込まれる経験が物語る重い言葉
その後方にはときおりキラリと光る眼光鋭い視線があったり
まったくもって特別な空間でもあります。

そんな中での今回の試飲会
”ピノノワール・セレブレーション”と名付けられた試飲会
あるのは
世界各国のラシーヌセレクションの珠玉のピノノワールばかり
ブルゴーニュのみならずシャンパーニュ
ロワール、サヴォア、アルザス、チリ、イタリア、スペイン、ドイツ
そんな各国産のピノノワールを一堂に会した試飲会
正直最近はなかなか試飲会などに参加することも難しくなってきておりますが
この試飲会は参加せねばとなんとなく感が働きました。

全41キュヴェものワインがそろう試飲会で
そこでテイスティングしたワイン
その中からご紹介となります。

こちらはスペインのヴァンナチュールのピノノワール!
注目の
パゴ・デル・ナランフエス
ピノ・ネグラ2011年です!

今回試飲会で各国産のピノノワール試すことできましたが
同じピノノワールの遺伝子を持ち
国が変わると地域が変わると違った表情を見せる
それを特に感じることができまた非常に貴重な試飲会だったと感じます。
その中でも特に違った表情見せるのが
スペインのピノノワール
ピノ・ネグラであります。

前回初めてパゴ・デル・ナランフエスお取扱いは
数年前
2008年でありましたが
その時同様に
ピノ・ネグラその表情のゆったりとそしてねっとりとした果実味
ピノノワールの高貴な遺伝子を感じさせつつも
黒果実がしっかりとにじみ出てくるワインであり
スペインらしい果実味の甘やかさコク深さ
それらがヴァンナチュールらしい生きた表現の中に存在するワイン
08の際はやや枯れたニュアンスもありましたが
今回2011年のほうはまだまだエネルギッシュででも強いアタックという印象よりは
柔らかな厚み丸みを持つ表現であります。
ビターなニュアンスが後からでてくるのもナランフエスのピノネグラならではで
土っぽいしっとり感もあり重心の低さもあるワインであります。


以下2008年ご紹介文

またまたラシーヌさんが持ってきました!
今後はスペインワインであります。
しかもそんじょぞこらのスペインワインではなく
新時代の幕開け予感させるような
新スペインワインです!

パゴ・デル・ナランフエス
こちらはピノ・ネグラ2008年です。

インポーター様もたくさんございますが常に新しい生産者
新しい風を吹き込んでくれる刺激の多いインポーター様であることは
間違いないかと思います。
そんなラシーヌ様より
今度はスペインであります。
スペインといっても今までもデスセンディエンテス・デ・ホセ・パラシオスなど
高名な生産者もお取扱いございました。
でも今スペインのヴァン・ナチュレールが熱い!とのこと
まだまだこれから進化を遂げていくであろう世界らしいのですが
すでにインポーター様の情報確認しますと
亜硫酸非使用で高いレベルのワインなども存在するようで
さらに
ナチュレールを専門に扱うワインバーが登場。
“Adeu Als Sulfits”(さらば、亜硫酸)と書いたTシャツを
着て、造り手が集いあう様子は、決起集会さながら。
とか
さ・す・がヨーロッパのラテン系スペインらしい盛り上がりのようで
すごいですね
これだけのエネルギー集まる新スペインワインということで
今回入荷の
ナランフエス
二種入荷でどちらもテイスティングしましたが素晴らしい!
なんとも造り手の熱意がこもったワインながら
その柔らかさに驚き!そんなワインでありました。

その様子です。
パゴ・デル・ナランフエス
ピノ・ネグラ2008年

お手頃価格のプリサ・マタ08はスペインらしさある仕上がりの中に
ナランフエス独特の柔らかくふっくらとボリューム感ある満足度の高いワインで
ありましたが
こちらピノ・ネグラ

ピノ・ネグラ=ピノノワールとのことで
気になるワインであり
今回飲んで驚いたワインでもあります!

早速グラスに注ぐと
プリサ・マタ同様にナランフエスの液体は
こげ茶
一般的にこげ茶というと少し沈んだ印象ございますが
こげ茶なのにクリアーで美しい色合い
そして何より液体に生命力を感じるわけであります。
なんとも不思議な感覚ながら
香りは紅茶も上質でしっかりと主張あるように
それでいて繊細に広がる
どこかオリエンタルなフレーバーを感じるのですが
味わいがまた素晴らしい!
どこか温かみ感じる液体でコアがあり
甘さが上品にそしてほろ苦さが締めてくれる液体
上澄みのような繊細さとやんわりとした時間の流れがゆったりと流れる印象の
液体で
旨味がまずとろけているようそれを飲むこちら側もとろけるような感覚
酸は穏やかに支えるように存在し不足感は全くなく
熟成具合もなんとも素晴らしい状態で枯れたところも感じさせ
まだまだフレッシュな果実味も健在
スペインワインという概念はまったくなくして飲んだほうが良いような
少なくとも私のスペインワインへの考えを覆すだけの
大きな存在となったワインであります。

ぜひ!!!!!!!