ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

吉田 博人

こんにちはオネストテロワールの吉田 博人です。

平成19年4月より実家の酒屋に戻ってきました。約1年自分が本当に売りたいお酒は何なのか苦悩しながらやっと少しずつ見えてきました。

〜心と体にやさしいお酒で人の和ひろげます〜

この言葉を胸に美味しくて安心で造り手さんの心が伝わる、そして風土が伝わるお酒を紹介していきたいと思います。

吉田 博人 41歳  SSI認定 きき酒師 日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー 末広酒造認定 燗酒名人

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

ダニエーレ・ピッチニン ローザ・フリッツァンテ2014年 750ML ロゼ・泡

4,166円(税309円)

定価 4,860円(税360円)
販売価格 4,166円(税309円)
在庫数 在庫 0 本 品切れ中
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


ダニエーレ・ピッチニン
ローザ・フリッツァンテ2014年です!

初リリースとなり話題となった
スプマンテ・クアットロヴェンティ2012年
ヴィナイオータ社長曰く完璧!との言葉で
さらには初リリースで200本程度しかなかったキュヴェ
瞬殺で蒸発するように市場から無くなったクアットロヴェンティですが

ダニエーレ・ピッチニンが気合入れて
ドゥレッラでさらに無添加で
すんごいスプマンテ造ってやる!と意気込んで造ったワインですから
そうなるのも当たり前なのですが
今回その次のビンテージとなる
2013年リリースです!

しかも今回はある程度の数があるようで
2100本のリリースとなったようです。
でもたぶん早めに無くなってしまいますね
だって今回テイスティングしましたが
シャンパーニュほどの長期熟成ではないので
泡の繊細さや溶け込んだ細やかさはなくとも
その葡萄の果皮のニュアンスやその表現力には
先日某インポーター様のシャンパーニュ試飲会で飲んだ
高名なシャンパーニュで感じたニュアンスが確かにあったからであります。
酸の出方や2013年でありながらこの干し葡萄、杏系のニュアンスなど
熟なニュアンス酸の目の覚める様なフレッシュ感
まさにピノノワール主体のシャンパーニュに負けない
いや同じような感覚を感じました。
それでこの価格!
ほんと色はオレンジでも健全でクリアーで
泡の元気良さやや粗さもありながらも
その気泡とともにレーズン系、杏、柿その後ブランデーも加わり
新鮮さと枯れたニュアンスが同居しみっちりと詰まっている
酸のキッチリと表現された目の覚める1本
この果皮のニュアンス
旨味の出方ドライでキンキンする旨さ素晴らしいです。
この後まだまだ成長しそうですし
2年間のシュールリー熟成ですが
これポテンシャルある葡萄と出会ったときに
3〜4年瓶熟してまさにシャンパーニュに匹敵する1本となりえるのではと
思います。

楽しみなイタリア、スプマンテ登場ですね!

今回もう一つ面白いキュヴェに挑戦しているダニエーレ・ピッチニン
ピノネーロで造る
ローザ・フリッツァンテ2014年
こちらはアリオーネとはまた違った物語となりますが
それもすごいなぁ〜と思いますが
ご存じ2014年はイタリアかなり厳しいビンテージ
特にヴェネトは
ラ・ビアンカーラもそうですが
サッサイアの造れない状況で
マシェリのみのリリースとなった2014年

そんな年だからこそ生まれたのがこの
ローザ・フリッツァンテ2014年です。
例年通りの熟度にピノネーロを持っていくこと難しいと判断して
熟す前に早々に収穫
造りはアリオーネ2013年同様に
陰干しドゥレッラのモストを添加し瓶内二次発酵
1年間シュールリーの状態で熟成、2016年2月にデゴルジュマン、
補てんワインとしてはモンテマーグロ2015を使用したワインになります。とのことで
その判断力、行動力素晴らしいですね

その前に動いていたクアットロヴェンティがあったからこそ
このローザ・フリッツァンテ
考え付いたのではと思います。

しかしですがそんな感じですので生産量は少量となります。
そしてフリッツァンテとありますが
なんとアリオーネの倍のガス圧あるとかで
今回アリオーネの抜栓時いやいや普通にスパークリングワインでしたよ
となると
ローザ・フリッツァンテ2014年
しっかりと冷やしてそして静かに抜栓しないと大変なことになりそうです!
ご注意ください!

味わいは今回飲めないので詳細お伝えできませんが
ピノネーロの早熟な酸のしっかりとあるフレッシュ感に
陰干しドゥレッラの複雑なニュアンス混じり面白そうな気がいたします。

ローザ・フリッツァンテ2014年は
申し訳あありません
御一人様1本限りでよろしくお願いいたします。




以下2012年ご紹介文

ダニエーレ・ピッチニン
スプマンテ・クアットロヴェンティ2012年です。

初リリースになります。

ダニエーレ・ピッチニンでモンテマーグロに使われる酸味がぎゅ〜っとでて
骨格も凝縮感もあるワインとなる
ドゥレッラそれで造ったスプマンテ
無添加ですんごいのつくってやる!とのことで
かなり気合入って出来上がったものらしく
ヴィナイオータ社長曰く・・・完璧!とのこと

そのへんの話もあり
さらに残念ながらとんでもなく数量も少ないよう
日本リリース192本とかですので
間違いなく幻の1本となりますね
初リリースは特に力入るわけで

私も飲むことなんてできないのですが
スパークリングワインを非常に高い酸度のある葡萄で仕込むこと
これはシャンパーニュだってそうですね
シャンパーニュの二次発酵する前のワインはとても酸っぱくて飲めないとも聞いておりますので
さらには
ヴァンムスーとクレマンだって生産者によっては
良質な熟度の高い葡萄はスティルワインへとそしてやや熟度n足りない葡萄などは
スパークリングワインへとなることもあるようですね
でもそれはやはり酸度があることでちょうどスパークリングワインとしてバランスとれるからなのかなと
思います。

そのへんからもドゥレッラで仕込むというのは理にかなっていると思いますし
さらにそれだけではなく
一部ドゥレッラの陰干ししプレスしたモストを醗酵させたドゥレッラに混ぜるという
このへんでさらに深みやスケール感あるものとなっているのではと
思います。
飲んでみたいですね〜
でも物がないのですから

・・・モンテマーグロにスパークリングワイン入れて飲んで想像するくらいしかできないかも・・・

今後数量増やしてまたリリースされること願いたいです。

以下インポーター様情報
まずはオッティマーナには、生産量が少なすぎて出品できないNewワインのご紹介から!!ぬあんとスプマンテです!! 近年、その鋭い酸味に着目し、ドゥレッラでスプマンテを造る造り手が増えているのですが、ブドウ以外の何も添加しないナチュラル スプマンテを造ったる!とダニエレ君は一念発起、2012年に一部のドゥレッラを陰干しし、翌年3月にプレスして、そのモストを普通に醗酵させたドゥレッラ(モンテマーグロ)12にブレンド、一切の酵母添加を行わずに瓶内2次醗酵をさせ、澱引きもせずにリリースさせたのが今回のスプマンテ、クアットロヴェンティになります。驚愕の完成度です!!クアットロ ヴェンティを訳すと、4つの風ということになるのですが、2と4という数字は、イタリア語では“少しの、ちょっとした”という意味で使われます。彼のセラーがある所が、常に緩やかな風が流れる場所なので、そのように呼ばれているそうです。