ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 42歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

カリエル・デルス・ヴィラース カリエル・デルス・ヴィラース2009年 750ML

3,514円(税260円)

定価 4,101円(税304円)
販売価格 3,514円(税260円)
在庫数 2本
購入数
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


カリエル・デルス・ヴィラース
カリエル・デルス・ヴィラース2009年です!!!

二番通り酒店様より熱い新着ワインです!
そんな新着の中でもひときわ濃厚パワフルなヴァンナチュール!
カリエル・デルス・ヴィラースです。

以前入荷はブラン・ペティヤン2012年
液量は王冠ギリギリまで入っていて限界まで酸化させない意図なのか
それともサービス精神でたっぷり入っているのかわかりませんが
スペインペティヤン
骨太で濃厚な味わいのススパークリングでした。
スパークリングというか泡は若干弱めその分味付きのしっかりとしたコク深い
やや苦味をアクセントに凄い存在感のペティヤンでしたが
今回さらにすんごいの到着です!

カリエル・デルス・ヴィラースの名前を冠する赤ワイン
そして良年2009年
今の今まで蔵元で寝かせていた
納得いくまで寝かせてリリースとなった2009年です!
二番通り様のワインはいつもそうですがさらに在庫も貴重なこの2009年
葡萄品種は
ガルナッチャ45%、シラー30%、カベルネ・ソーヴィニヨン20%、サンソー5%
ここのワインは赤でもスパークリングでもすべてなのかな
とりあえず今回の赤も王冠です。
無添加仕上げとなるので再醗酵の危険性なども考えて王冠なのか
一つ気になるのが
エチケットに大きく斜めに書かれている
sense roure-no oak
たぶんノン樽のことかなと想像ですが
roureというのが良く意味が解らずで
今度確認してみたいと思います。
しかしノン樽だとするともう果実味の凝縮感、リッチ感高いレベルにあるワイン
それが樽無しだとするとどんだけピュアな果実味で勝負なんだと
正直09で今でもまだまだポテンシャルを秘めたワインだと想像しますが
納得いく段階となりリリースとなったとのことで
まず初めの飲みごろに達しているのではと思います。
以前オリヴィエ・リヴィエールなども
数年熟成したスペインナチュールの素晴らしさ感じた経験もあるので
今回のカリエル・デルス・ヴィラースの09
現行2013年リリースになっているわけで同時期にリリースとなる09
気になります。

少量入荷ワインとなります。

以下インポーター様情報
Carriel dels Vilars 2009
カリエル・デルス・ヴィラース
品種:ガルナッチャ45%、シラー30%、カベルネ・ソーヴィニヨン20%、サンソー5%
カルロスが納得いくまで蔵の中で寝かしてから出荷された2009年。
カルロスらしい凝縮感に、驚くほど濃厚でリッチな味わい。そして素晴らしい熟成感がワインに複雑味を与えています。


以下ブラン・ペティヤン2012年ご紹介文

カリエル・デルス・ヴィラース 
ブラン・ペティヤン2012年 750ML!

こちらも二番通り酒店様セレクトワイン!
クラクラするほど濃厚で力強いペティヤン!との触れ込みのワイン
どんだけ濃厚なんだと気になりますよね
スペインの懐の深さと謎というか神秘的な世界なんですね
なんかスペイン楽しいのですね

今回そのふれこみどおりの凄いやつです。
テイスティングの感じですが
王冠のZだかなんだかのマークも凄く気になりますが
開けたて
あれっ?と思うほどにガスは上がらない
抜けている?微発泡?的な
でも口中に入れると細やかなシュワシュワがちゃんとあります。
でも弱めですね
色も濃厚で香りいきなりのオレンジ、マーマレード系で太さ感じる香りそして重量感も
確かにすごいですね
今回開けたボトル液量ボトルのネックの上のほうまでパンパンですが
ということは逆に少ないものなどまばらなものもあるということでご了承ください。
その後金柑のようなオレンジも皮の感じ加わり
エキスの濃密さからくる甘みでもドライに振れ腰のあるペティヤン
ビターな苦みもちょいとではなく
味わいの濃さに合わせてしっかり感じますので果皮のニュアンス強く出している感じ
じょじょに熟リンゴがジューシーでさらにややダークな面も加わりながら
重心は低くのしっとした感じで鎮座するペティヤン!
軽やかとかそんな言葉はいらない内容の充実した
コッテリペティヤンです。
これはまた面白く食とのマッチングどうなるのか楽しみなワインです!

以下インポーター様情報
35年以上に渡るナチュールなワイン造り。今日の今日まで表舞台に出ることのなかった超巨匠
スペインの北、フランスとの国境付近で長年、人知れずヴァンナチュールを造り続けてきた男がいます。カルロス・アロンソ。西部劇にでも出てきそうな野性的な風
貌。開口一番、「日本人がここに来たのは初めてだ・・・」と何やら映画のワンシーンのような台詞。少し緊張していましたが、いざ試飲が始まると、見た目とは裏腹
に実はとても感じがよくて気さくなカルロス。1979年からワインを造り始めた長い長い経験値。そのワイン造りの人生は、最初から常にナチュールを尊重して来た、
尊敬に値する造り手です。2.5haの小さな畑から造られる年間3,000〜4,000本の極めて少ない生産量。悪い年は葡萄の収穫すらない事もあります。畑はシスト土壌で無
耕起。乾燥した気候です。必要に応じて最小限のボルドー液と亜硫酸を使います。醸造において亜硫酸は一切使わず、無濾過で造り出されるワインは、とても濃厚な味
わい。これでもかというほど、澱がいっぱいのワインもあります。その生産量の少なさもあり、彼の哲学として、自分の所に直接来てワインを飲んでもらえることが一
番嬉しいそうです。そのため、とくに宣伝もせず、彼のワインが明るみにでることはありませんでした。量は多くはありませんが、日本初上陸、超濃厚なスペインのヴ
ァンナチュールです。

ブラン・ペティヤン(こちら2013年の情報になります。)
品種:マカブー40%、チャレロ20%、パレリャーダ15%、ガルナッチャ・ブランカ15%、シャルドネ10%
コアなファンに好評だった2012年に続いて2013年の入荷です。クラクラするほど濃厚で力強いペティヤンです。今回も完熟した葡萄の
エネルギーがぎっしり。抜栓後しばらくしても、くたらない芯の強さがあります。泡は少し少なめです。

二番通り酒店様のご案内です。
酒店とありますので小売業もする傍らワイン輸入も手掛けるインポーターでもある
北海道は札幌からの二番通り酒店
小林様が自分の足で探して体で感じてパッション感じるワイン
そんなイメージであります。
ワインの梱包の厳重さ、そしてその都度手書きのメッセージを同封いただける
そんな小林様のご紹介のヴァンナチュール
100%そんなワインだけのこだわりよう
セレクトにもこだわりがあるようで

”無農薬、少量生産、手造り、酵母は使わず自然発酵、酸化防止剤は無添加、
もしくは極少量の造り手のワインを選んでいます。”

とのこと
それは今回テイスティングしたワインで確かに伝わるものです。
経歴もロワールのドメーヌで働いた経験があるようで
その後なんと400軒もの生産者を訪ねてその中から本当に美味しいと思えるワインだけを厳選しているとのこと

当店は本当にたまたま繋がったのですが
東京で独立する友人がおりまして
あるインポーター様とのお取引などを少しだけ後押しし
その後話の中で出てきたのがこの二番通り酒店様
面白いワインあるようだとのことで
私もこの機会大事にと思い繋がりました。

ということで当店新しいお取引先インポーター兼酒屋の二番通り酒店様
よろしくお願いいたします。

その中の
初めて入荷の際8種類入荷ですべてテイスティングいたしましたが
凄いですね
どのワイン飲んでも何か主張がある
個性があるワインそれだけに飲み倒してきてセレクトしたワインであることが
わかります。